8月 2016 - Cinema A La Carte

実写版『ピートとドラゴン』、アンドリュー・マクマホン×リンジー・スターリング「Something Wild」ミュージックビデオ


先週末アメリカで公開された(日本は今冬?)、実写版『ピートとドラゴン』のミュージックビデオが公開されました。とても心地よいのでご紹介します!



そもそも実写版『ピートとドラゴン』とは?

1977年に公開されたアニメと実写をミックスさせた『ピートとドラゴン』が当然モチーフに。東京ディズニーリゾートの「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」でもピートとドラゴンのフロートが出てくるので、軽くご存知の方もいらっしゃるでしょう。

そんな『ピートとドラゴン』を最新の技術を駆使して実写化したのが本作。

森の奥に潜むドラゴンのお伽話があった街。しかし、森の中には実際にドラゴンと暮らすピートという少年が存在することがわかった。

ざっくり設定はこんな感じでしょうか。日本語オフィシャル情報がほしいところ。

前述の通りアメリカでは8月12日より公開中。興行成績は少しおとなし目ですが、作品評価は批評家も一般観客も上々のようです。

参照⇒https://www.rottentomatoes.com/m/petes_dragon_2016/


予告編はこちら、ペタリ。
※海外版につき字幕なしです

アンドリュー・マクマホンが歌い、リンジー・スターリングがバイオリン!

オフィシャルで公開された、アンドリュー・マクマホンが歌い、リンジー・スターリングがバイオリンを務める楽曲の名は「Something Wild」。

百聞は一見に如かず、なので動画をペタリ。



美しく、幻想的で、心地良い、です。

映画の空気感も伝わってきて、「はよ、公開せい」と思う意味でのストレスがあるのも事実ですが(笑)

海外の情報を見る感じだとおそらくエンドクレジットのソングですね。
(日本での公開日も不確かな状況につき、日本語の情報がありません。)

サウンドトラックリストで前の方に収録されているので、「ズートピア」の"Try Everything"みたいに劇中でかかるかもですね。(ただの推測です)

アンドリュー・マクマホンは難病を克服したシンガー

こんなに素敵な歌声なのに、「アンドリュー・マクマホン、聞いたことあるな」くらいの薄い知識でいた自分を悔やむ次第です。

ちょこっと調べてみたのですが、

・カリフォルニア出身のシンガーソングライター

・2002年メジャー・デビュー

・2005年急性リンパ性白血病と診断、その後克服

とのことで、今のキャリアでは彼自身の経験も生きた作品もあるようですね。少しずつ聴いていきたいと思いました。

リンジー・スターリングは「千本桜」でも有名!

踊るバイオリニストとして世界的に有名なリンジー・スターリングですが、私の中では以下の演奏が鮮烈に記憶されています。というか定期的に見ますね(笑)

ライブ映像

ミュージックビデオ


とりあえず「すげえ」が伝わるかなと(笑)

撮影はニュージーランド?日本公開のオフィシャルアナウンスはまだなし?

情報を色々調べていたら本作の設定はアメリカの街ですが、撮影はニュージーランドであることがわかりました。

家族で楽しめるディズニーのクラシック映画『ピートとドラゴン』のリメイクで、孤児のピートと、親友のドラゴン、エリオットとの友情を描いています。
ニュージーランドは、物語の舞台となるアメリカの太平洋岸北西部にある木材産業の街、ミルヘイヴンとして撮影されました。
参照:http://www.newzealand.com/jp/feature/petes-dragon/



早く見たくて仕方ない『ピートとドラゴン』ですが、日本公開のオフィシャルアナウンスはまだ無しですね。

12月という噂も聞きますが、本作はディズニー配給。同じくディズニー配給の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日に公開なので・・・。噂はあくまでも噂なのですかねえ・・・。

まあ待つしか出来ないので、曲を聴きながら気長に待つとしましょう!!

それでは!!


『リトル・フォレスト』2部作はこの夏に見るのがオススメ!!魅力は「見ないとわからない空気感」!!

(C)「リトル・フォレスト」製作委員会

橋本愛主演×今となってはみんな大好き松岡茉優共演の『リトル・フォレスト』2部作。8月15日現在、シネマズby松竹でプレゼントキャンペーンも実施中なので、この映画の魅力を改めて語っていきたいと思います。


関連記事

DVDプレゼント!『リトル・フォレスト 夏・秋』&『リトル・フォレスト 冬・春』

生きるために食べつくせ!『リトル・フォレスト』ロケ地・盛岡グルメまとめ

『リトル・フォレスト 冬・春』感想、淡々と流れる田舎の「時間を感じる」魅力

(C)「リトル・フォレスト」製作委員会

そもそも『リトル・フォレスト』2部作とは?

月刊アフタヌーンで連載されていたコミックが原作のこの映画。

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC アフタヌーン)
五十嵐 大介
講談社
売り上げランキング: 13,337


主人公で、映画では橋本愛が演じるいち子が都会の窮屈な生活から故郷に戻って自然の中での生活、自給自足をすることで自分を見つめ直して生きる活力を取り戻していく物語です。

映画では『リトル・フォレスト 夏・秋』、『リトル・フォレスト 冬・春』の2作品が公開。実際は季節ごとにエンドロールがあるため4本の作品と言っても良いでしょう。


リトル・フォレスト 夏・秋 Blu-ray
松竹 (2015-01-28)
売り上げランキング: 30,179


リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]
松竹 (2015-07-29)
売り上げランキング: 26,838

見所満載だが、鑑賞上の注意点が存在する・・・

この映画のストーリーや人間関係はとてもシンプルで、映画の空気感も魅力的です。


ただしこの映画には鑑賞上の注意点があります・・・



それは・・・



実は・・・



この映画・・・



あるコンデイションで見ると・・・



バイオレンス映画のように苦痛を味わう羽目になります・・・!!




そう、この映画、美味しそうな料理が次から次へと登場するのです!!

空腹時に見たらもう拷問以外の何物でもありません。実際私は「冬・春」編を見た時が空腹で、非常につらい思いをしました・・・。

それくらい料理が美味しそうな映画なので、映画としてはこれはもう超見どころとも言えるわけです。


「シネマズby松竹」にてプレゼントキャンペーン中!!

私が編集長を務める映画メディア「シネマズby松竹」で、この『リトル・フォレスト』のそれぞれのDVDを3名様へプレゼントするキャンペーン中です!!


応募概要は以下の通り!!

*景品内容
・『リトル・フォレスト 夏・秋』×3名様
・『リトル・フォレスト 冬・春』×3名様


*応募資格
日本国内在住の方で本応募要項・応募規約すべてに同意された方。お1人様1回までの応募。


*応募期間
2016年8月4日~8月21日


*応募方法
下記のリンクより、お名前、メールアドレスなど必要事項をご入力後の上ご応募。
こちらから直接ご応募可能!https://goo.gl/SreG3X

ですが、シネマズby松竹の記事も是非読んでくださいね・・・!
DVDプレゼント!『リトル・フォレスト 夏・秋』&『リトル・フォレスト 冬・春』


*当選発表:2016年8月26日までに当選者の方へ当選のお知らせメールを送付。


*景品発送時期:2016年9月


という感じになっております!!

淡々と流れる空気が本当に魅力的で、ふと疲れた時に見返したくなる素敵映画です。是非チェックしてみてくださいね!

それでは!!

関連記事

DVDプレゼント!『リトル・フォレスト 夏・秋』&『リトル・フォレスト 冬・春』

生きるために食べつくせ!『リトル・フォレスト』ロケ地・盛岡グルメまとめ

『リトル・フォレスト 冬・春』感想、淡々と流れる田舎の「時間を感じる」魅力

『スパイダーマン:ホームカミング』の公開日は2017年 8月11日(金・祝・山の日)だってよ

©Marvel Studios 2016. ©2016 CTMG. All Rights Reserved.

2017年、新たなスパイダーマン映画、『スパイダーマン:ホームカミング』が公開されますが、日本の公開日が来年の山の日2017年8月11日(金・祝)に決定しました!



英国イケメン俳優トム・ホランドが主演!

今回、主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるのはイギリス人のイケメン若手俳優のトム・ホランド。

Alberto E. Rodriguez/Getty Images Entertainment

スマトラ沖地震の津波サバイバル映画『インポッシブル』で勇気溢れる長男を熱演し世界から注目。その後、今年日本で公開された『白鯨との闘い』でもキーとなる少年役を演じ感動を与えてくれました。

関連記事
『白鯨との闘い』感想、生きなければ何もできない

問題作ではある。しかし生きることの大切さを教えてくれた『インポッシブル』


ちなみに、先日開催されたコミックの祭典"コミコン"でのトム・ホランドのインタビュー映像がYoutubeにあったのでペタリと。



『スパイダーマン:ホームカミング』にはロバート・ダウニーJr(トニー・スターク)、マリサ・トメイ(メイ叔母さん)なども出演。

ピーター・パーカーは15歳の少年でその高校時代のストーリーとのこと。敵キャラは原作でも人気が高いヴァルチャーとのこと。
(私はアメコミの原作に疎いのでこれ以上突っ込まないでおく・・・)

まだまだここから1年後の公開となる本作ですが、宣伝側が「公開は一年後!」とリリース出してるので、ここからの宣伝も楽しみな感じです。

ということで、公開は・・・1年後、です!(笑)