「GINGER」6月号、映画連載は『ラプラスの魔女』含む4作品をご紹介!


自分のお仕事したことはちゃんと告知していきましょう。ということで、ゴールデンウィークに役立つこちらの情報から。

2018年4月23日より発売中の女性ファッション誌「GINGER」6月号の映画連載のお知らせです。今月は『ラプラスの魔女』、『レディ・プレイヤー1』、『アイ,トーニャ』、『フロリダ・プロジェクト』です!

「GINGER」では毎月4作品をご紹介!

普段記事にしていないので説明させて頂きますと、幻冬舎の女性ファッション誌「GINGER」において、2017年1月号より映画連載「五感磨きの映画」を担当させて頂いています。

毎月固定で4作品を紹介する連載でして、基本的に雑誌の発売前後の作品をご紹介しています。

2018年12月号までの連載担当になると思いますので、是非毎月チェック頂けたら嬉しいです。



スポンサードリンク


今月号のメインは『ラプラスの魔女』!

今月号のレイアウトこんな感じ。
※文字にはぼかしを入れています。
※『ラプラスの魔女』の画像は電子書籍版(嵐の櫻井翔さん写ってない版)です。


メインで取り上げているのは『ラプラスの魔女』です。公開は2018年5月4日(金・祝)です。

(C)2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会

原作が東野圭吾さん、主演が嵐の櫻井翔さん。広瀬すずさん、福士蒼汰さんら共演の作品です。

こちらの作品、東野圭吾さん原作ということでミステリー映画。なのですが、超常現象を題材としているので、東野圭吾さんの作品群の中では少し異色な気がします。

硫化水素中毒の死亡事件を櫻井翔さん演じる地球化学専門家が捜査し、真相に迫っていく物語なのですが、事故か事件がどうも断定できない。

そんな時に明らかに不審者な広瀬すずさん演じる謎の女が現れます。話が進むにつれて、福士蒼汰さん演じる謎の男も話に入り込んできて色々と想定外な展開になっていきます。

超常現象のサスペンスではありますが、マジックだったり明らかに現実で起こり得ないSFという感じでない辺りが非常に面白い映画でした。

「GINGER」のコラムでは、そういった魅力の他にこの映画がどう人生において有益に働くかを書かせて頂いております。

映画の魅力はブログの方に別途感想書きます。

□感想書いたらここに感想リンク貼ります。

サブで取り上げているのは『レディ・プレイヤー1』『アイ,トーニャ』、『フロリダ・プロジェクト』!

サブで取り上げているのは『レディ・プレイヤー1』『アイ,トーニャ』、『フロリダ・プロジェクト』の3作品です。

公開に関しては、2018年5月1日現在、

『レディ・プレイヤー1』
→公開中

『アイ,トーニャ』
→2018年5月4日(金・祝)公開

『フロリダ・プロジェクト』
→2018年5月12日(土)公開

という感じです。


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

『レディ・プレイヤー1』は既に公開されており、映画やゲームのオマージュ全開で大反響ですが、そういったストレートな魅力に限らず、本作ラストに示される大切なメッセージについても「GINGER」に記載させて頂いております。


Copyright (C) 2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『アイ,トーニャ』はフィギュアスケートの不正疑惑に関するお話なのですが、まあなかなかエグいお話。子育てと言うか、子供の頃に受ける愛情や教育の大切さを痛感します。「GINGER」においてもその辺り書かせて頂いております。



(C)2017 Florida Project 2016, LLC.

『フロリダ・プロジェクト』はポスターの鮮やかさと裏腹に貧困のお話なんです。ただし「貧困は大変だ」「貧困問題を解決しないと」というものではなく、なかなかおもしろい視点の物語だったりもします。その辺り「GINGER」に記載させて頂いております。

という感じで、

という感じで、「GINGER」6月号はこのようなラインナップでお届けしております。

また今月の「GINGER」の特集は「明日どこ行く?何をする?」ということで、ゴールデンウィークやその後の5月病対策のお出かけに最適な内容となっています。

女性ファッション誌ではありますが、男性も楽しめる雑誌だなと毎月思っていますので是非男性の方も最新のトレンドの1つとして手に取ってみてくださいね。

それで本日はこの辺で!!