『あさひなぐ』、一番響いた台詞はラスト付近のコレ!

(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会
(C)2011 こざき亜衣/小学館

DVD&Blu-ray(あと配信で)の発売が開始された映画『あさひなぐ』。乃木坂46のメンバーを中心にキャスティングし、薙刀(なぎなた)に青春をかける少女たちを描いた漫画を実写映画化した映画です。改めて鑑賞して思った本作の魅力と個人的に最も響いた台詞を今回はご紹介します。


スポンサードリンク


改めての感想「いいなあ」


昨年試写会で鑑賞した時、熱き青春物語に非常に心打たれた本作ですが、やっぱいいですねえ。

自分自身の青春だったりチャレンジだったりと重ねてしまい、完全に感情移入して熱く見入ってしまいました。

主要登場人物のキャスティングが乃木坂46のメンバーたちということで当初から不安の声が多数上がっていました。

しかし、結果といてこれがベストだったのではと改めて思いましたね。

人それぞれ意見は異なると思いますが、私は個人的に乃木坂46はずっと応援してきましたし、今はお仕事でも少しですが携わらせて頂いている身。メンバーたちの動向やキャラクター特性などはある程度わかった上で見ています。

そうすると、演技はちゃんとしていながら、彼女たちそれぞれの個性や境遇もその裏に垣間見られるんですよね。

(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会
(C)2011 こざき亜衣/小学館

わかりやすいところだと、西野七瀬さん演じる主役の旭が映画を通じてどんどん強くなっていくところ。西野七瀬さん自身が元々乃木坂46では最後列からスタートしてどんどん成長していったので、それと被るわけです。

そういった楽しみもできる身なので、多重構造的に映画を楽しむことができるんだと思います。

もちろんそんなことわからなくても、熱き青春映画として多くの方が勇気をもらえる映画だと思うのです。

試写後に「シネマズby松竹」の方で書いた感想では以下のように記していました。

「何もできなかった子が目の前にあることに本気で取り組み事を成し遂げる。決して優勝など頂点までは登れなくとも、マイナスからのスタートから確実な成長を見せるその過程のドラマは、薙刀に限らず、何かにチャレンジする人たちにエールを送る応援歌ならぬ応援映画となっていると思いました。
大人になると良くも悪くもがむしゃらに頑張るということが減る方が多いと思います。経験則や成長した思考力などからチャレンジすることをやめてしまう方も多いと思います。この映画はそんな大人にも見てほしい映画です。
学生さんなら今頑張っていることや悩んでいることを行動でクリアしていこうと思えるはず。社会人ならチャレンジ精神やモチベーションそのもの、価値観の根幹を刺激されるはず。もちそんそれらがちょっと自らと合わなくても客観的に彼女たちの頑張る姿に感動できるはず。」

記事はこちら

一番響いた台詞はラスト付近のコレ!

で、改めて映画を見て凄く響いた台詞があったのです。

旭が真春に言う台詞

「先輩のようにはなれませんけど、強くなりますね。」

これです。

この台詞今の境遇的に凄く響きました。

(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会
(C)2011 こざき亜衣/小学館

私自身、日々様々なお仕事で忙しくさせて頂いていますが、それ以上に活躍している友人・知り合いが非常に多く感じるのです。

出版する方もいれば、様々な媒体からお声がけされている方もいる。スキルを活かしてネットで輝かしい功績を残している方もいます。

輝く方々を見れば見るほど。

「真似したいけど、できないよなあ。」

と凹みというよりも、諦めのような境地によくなるのです。

でもそれって全く同じになろうと一瞬でも思って、それで無理となるからそうなってしまってるんだなと。

「先輩のようにはなれませんけど、強くなりますね。」

つまり、憧れている人や尊敬している人のようにはなれないかもだけど、自分は自分らしく、自分ができる範囲で今の自分より強くなる。

それならできるなと改めて思いました。

いや、当たり前のことなんですが、忙しすぎたり、疲れてたりすると思考が固まってしまうようで、どうも最近もやもやしていたのです。

『あさひなぐ』の熱き青春物語に救われました。

私はもやもやしている時はだいたい『マイ・インターン』を見て元気を出すのですが、『あさひなぐ』も個人的には同系列で、今後も何度も見ていきたいと思います。

『あさひなぐ』、オススメですよー!!

付録:オススメの動画配信サービス

※この章は、映画紹介の各記事共通の項目です。2020年1月現在の情報になります。

時代は移りゆくもので、映画館での公開が終わった作品の視聴はBru-Ray/DVDと併せて、動画配信サービスで視聴される方が増えてきました。

私自身は、普段映画メディアの編集長をしている関係で映画に触れる機会が多めですが、その中において現在契約している動画配信サービスを「正直なお気に入り順で」紹介してまいります。

ただし、下位のものも契約している時点で支持をしているものです。それぞれに特性があり、私の好みやライフスタイルから以下の順番で重宝をしております。

オススメ1:Hulu



私は映画が大好きですが、普段民放テレビ局で最も視聴しているのは日本テレビです。テレビドラマに限らず、「Another SkyⅡ」も毎週楽しみにしており、ふと見返すことも多いです。よって、映画外の好みのコンテンツの側面からHuluを最も重宝しています。
日本テレビ系のドラマや各テレビ番組、「名探偵コナン」などを好きな方にはオススメのサービスです。映画のラインナップは日々変動しますが、他社に比べて劣ってると感じる事は少ないです。
金額:933円(税別) ※無料トライアル期間が2週間あり

オススメ2:Netflix



映画切り口でいくと、やはりNetFlixが現時点では王者の風格だなと個人的には思います。「さて、今日は何の映画を見ようか」と思ったら、とりあえずNetFlixを開きます。

併せて、日米それぞれオリジナル作品も多いです。「アイリッシュマン」「ROMA/ローマ」「全裸監督」などなど。今最も目の離せないサービスと言っても過言ではありません。なお、スタジオジブリの配信権獲得が発表されましたが、これには日米は含まれていません。日本で始まるとするならば、日本テレビ資本の入っているHuluの可能性が高いと勝手に思っています。

金額:3種類あり(ベーシック:800円/スタンダード:1200円/プレミアム:1800円 各々税別)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり

オススメ3:Disney Delexue



名前の通り、ディズニー作品を楽しむことができるサブスクリプション動画配信サービスです。時によって見れる作品は異なりますが、ディズニー作品のアニメ・実写。ピクサー作品、スター・ウォーズ、マーベル作品と、ディズニー系列の作品の多くを見ることができます。

常に誰もが知っている作品が配信されており、安心して一度見た映画を鑑賞したいときにはこれで間違いありません。なお、2020年1月現在、ディズニーによって買収された20世紀フォックスの作品はまだ配信されておりません。今後されるとは思いますが。

金額:770円(税込)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり

オススメ4:Amazon Primeビデオ


NetFlixと並んで知名度が高いのはこれでしょう。映画やドラマといった映像作品を鑑賞するためのサービスではなく、「Amazon Prime会員」向けサービスの中の一つとして、映画やドラマも見れるよという触れ込みなのが他と異なります。

年間契約での割引が用意されていますが、月額支払いでもたったの500円という破格の仕様。しかもAmazonの他のあらゆるサービスもそれで使えるわけです。普段Amazonを使う方なら「とりあえず入っとけ」サービスでもあります。

金額:500円(税込)
※年会費だと4900円
※無料トライアル期間が1ヶ月あり


オススメ5:Paravi



Huluと同様で、特定のテレビ番組をリピートしたい方向けなのはParaviです。こちらはTBS系列およびテレビ東京系列の番組を楽しむことができます。質の高いドラマの多いTBS系列ドラマを見たい方は入るべきサービスと言えるでしょう。

私自身もそのTBSドラマと、テレビ東京系列のビジネス番組の鑑賞目的、よって映画向けには使ってないです。テレビ東京のビジネス番組は質が高いので、教養目的と考えると日々の出費も投資考えることができて心に優しいです。

金額:925円(税込)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり

オススメ6:U-Next



U-Nextは異色です。定額料金で各作品を鑑賞できると同時に、新作を有料で販売、レンタルもしています。言うならば、サブスクリプション系サービスとiTunes等販売・レンタル系サービスのハイブリッドと言えるでしょう。

と聞くと、割が悪いようにも思ってしまいますが、ポイントも貯まっていくので、そのポイントで新作をいち早くレンタルして自宅で鑑賞することができます。どうしてもサブスクリプション系サービスでの配信は少し時差が出てしまうので、ここまで紹介してきた各サービスをうまくサポートする役割として利用をしています。

金額:1990円(税込)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり


以上が、2020年1月現在私が契約しているサブスクリプション系サービスです。仕事柄多めです。これら全てを契約することはオススメしません。それぞれ特性があるので、何を目的にするか、頻度はどれくらいかをみなさん自身でお考えの上で選択してみてください。

また、ここにはないサービスもたくさんあります。その旨も理解の上で参考になれば幸いです。