『20世紀少年』で"ともだち" がわかった時に喧嘩を始めた中学生:映画館で面白かった経験

Photo credit: reynermedia on Visualhunt / CC BY

映画館での体験で「あんな面白いこともあったな」と思い出すことが多くあるので、そんなお話を時たま書き記していこうと思います。今回は『20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗 』を劇場で見た時のお話です。


スポンサードリンク

『20世紀少年』とは?

浦沢直樹さんの原作コミックが累計発行部数2700万部というバケモノセールスを記録。


その映画が2008年から2009年にかけて公開されました。

1作目


2作目


3作目


主演は唐沢寿明さんで、ほか豊川悦司さんや常盤貴子さんらかなり豪華な布陣で映画化されました。

映画はかなりの賛否両論ですが、久々(2018年6月1日)にYahoo!映画の評価を見たところ、どれも3後半の数字で割と回復してました。

公開当時はかなり風当たりの強さもあった記憶ですが、俯瞰して見るとイジメや復讐についてなかなか考えさせられるなと思います。

という感じで軽めの紹介をしたところで本題へと進みましょう。


本題:犯人がわかった時に喧嘩を始める中学生

今回のお話は3部作の最終章『20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗 』を劇場で見た時のこと。

2作目を見た多くの方は原作と異なると言われた真犯人が気になって仕方なく、公開初日にとにかく見たいという感じでした。

私もそんな感じで、試写会なども当時は行ってなかったので初日初回の映画館へ足を運びました。



で、映画終盤に世界大統領と呼ばれる"ともだち" の正体が明らかになります。

ちょこっとネタバレになりますが、厳密にはフェイクの"ともだち" のマスクが暴かれて、その後「俺は違う」となり、その後本物の"ともだち" が登場、正体がわかるというのが映画での流れでした。



面白かったのが、隣に座っていた中学生(と思われる)少年2人のうち一人が、フェイクの"ともだち"の顔が明らかになった瞬間に、

「ほら当たったじゃねーかよ!ジュース奢れよ!」と大はしゃぎ。

まあ大はしゃぎと言っても前後左右に聞こえるくらいの声で、劇場全体的が映画の展開にざわめいていたので迷惑ではありません。微笑ましいなと私も思ってました。



しかし、実際はそれはフェイクで、その後本物の"ともだち"が登場!

その瞬間 、もう片方の少年が

「ほーら!俺が正解じゃねーかよ!お前が奢りな!」と大はしゃぎ。



さすがに二人の表情までは見ていませんが、おそらく先にはしゃいでいた少年は「ぐぬぬ」という感じだったでしょうね(笑)

というのが、本日のお話です。それ以上でも以下でもありませんが、楽しい時間でした。

もう少し章を変えて語ります!

映画館で映画を見ると「映画館で見た思い出」ができる

今回ふと「あ、書いてみよう」と思ったのですが、こういう映画館で映画を見た思い出話ってたくさんあるなと思ったんです。

どうも私は幸せ者なのか、映画館でイラッとした経験は数えるくらいしか無いのです。

逆に今回のように、「あんなことあったなあ」と微笑ましく振り返る瞬間が多いです。

映画作品の魅力はずっと語ってきましたが、映画体験のお話はあまりしてきませんでした。でもとにかく語ることがたくさんありますので、今後は時たまご紹介していければと思います。

最後に『20世紀少年』の基本情報と本日(2018年6月1日)現在、配信サイトで鑑賞可能なサイトをまとめて本日は終わりとします。


『20世紀少年』3部作作品情報

『20世紀少年 <第1章> 終わりの始まり』


ストーリー概要

高度経済成長期、地球滅亡を企む悪の組織に立ち向かう正義のヒーローを夢見て、少年ケンヂと仲間たちが作った“よげんの書”。それから30年後、大人になったケンヂの周りで次々に不可解な事件が起こる。そして世界各国では、謎の伝染病による大量死が相次ぐ。 実は、これらの事件はすべて、30年前の“よげんの書”のシナリオ通りに実行されていた! ケンヂは滅亡の一途を辿る地球を救えるのか? そして数々の出来事に必ず絡んでくる謎の男、“ともだち”の正体とは…?

鑑賞可能な動画配信サービス(2018年6月1日現在)
Hulu
※定額視聴サービスのため、会員の方は追加料金なしでの視聴が可能。

Amazonビデオ
※有償でのレンタル・購入での鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

TSUTAYA TV
※有償でのレンタル・購入での鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

U-NEXT
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

ビデオマーケット
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

ビデオパス
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ビデオコインの利用も可能。



『20世紀少年<第2章> 最後の希望』


ストーリー概要
“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂの姪・カンナは、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされ、遂には“ともだちランド”での研修を命じられることになり…。
Huluの作品ページより

鑑賞可能な動画配信サービス(2018年6月1日現在)
Hulu
※定額視聴サービスのため、会員の方は追加料金なしでの視聴が可能。

Amazonビデオ
※有償でのレンタル・購入での鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

TSUTAYA TV
※有償でのレンタル・購入での鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

U-NEXT
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

ビデオマーケット
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

ビデオパス
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ビデオコインの利用も可能。


『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』


ストーリー概要
“ともだち”復活から2年後の“ともだち暦3年”(西暦2017年)。「世界大統領」として君臨する“ともだち”は「8月20日、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と説いていた。一方、“ともだち”の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち―オッチョ、カンナ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、ケロヨン―はそれぞれのやり方で、闘いを続けていた。そんな中、東京を囲む壁の向こう側で、ギターを抱えたある男が現れ厳重警備の関所を越えようとしていた―。
Huluの作品ページより


鑑賞可能な動画配信サービス(2018年6月1日現在)
Hulu
※定額視聴サービスのため、会員の方は追加料金なしでの視聴が可能。

Amazonビデオ
※有償でのレンタル・購入での鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

TSUTAYA TV
※有償でのレンタル・購入での鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

U-NEXT
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

ビデオマーケット
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ポイントの使用も可能。

ビデオパス
※有償でのレンタル鑑賞が可能。ビデオコインの利用も可能。