ジブリファンなら見てほしい、ジブリのドキュメンタリー初級・中級・上級3作品はコレ!

宮崎駿監督が引退宣言(後に撤回)しても、しばらく新作がなくても、ジブリが築き上げてきた名作たちの歴史は輝かしいもの。


そしてジブリが好きになりすぎるとドキュメンタリーが面白いのなんの。といいうことで、今回はジブリのドキュメンタリーを3本紹介していきます。


※前にシネマズで自筆したものを改定しております。似通った記事見たことある方は、そちらも私の記事ですので悪しからず。

スポンサードリンク

初級編:『夢と狂気の王国』(映画)



まずご紹介するのは2013年に公開された砂田麻美監督のドキュメンタリー映画『夢と狂気の王国』。

118分の通常映画尺の中で、タイトル通りスタジオジブリの“夢と狂気”が描かれるドキュメンタリー映画です。

2012年秋頃から約1年間ジブリに密着して撮影された映像を中心に構成されています。(昔の貴重な映像も出てきます!)ちなみにこの1年はズバリ宮崎駿監督『風立ちぬ』、高畑勲監督『かぐや姫の物語』の制作真っ只中であり、スタジオジブリを牽引してきた二人の真の姿へと迫っていきます。

高畑勲監督が亡くなられたので、その上で見返すと…色々と考えてしまいますね。偉大な方でした…。

118分と普通の映画の長さ、そして砂田麻美監督の優しいタッチもあり非常に見やすいドキュメンタリー映画となっています。

とは言っても、決して甘い内容ではなくスタジオジブリ、宮崎駿監督、高畑勲監督、そしてスタジオジブリのスタッフたちの真実へと迫っていく内容になっています。

また、宮崎駿監督の引退についても当然触れています。引退会見の直前の模様は所見の時はかなり胸に響きましたが、引退撤回されたようなのでその辺り何とも笑

スタジオジブリの裏側を知るにはまずこの作品から是非。

『夢と狂気の王国』概要

概要
デビュー作『エンディングノート』が絶賛された砂田麻美監督が、国民的アニメーションスタジオ、スタジオジブリを捉えたドキュメンタリー。『となりのトトロ』など世界中で愛されている名作の数々を生み出してきたジブリの中核を担う宮崎駿監督、高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーに密着し、緊張感に満ちた創作の現場を映し出す。数十年にわたり苦楽を共にしてきた三人の確執や作品に懸ける思い、夢を生み出す創作の秘密に触れることができる。
引用:Yahoo!映画

ストーリー
国民的アニメーションスタジオ、スタジオジブリは数々の名作を世に送り出し、世界中のファンをはじめ、映画人やアニメーターに多大な影響を与え続けてきた。2013年、ジブリの中核を担う宮崎駿監督、高畑勲監督、鈴木敏夫プロデューサーの制作現場に密着。数十年にわたり苦楽を共にしてきた三人の人間関係や、話題作を次々に生み出す現場の秘密に迫る。
引用:Yahoo!映画 

中級編:「「もののけ姫」はこうして生まれた」(ドキュメンタリー番組)

あの『もののけ姫』はどう制作され、どう宣伝され、どう大ヒットしていったのかに迫るドキュメンタリーです。

その長さ何と400分!(6時間40分!)

しかし、これが全く長さを感じずのめり込んで一気に見てしまう面白さ!

そのメインとなるのは『もののけ姫』の制作過程。着想の段階から、企画・制作・完成までの紆余曲折を詳細に追っています。

日々の制作風景が描かれるので宮崎駿監督の喜怒哀楽も『夢と狂気の王国』以上に見えています。制作風景をメインとしながら、大ヒット後に様々な人物が当時を振り返るインタビューもあり、客観的に俯瞰して『もののけ姫』を考えるきっかけになります。

制作風景や映画の詳細解説から『もののけ姫』をより深く理解できるようにもなるので、『もののけ姫』が好きな方は必見のドキュメンタリーとも言えます。

もう一つの見どころは、鈴木プロデューサーを中心に“如何にして大ヒットに導いたか”に迫るパート。要するにマーケティングのお話です。鈴木プロデューサー、電通や日テレの担当者の振り返りインタビューなどからどれだけ大掛かりな宣伝施策だったかを改めて知ることになります。

スタジオジブリそのもの(=制作風景)を7割近く描きつつ、後半は広告代理店、テレビ局を巻き込んだ総力戦を描くこのドキュメンタリー。

クライマックスもとても感動的な仕上がりで、宮崎駿監督、鈴木プロデューサー、そしてスタジオジブリ、『もののけ姫』が大好きになるドキュメンタリーでもありました。

個人的には一番のオススメです!!

Amazonレビュー
宮崎駿監督が渾身の力をこめて制作し、公開されるや大ヒットとなった1997年のアニメ作品『もののけ姫』。本作はそのアニメーション制作現場から、宣伝戦略、アテレコにおける声優と宮崎監督のやりとり、さらに公開後の大ヒットの様子までを約2年にわたり克明に記録したドキュメント映像である。さらには、北米公開時に宮崎監督がトロント、ロスアンゼルス、ニューヨークの3都市をキャンペーンで回った際の映像も特典として収録している。
  最初はただ1人の頭の中にだけ存在していたキャラクターやストーリーが、多くの人の「化学変化」を経て具現化し、さまざまな魅力を内包した1本の作品として完成した後、やがて多くの人々の心を国境すら越えてとらえてしまう。その過程が、ここまで詳細なドキュメンタリーとして見られるということ自体ひじょうに画期的なことだといえる。『もののけ姫』や宮崎駿作品のファンはもちろんだが、クリエイティブな業界を志す人、あるいはすでにそういった業界のただ中に居る人たちも見て損はないはずだ。
Amazon作品ページより

内容紹介
約2年の歳月をかけて制作された名作アニメ「もののけ姫」のすべてに密着したメイキング・ドキュメンタリー。1997年日本映画界を席巻、話題を独占した「もののけ姫」は、どのように生まれたのか?その構想・企画・制作・宣伝・配給・興行といった映画の全てを2年間にわたって熱く、静かに見つめた完全記録。
Amazon作品ページより

上級編:「「ポニョ」はこうして生まれた」(ドキュメンタリー番組)


最後にご紹介するのは『崖の上のポニョ』の制作に迫ったドキュメンタリー「「ポニョ」はこうして生まれた」。

これは本当に上級向けです。

まず、長さが752分!!(12時間32分!!)

もう一度言います、12時間32分です!!

「「もののけ姫」はこうして生まれた」をイッキ見したジブリ大好きの私でもこのドキュメンタリーは休み休みで鑑賞をしました。

「「もののけ姫」はこうして生まれた」と構成も異なります。『崖の上のポニョ』の制作のだいぶ前、まだ長編映画の制作に取り掛かる前の段階から宮崎駿監督を追っています。

つまり、なかなか『崖の上のポニョ』の制作(=本題)に入りません。新作に入れず苛立つ宮崎駿監督だったり、制作中にもかなり苛立つ宮崎駿監督だったり、宮崎駿監督が苦しみながら新しい作品を生み出す過程を多く映します。

これは見ているこちらもなかなか辛いものがあります。プロフェッショナルの中のプロフェッショナルはここまでして1つの作品を生み出すんだというあまりにも別次元の努力を目撃するからです。

また、12時間を超えるドキュメンタリーなので、なかなか情報を頭で整理できないのも正直なところありました。(筆者である私が馬鹿なのもありますが・・・)

とにかく長さ故に上級という位置付けにはなりますが、このドキュメンタリーを見ると『崖の上のポニョ』を涙なしには見れなくなります。

『崖の上のポニョ』に込められた思いを知ることが出来るので、是非「ジブリ大好き!」「宮崎駿監督大好き!」な方にはチャレンジして頂きたいです。

内容紹介
本編約12時間30分!“ポニョ”誕生の秘密に迫った完全ドキュメンタリー
2008年の夏、日本を席巻したと言っても過言ではない“さかなの子・ポニョ”。その生みの親である宮崎駿監督は、どうやってポニョというキャラクターを思いついたのでしょうか。
作品の準備期間から絵コンテが出来上がるまでの約2年半もの間、1台のカメラが宮崎駿監督に密着。
NHK・荒川格ディレクターと宮崎駿監督の対話を通じて、創作の秘密と知られざる素顔に徹底的に迫っています。
収録し続けたテープは合計200時間以上。
その膨大な映像を、本編約12時間30分もの大作としてまとめ誕生した本邦初の完全ドキュメンタリーが『ポニョはこうして生まれた。~宮崎駿の思考過程~』です。
Amazon作品ページより

まとめ

他にも宮崎駿監督に迫ったドキュメンタリーは「プロフェッショナル仕事の流儀」など様々存在します。


まずはここで上げた

初級『夢と狂気の王国』

中級「「もののけ姫」はこうして生まれた」

上級「「ポニョ」はこうして生まれた」

をご覧になられてから、他のドキュメンタリーも是非チェックしてみてください。

この3作品を見ることで、もっとジブリを好きになり、深く知ることができ、新しい視点でジブリ映画を楽しむことができるようになるはずです。