2019年の活動ついて、5つのお仕事を複業します!

↑上の写真は日の出ですが、今日のじゃないというアレです。ご了承ください。


みなさま、新年あけましておめでとうございます 。

2018年はブログの更新が非常に少ない1年となってしまいましたが、編集長を務めるシネマズPLUSを中心に編集や裏方でのサポートなど"内"の仕事に邁進した1年でした。

2019年は、このブログも改めて更新頻度を高めて楽しい情報発信を全方位でしていければと思っております。

メインの肩書きは「シネマズPLUS」編集長で変わりありませんが、他にも様々なお仕事に携わらせて頂いており、新たに追加となるものもあるので今回はその辺り「こんな感じで2019年は活動していきます」と挨拶代わりにまとめさせていただきます。

基本的には"5つの仕事"といますか、活動をさせていく年となります。

1:映画メディア「シネマズPLUS」編集長

まずはメイン。

2016年1月から編集長を務めている「シネマズPLUS」(旧シネマズby松竹)の編集長。元々緊急登板で1年もせず離脱すると思っておりましたが、初期の立て直しと安定成長の役目を果たして4年目へ突入させて頂きます。

有能なライター陣のおかげで、多くの読者の方々に訪れて頂けるサイトになりましたが、1000万PV/月などという「その界隈で誰もが知っているメディア」にはまだまだほど遠いのが実情です。

アクセス数は一つの指標に過ぎませんが、1000万PV/月が手に届くところになるまでは、今年は成長をさせていかねばと思っております。

有益な記事(ただアクセスを集めるだけの記事ではなく)で、しっかりと攻めていければと思います。

引き続きよろしくお願い致します。


2:リノベーションオウンドメディア「&Reno」の実質編集長(NEW!)

2019年1月より、リノベ不動産が手がけるオウンドメディア「&Reno」の実質編集長を務めさせて頂くことになりました。(一部記事は既存チームの運用が続き、全権限ではないため初期のシネマズ的な感じで"実質編集長"という感じです)

リノベーションを手がける会社のオウンドメディアということで、映画に比べて限られたニーズにも思われますが、シネマズが映画に限らずテレビや音楽などエンターテイメント全般を守備範囲としているように、「&Reno」も"衣食住"という部分を広範囲で網羅した心地よいライフスタイルメディアにしていければと思っております。

今回の任務は"成長"です。

まだ始まったばかりのメディアで、微々たる読者しかいらっしゃらないメディアです。リノベーションの受注というものがコンバージョンにはなるのですが、その辺はあまり考えずに、"心地よい暮らしの提案"を発信していくメディアへと成長させていければと思っております。


3:仕事マッチングサービス「Zehitomo」のPR/Growth

2018年8月より、仕事を頼みたいユーザーと仕事を受けたいプロフェッショナルをマッチングさせるウェブサービス「Zehitomo」のPR職 兼 Growth職に携わっております。

PRはそのままの意味で、「Zehitomo」を多くの方に知って頂き、ご利用頂くためにどうするかを考え、アクションしていく仕事。

Growth職は、「Zehitomo」のサイトをどう成長させ、検索で表示させ、訪れた方に受注頂けるかを考え、修繕・改善を積み重ねていく仕事です。"グロースハッカー"という職で意味がわかる方はそれとご理解頂いて差し支えありません。

シネマズPLUS」や「&Reno」と守備範囲が異なり、かつ編集長でもないこのお仕事。
だからこそメディア運営やマーケティングの仕事で培った経験を活かすことができ、かつ「Zehitomo」で培った経験を持ち帰ることもできるなと思っております。

今回まとめているお仕事の中で最もチャレンジングな仕事ですが、2019年も引き続き頑張りたいと思います。


4:国内旅行メディア「マニマニマグ」編集職

JTBパブリッシングが書籍出版している「マニマニ」というブランドがあるのですが、そのWeb版の「マニマニマグ」の編集に1年以上携わらせて頂いております。

ここはJTBパブリッシングの社内編集部とライターさんとのコミュニケーションから生まれた記事を最終的に編集して、実際に掲載するお仕事です。

シネマズPLUS」や「&Reno」のように企画から携わっているわけではございませんが、編集という最後の大切な役目を担わせて頂いております。

何と言っても写真が美しい記事ばかりの本サイト。

日々の仕事の合間などに心地よくご覧頂けるサイトですので、是非みなさま訪れてみてください。


ここまでは大きな4つの仕事です。あとプラスして個人活動のお話です。

5:ブログ「Cinema A La Carte」活動再開

続いてはブログのお話「Cinema A La Carte」を再稼働します。

元々映画の新作レビューで成長をさせていただいたブログですが、新作も扱いながら日々旧作と呼ばれるものになっていくたくさんの映画をもっと扱っていきたいなと思っております。

特に昨今はNetflixやAmazonプライム・ビデオ、Huluなどのサブスクリプションの映画配信サイトの成長も著しく、「何を観たらいいかわからない」「気付いたら配信が終わってた」など便利ゆえの悩みもよく耳にします。

この辺りは映画のメディアに携わっている経験や、だからこそ入手できる情報も多くあるので、皆様の手助けになる情報発信をしていけるかなと思っております。

また、私ヤギシタシュウヘイは映画以外にも、飛行機や旅行も好きですし、コーヒーも好きですし、仕事道具の側面もあるガジェットや日々生まれる便利なウェブサービスを試すのも大好きです。

映画を網羅するのは「シネマズPLUS」が担うべきものですので、「Cinema A La Carte」は"映画を中心にした、私の等身大の日々の経験"をお届けしていければと思っております。

まあゆるく、まずは毎日ちゃんと更新するところから始めます。

映画以外の記事のボリュームや評判が良くなった場合はブログタイトル変えるかもですが、しばらくはこのままでいきます。

楽しみにしていてください。


その他の様々

基本的にはここまでに記した5つのこと、

・「シネマズPLUS」編集長

「&Reno」の実質編集長

「Zehitomo」PR 兼 Growth

「マニマニマグ」編集

・ブログ活動再開


の5つですが、個人活動として小さなものは色々チャレンジしていくと思います。

おそらく2月くらいに、ブログやメディアを元とした映画の楽しみ方発信と異なるチャレンジを始めます。ちなみにYouTubeは今の仕事量だと手一杯なので難しそうで手は出さないでおきます。(映画のYouTubeって難しいなって思うんです、また別記事で語りましょう)

「GINGER」の連載は降板します

3年目を務めさせていただいている幻冬舎の女性向けファッション誌「GINGER」での映画連載ですが、2月発売号で降板することになりました。

紙媒体だと発売の1ヶ月前には原稿を完成させないといけないため、鑑賞して選定する作業は映画公開の2ヶ月前に行わなければならず、今の超複業状態では継続することが難しくなってしまいました。

あと2回連載は残っておりますので、こちらはしっかりと責任持って最後まで務めさせて頂く次第です。


以上です、最後に

以上で2019年の活動について、2019年1月1日現在のお話でした。まあ1年もあるので、色々増えたり減ったりは出てくるかなとは思います。

多角的に仕事にチャレンジすることで、あらゆる知見をクロスオーバーさせて、仕事の先にいる多くのユーザーの問題解決に寄与していければと思います。

忙しい日々になりそうですが、体調には気をつけつつしっかりと務めます。

2019年のヤギシタシュウヘイをどうぞよろしくお願い致します!

おしまい!