「2019ブロガーズフェスティバル」実行委員長としての振り返り

実行委員長を務めた「2019 ブロガーズフェスティバル」、みなさまご参加ありがとうございました。

至らぬ点は多々ありましたが(後述にてまとめます)、トラブルや事故なく終えることができて安心しました。

今回は実行委員長という視点からの「2019 ブロガーズフェスティバル」について記してみたいと思います。

併せて実行委員長に至るまでの歴史も懐かしみながら書いていきたいと思います。


□ブロフェスとの関わりは2014年の第2回から

今は実行委員長を務めさせていただいている「ブロガーズフェスティバル」ですが、私とブロガーズフェスティバルの関係は2014年から。

第2回開催のこの年に登壇させて頂いたのが全ての始まりです。

内容は「エンタメブログの作り方とGoogle+の活用法」。

昨日2019年4月2日にGoogle+は完全クローズしたため、後半部分は意味を成さない講演となってしまったのが悔やまれます。

そんな2014年に登壇するまで、ブログを書きつつも「ブロガーの世界」は全く知らないで行きてきました。

そこで奥野さんと話す中で、「君、面白いね」とまるで芸能事務所のスカウトマンのように奥野さんに気に入って(?)頂いて、それから映画以外のブロガーさん方と会う機会をたくさんいただきました。

当時このCinema A La Carteは月間のアクセス数が75万PVくらいで、当時の映画ブログ界隈ではそれなりの規模を誇っていました。また、Google+を思いっきり活用していました。

そんな話をしているうちに、どうやってブログのアクセスを伸ばし、Google+も活用して読者を集めたのかを話してほしいと言われました。

そこで初めてブロガーと言う世界で足を踏み入れたのです。

それまで「ブロガーです」と名乗る知り合いは皆無。イベントに参加して見て、みんながみんなブログの話をしていて驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

全てはここからでした。ただの登壇者からのスタートでした。

□2015年:登壇者 兼 ステージB責任者として忙しなく

それから1年後の2015年のブロガーズフェスティバルは、ブログ関連の知り合いも多くできたこともありスタッフとして参加をすることとなりました。

ちなみに、この年から今も使用し続けている大崎ブライトコアホールでの開催となっております。

私自身は当時、毎月100人規模の映画イベントを開催していたこともありイベントのオペレーションはお手の物でした。ですので、ステージBの責任者としてステージ企画を時間通りに回すと言う仕事を請け負うことになりました。

またこの年は、今も執筆続けているブロガーメルマ「Edge Rank」のみんなでのステージ登壇ありました。ありがたいことに2年連続登壇という機会を頂いたわけです。

ちなみに、当時のSNSやブログの感想を見てみると聴講者が多かったというのもありますが、前年の自分1人での登壇に比べてかなり好評だったなと思いました。

好評を博しつつも、ステージ責任者をやりながら登壇者もやってと、なかなか忙しくてへとへとになった2015年のブロガーズフェスティバルでした。

□2016年:実行副委員長として、主催と実行委員長をサポート

2016年のブロガーズフェスティバルでは役目が1つ上がりまして、副実行委員長として主催のまたよしさん、実行委員長の奥野さんを支えるポストでイベント運営に携わらせていただきました。

この年はあくまでもサポートをする年。ステージ責任者も務めていなかったので、時間に余裕を持ちながらイベントが時間通りに進むようにディレクションをしていました。

楽と言ってしまうと言葉は悪いですが、2014年から2019年までの中では、動きが少なかった年ではありました。

その分、イベント全体を隈なく見ることができました。そのおかげで人の動きであったり、様々な課題であったりも見つけることができました。それは実行委員長となった今のブロガーズフェスティバルにうまく活用させていただいております。

□2017年:実行委員長としてイベント統括

2017年のブロガーズフェスティバル、つまり前回のブロガーズフェスティバルからは主催のまたよしさんがお仕事で忙しくなったこともあり、主催が奥野さん、実行委員長が私という体制に変わりました。

大崎の開催が3年目となったこともあり、会場の特性はほとんどのスタッフが熟知しており、初の実行委員長でありながら余裕を持った回しをすることができました。

もちろん毎年イベントを開催して、「百点満点」と自負できるものはなく、課題は常にあるのですが、無事に終了することができた感じです。


□2019年:実行委員長としてイベント統括2年目

前置きのようなものが長くなりましたが、このような歴史を辿りながら、約1年半のブランクを開けて今年のブロガーズフェスティバルは開催に至りました。

ここだけ長くなりそうなのでいくつかトピックを分けていきましょう。

今年のオープニング司会の写真。撮影つるたまさん

(1)みなさまへの感謝と終えてみての雑感

まずは、登壇者のみなさん、スポンサーのみなさん、ご参加いただいたみなさん、そしてスタッフのみなさん、このイベントをトラブルや事故等なく無事に終了できたことを心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

前年同様大崎での開催となったので、混乱もなく会場設営も時間通りに進みイベントも時間通りに開催することができました。

しかし、完璧だったかと言えばそんな事はなく、年度末のしごとが多忙な中で事前準備がギリギリとなってしまいました。準備不足ではないものの、バタバタしてしまったなという反省があります。

主催の奥野さんと私の仕事は分業に近い体制です。スポンサーと登壇者周りは奥野さん、会場・参加者・当日のタイムテーブル回しなどの責任者が私です。

ですので、イベント周りでご不便・ご迷惑をおかけした場合、これは私の責任ですので、みなさまご意見いただければと思います。反省をした上で、今後へ活かして参ります。

(2)抽選会やスタッフコミュニケーションの改善が必須

今まで懇親会で行っていたプレゼントのじゃんけん大会を抽選大会に切り替えました。これは毎年じゃんけん大会が全員参加とならず一部だけの盛り上がりとなってしまっていたために、全員参加できる抽選と言う形を今年は取らせていただきました。

しかし、抽選番号が小さかったことなどもあり、結果的に全員参加できると思った抽選会が全員参加ならず時間を食ってしまいました。抽選会への切り替えは私の独断で行ったものですので、私の想定ミスです。

当日ご参加頂いたみなさまには、心よりお詫びを申し上げます。

また、スタッフのやり取りに今年はSlackを使用したのですが、Slackは慣れていないと使用が少々難しいツールであるため、例年よりもオンラインコミュニケーションがうまくいかなかったなと思っています。LINEやFacebook、ChatWorkなどシンプルなツールの使用への変更は必須かなと個人的には思いました。

他にも小さな改善点はたくさん浮かんでしまっており、ちょっと浮かび過ぎかなと思うほどです。

次回開催を行う場合は、準備を早め早めに行い、不安や前年の反省材料を潰していく作業をしっかり行いたいと思います。

(3)個人的目標は達成

今回ブロガーズフェスティバルを行う上で、私個人として1つ目標としていたことがあります。

それは、「スタッフが目立ちすぎないようにする」ということでした。

参加者のみなさんの感想が、登壇者やLT大会参加者への言及に特化したり、懇親会であった新たな出会いについてだったり、そういった「場」についての感想に溢れたら良いなと思っていました。

スタッフはアシストの役割となればいいなという感じです。

これは結果的にうまくできたのかなと思っています。

私は毎年オープニングの司会を担当してますが、とにかく印象を残さないように今年は心掛けました。無駄を削ぎ落として情報のみを伝え、時間を正確に次のプログラムへと繋げるということをうまくできたと思っています。

全体を通してもスタッフが強烈に目立つということはなく、理想通りに言ったなと思っています。縁の下の力持ちは、繰り返すと目立つよりもやり甲斐を感じるものだなと最近思います。

(4)ブログってやっぱいいよね、ってやつ

ブロガーズフェスティバルに参加すると「ブログっていいよね」って毎回思うんです。

私は今はブログよりも、シネマズPLUSなどいくつかのメディアの編集職が主なお仕事になってしまっています。もちろんそれはブログとは違う世界でやり甲斐はあるのですが、あくまでの得意なことを活かしたお仕事という領域です。

ブログは収益化もできますが、ブロガーズフェスティバルでは自然と「それだけじゃなくて、もっと良いことやこだわることあるよね」という内容の講演が多いです。

それらをより凝縮して言葉にすると「ブログっていいよね」になるなと思うんです。

それを言葉ではなく肌で感じて心で理解する。そんな場をスタッフ側で作れているのは誇りでもあります。

(5)でも、やっぱもっとちゃんとやります

自惚れ発言になりかけましたが、実行委員長としてはイベントをよりシビアに見返して改善点を洗い出しより良いものにしていかなければなりません。

今回、多くの良き感想をブログやSNSで頂いておりますが、1の絶賛の裏には10の酷評があると思うべきです。自惚れること無く、主催側だからこそより良いものを探求していかなければならないと思います。

がちがちに固める必要はなくとも、良いものを思い求め続けたいですね。

(6)最後に

次回開催がどうなるかは未定ですし、私は主催ではなくあくまでも現場責任者ですので次回も私がそれをやるかはわかりません。

ただ、時間の許す限りはブロガーズフェスティバルのお手伝いは続けていきたいと考えております。


おまけ(ブロフェス関係ない)

そうそう、このブログは映画ブログです。

一応メインブログなので、今回の感想はここに記しましたが、4月に入って「映画以外ブログ」を開設しましたので、記事が数本入ったらこことSNSでお知らせします。まだ秘密。

ブログのタイトルは「AIR」です。

それだけ?AIRだけ?

そうです。

「AIR」です。意味はちゃんと読者の方に支持されるようになったら公表します。

以上、おまけでした!

おしまい!