『2分の1の魔法』『ムーラン』、コロナウイルスの影響で公開延期へ

©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ピクサーの新作『2分の1の魔法』及びディズニーの新作『ムーラン』の公開延期がディズニーより発表されました。新型コロナウイルスの影響です。



公開延期の概要

新しい公開日

『2分の1の魔法』
→公開日は未定。決定次第告知。


『ムーラン』
→5月22日(金)へ延期。

情報ソース

ディズニーの公式HPにて発表されました。

2020年3月13日(金)に公開を予定しておりました『2分の1の魔法』、4月17日(金)に公開を予定しておりました『ムーラン』につきまして、新型コロナウイルスの感染状況ならびに予防対策のため、来場されるお客様およびご家族の安全と健康を第一に考え、公開を延期することとなりました。
変更後の公開予定日については『2分の1の魔法』は日程が決まり次第お知らせいたします。
『ムーラン』は5月22日(金)となります。
詳細につきましては、公式ウェブサイト等でお知らせしてまいります。
作品を楽しみにされていたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただけますと幸いです。
また、お買い上げ頂きました前売券につきましては、延期後にもそのままご使用いただけますので、そのままお持ちください。
発表の通り、前売り券はそのまま使用が可能です。試写会は残念ながらそのまま中止となると思われます。

コロナウイルスの終息が見えてこないと新しい試写会も企画は難しいところでしょう。

今後の予想

まだまだコロナウイルスの動向がわからず、社会が混乱している状況下ですので今後の予想は難しいです。

一つ言えるのは公開延期にしても、春以降も話題作の公開が続くのでかんたんに新しい公開日を決められないということです。

『2分の1の魔法』は『ムーラン』よりも興行収入で上をいくと予想されていたので、それで新しい公開日が決めきれていないということでしょう。

劇場側との交渉もありますしね。

今はただ待つことしかできないのでしょう。

おしまい。

B! LINE