4月 2016 - Cinema A La Carte

『ズートピア』感想、もうとっても素敵!!きっとここはシンガポール

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

いよいよ公開となるディズニー・アニメーション最新作『ズートピア』、お先に鑑賞させて頂きましたがアメリカで特大ヒットしたのは必然と言える素晴らしい作品でした!新たなるディズニー・アニメーションの名作ここに誕生です!

感想Q&A

柳下さんは満足できましたか?
大満足です!ワクワク感を持続させながらひねりのあるストーリー展開。おもしろい!

家族で楽しむことはできますか?
もちろんです!

小学生の子供が楽しむことはできますか?
もちろんです!

友達同士で楽しむことはできますか?
もちろんです!

デートで行くのはどうですか?
行け。

感想:もうとっても素敵!

素敵!!
もう最近のディズニーはホント外しませんね。『ズートピア』も文句無しに素晴らしい作品でした!とは言っても今までのどの作品とも違うんです!

おもしろいし、笑えるし、泣けるし、勇気をもらえるけど、「素敵!!」という言葉が似合う映画でした。


物語は?
この映画は動物たちが共存する世界というか、ほぼ人間の社会で動物たちが暮らしている世界のお話です。動物たちが普通にスマフォ使ったり、通勤したり、スター歌手の人気曲を歌ったり踊ったりしてる世界です。

主人公はウサギの女の子ジュディで、この女の子はウサギで初めて警察官になるんです。この辺り人間世界でいう女性の社会進出などと似てる感じ。

基本平和なズートピアなんですが、謎の連続失踪事件が起きてジュディはその捜査をすることに、なんや〜かんや〜あってキツネの詐欺師ニックとなぜか手を組んで捜査をすることに。

そして、ある真相にたどり着くんですがその真相が二転三転してなかなか意外な結末を迎えます。『アナと雪の女王』もそうでしたがちょこっと捻ったクライマックス好きです。


差別なき世界
ジュディとニックのバディムービーとしてたくさんの感動をくれる本作ですが、広義では「差別なき世界」を扱っています。

ズートピアは大きな動物も小さな動物も、肉食動物も草食動物も共存共栄する世界。しかし失踪事件を発端にある差別が起きてしまいます。平和だった世界が平和で亡くなるのはとても悲しいことであります。

そこからどうなるか、ディズニー映画なので超絶バッドエンドはもちろん無いのですが、どうやってそこから脱するか、是非みなさんの目で見てほしいと思います。


働く女子の応援ムービー
あと個人的には「働く女子の応援ムービー」にも感じました。この辺り別媒体に寄稿したので、アップされ次第こちらの記事に引用+リンクを貼りたいと思います。

"Try everything"(トライ・エブリシング)の楽曲は本当に素敵で、元気が出る新たなディズニーの名曲と言えるでしょう!



自分はどのキャラクター?推し動物は?
この映画には様々な動物が登場します。みなさんきっと「自分これだ!!」と思うキャラクターがいるはずです。

自分はニックに近い部分があるかなと思いました。あんまり普段内に秘めた感情は出さないようにしてるので。とは言っても別に抱え込んでるシリアスな感じでも無いですけど。とりあえずニックのキャラクター大好きでした。

お気に入りの推し動物もみなさんきっと見つかることでしょう。そして大半の人は同じ意見でしょう。私も右に習えです。そう、その答えはナマケモノ。見ればわかるので見て下さい!


映画パロディ満載!
『魔法にかけられて』でディズニー映画なのにディズニー映画をネタにする自虐で笑わせたディズニーさんですが。本作でもディズニー映画パロディ笑わせてくれます。過去の名作をネタにちょっと面白いビジュアルギャグが仕込まれていました。

あと某マフィア映画のネタもなかなかでした。

『塔の上のラプンツェル』、『ゴッド・ファーザー』辺りは知っておいて損はないでしょう。(ネタなので知らなくてマイナスになることもありません)


とにかく最後の「素敵!!」ですよ!
最初に書いた通りこの映画ホント「素敵!!」なんです。

類としては大げさではなくホント『マイ・インターン』とかそっちな感じ。何か自分の人生にプラスになる元気を注入されました。

元気でない時に見たら人生ちょっとは良くなるかも?というくらい「素敵!!」ムービー。誰もが楽しめる「素敵!!」ムービー

大げさかって?その真相は是非みなさんの目で確かめてみてくださいね。
(もちろん好き嫌いはあるでしょうから、その辺はご容赦くださいね)

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

これ、どう見てもシンガポールに見える

ズートピアの世界は理想郷なんですが、私にはなぜかシンガポールそのものに見えました。シンガポールってこういう国だよなって。行ったことある方なら肌感覚でわかるかもしれません。

多民族国家
=ズートピアは他動物国家

規則によって治安が保たれている
=ズートピアもそう

複数の文化が混在している
=ズートピアもそう

先進国+やたら目立つ建造物がある
=ズートピアもそう

とか色々とにかく似てるなと思いました。

極めつけは映画の中のライブシーンがシンガポールで毎年開催されている建国記念式典そっくりに思ったこと。


昨年の50周年の動画見るとそっくりであることは納得して頂けるかと思います。
※シンガポールは毎年記念式典を開催していて「似てる」と思う場面はあちこちあります。



ガゼルのライブシーンが凄く似てるんですよね。様々な人種が歌で1つになるこの感じ。



※この2つはホント似てるんですが、シンガポールの動画は昨年8月のもの。昨年8月には『ズートピア』は既に制作入ってるのでこれを真似たというのはまず無いです。

「似てる」というのをポジティブな意味で伝えられればなと。

ああ、シンガポール久々に行きたいぞ。あそこマジでズートピアっすよ。


という感じで、「映画として素敵!」「元気が出る!」「シンガポール行きたい!」となるこの『ズートピア』。

きっとどなたが見ても何かしら楽しむことが出来るでしょう。このゴールデンウィークにおすすめの1本です。

『ズートピア』関連記事

『ズートピア』は吹替版と字幕版では訴えられていることが違う!?それぞれのバージョンでわかる表現のまとめ

『ズートピア』は大傑作!全人類が観るべき10の理由!!

映画『ズートピア』ジブリ・鈴木敏夫氏が絶賛「ずば抜けた傑作」

隠れネタに気づいた?!映画『ズートピア』イタチの露店に潜む秘密

『ズートピア』先行試写会レポート!いまどきの10代女子が熱狂&胸キュンした理由とは!?

【レビュー】『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』感想、疑問が衝撃に変わり、ビターな余韻に包み込まれる[オープニングのみネタバレあり]

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
いよいよ公開となる『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』、お先に鑑賞させて頂きましたが・・・こりゃ2回以上見ることで感動が増幅するお見事な作品だなと思いました!「裏切りと因縁の頂上決戦」の名に相応しい映画20弾でした!

※予告編が出てから色々と噂されている「オッドアイを持つ謎の女性」へは一切言及しないでいきます。よって本質的なネタバレは含みません。

感想Q&A

柳下さんは満足できましたか?
大大大満足です!正直中盤少し「長いな」と感じましたが、結末を知ると「必要だった」と思えるシーンで2度目以降は涙目で見ることになりそうです!

家族で楽しむことはできますか?
コナン好きならもちろん!コナン初見でもこの映画1本のストーリーはあるので楽しめるかと!

小学生の子供が楽しむことはできますか?
入り組んでる部分もありますが、少年探偵団大活躍で子供目線ならではの楽しみ方もあるかなと思います!

友達同士で楽しむことはできますか?
コナン好き同士なら当然!そうでなくても非常に楽しめるかと思います!

デートで行くのはどうですか?
全然ありです!軽いストーリーでは無いので見た後色々語れるかと。片方が黒ずくめの組織とか少しは知ってると尚良しかなと。

映画リピーターは見た方が良いですか?
コナン好きなら是非とも!


詳しい感想は関連記事を挟んで下でたっぷり語っていきます!

『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』の関連記事

「名探偵コナン・純黒の悪夢(ナイトメア)」が大ヒットしたのはなぜか?

初心者も安心!『劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』をより楽しむための4つのポイント

るろ剣!大奥!コナン!最後に春を感じる仁和寺の魅力

映画『名探偵コナン 業火の向日葵』感想、どこで切っても「愛」の物語[ネタバレなし]

名探偵コナンとして再映画化してほしい作品10選

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

※前提条件「私はコナンに詳しくない」

私は名探偵コナンが大好きですが詳しくないです。

・映画は全部見てます。しかし何と初めて見たのは2014年の『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』で、その後Hulu&DVDで全部見ました。

・アニメはHuluを中心に見てますが完全制覇をしていません。

・漫画は1冊も、1ページも読んでいません。

つまり、私はコナンを語るには足りなすぎる乏しい知識と経験値しか持ち合わせていません。その前提で今回の感想を読んでいただければ幸いです。

先に言いたいことは「私は今回の映画、大好きです!」ということ!

では場面写真を挟んで感想に入っていきます!

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

感想:「陰謀の連鎖とまさかの感動に大満足!」

今回は工藤新一が小さくなったアノエピソードの絡みでもある"黒ずくめの組織"のお話。

物語は警察へ侵入したスパイが追われるシーンからスタート。そのスパイは機密情報を奪って何とか逃げ切るものの、逃走途中の衝撃で記憶喪失になってしまいます。そして翌日水族館へ遊びにきていたコナンや灰原哀、博士、そして少年探偵団のみんなと出会います。

こうして物語は動き出します。

同時に世界各国に潜入していた二重スパイたちが黒ずくめの組織のジンの指示の元次々と暗殺。そしてジンは日本へと足を向け…物語は1つに重なっていく…

今回の概要がこんな感じです!ここまでは予告編でも描かれていますね。
予告編

今回は、どんでん返し的な衝撃よりも、それぞれの人物がする意外な行動の驚きが重なっていく映画となっていました。それ故に心に響くシーンが後半頻発しました。

見ている最中は中盤の水族館のシーンを正直「長いな」と感じました。退屈はしないけれどずっと水族館のシーンなので、サスペンス要素を感じずそう思ったのでしょう。

しかし!結末、特にコナンが放った最後の台詞を持って思ったことは「あのシーンは必要だった」ということです。あのシーンがあったからこそ、少しビターで良い意味で後を引く結末になっていたと思いました。

おそらく公開後に二度目の鑑賞をすると、明るい音楽がかかってる該当シーンでも切なくなってしまうと思います。結末を知って見ると色が違って見える映画。最高じゃないですか。

また、B'zのエンディング曲がまた合うんですよ、このビターなエンディングに。

前提条件で書いた通り私はコナンを隅々まで理解はしていません。しかし、混乱することなく物語を追うことができ、かつビターなエンディングにリピートを誓いました。あの最後の台詞とエンディング曲は本当に脳に焼き付きます…。


最高にカッコいいオープニング、

中盤少し「長い」と思いつつも、

後半の感動を増幅させる水族館シーン、

そして終盤のやりたい放題アクションとまさかの感動。


思い返すだけで鳥肌が立ちます。

おそらく設定や結末に賛否は割れるでしょう。しかし、様々なドラマが交錯する本作、元からのファンの方もそうで無い方も、様々語ることが出来る濃密な映画20弾とは断言できるでしょう。

語ることが出来る映画第20弾、余韻に浸ることが出来る映画第20弾です!

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

[初心者向け] "安室透"と"赤井秀一"は知っておくと良し

私は上記の通り『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』でコナンデビューしました。まあいきなりこれですので、人物相関いまいちわからなかったわけです。でもそこからハマったので、本作でコナンデビューの方も「まずは見て!」と言いたいです。

一応"安室透"と"赤井秀一"は知っておくとすんなり話に入れるとは思います。


画像の左が赤井秀一、画像右が安室透です。


赤井秀一はFBIの捜査官です。元々組織に潜入していました。

安室透は公安警察官ですが、バーボンという名で組織に今も潜入をしています。


上の画像の通り確執があるということを知っておくだけでもだいぶ映画を楽しむことが出来るでしょう。

この二人の確執を知っておくと、オープニングのチェイスシーンはもうコナン映画史上最高にカッコいいと思えるものに映ることでしょう。

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

灰原哀は今回も見どころ多し

コナン同様に元々大人であったが小さくなってしまっている灰原哀ですが、今回も非常に物語に深みを与える重要な役どころです。

前作同様、言葉にしなくても伝わってくるコナンへの恋愛とか違うかもだけれど溢れ出る愛情が今回も切ないです。

コナンと灰原哀のドラマは今回も見どころですが、合わせて灰原哀はクライマックス付近で大きなドラマが展開されます。それが非常に感動的というか衝撃でした。

「コナンで一番好きなキャラクターは?」

と聞かれたら即答で

「灰原哀!」

と答える私には今回も大満足の灰原哀の役どころでした。

(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

水族館のあるテーマパークはお台場+シンガポール!

今回の映画のメイン舞台である水族館や観覧車のあるテーマパーク。レインボーブリッジっぽい橋を渡った先にあったのでお台場をモチーフにしたことがすぐにわかりました。

しかし、だいぶ盛られてるんですよね。

これ何だろう?と思ったらシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズ周辺とお台場をミックスしていたのです。

具体的には「シンガポール・フライヤー」と「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」です。お台場(国内)を舞台にシンガポールの革新的な現代建造物をミックスさせるとはまあよく考えたなと思いました!

シンガポール・フライヤー


ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
wikiより引用転載

まとめ

前作『名探偵コナン 業火の向日葵』は怪盗キッドが暴れまわっていたため非常にテンポの良い作品でした。(賛否は割れましたが)

今作は前述のとおり中盤ちょっと「長いな」と思ったのが正直なところ。この時点でいったん脳内で「前作以下」判定を出してしまったのは今となっては反省です。

前述の通りそれは必要なシーン、必要な積み重ねでした。早く二度目が見たくて仕方ないです。

いよいよ4月15日から公開、みなさんも黒に染まりましょう!!

『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』関連記事

「名探偵コナン・純黒の悪夢(ナイトメア)」が大ヒットしたのはなぜか?

初心者も安心!『劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』をより楽しむための4つのポイント

るろ剣!大奥!コナン!最後に春を感じる仁和寺の魅力

映画『名探偵コナン 業火の向日葵』感想、どこで切っても「愛」の物語[ネタバレなし]

名探偵コナンとして再映画化してほしい作品10選

『更年奇的な彼女』感想、愛おしいったらありゃしない!藤原紀香の吹替も良い!

(C)New Classic Media Corporation

4月8日に公開となる『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督最新作『更年奇的な彼女』をお先に鑑賞させて頂きました…がこれめっちゃ良いですよ!!万人オススメ案件です!


感想Q&A

柳下さんは満足できましたか?
大満足です!吹替版で観ましたが藤原紀香さんの吹替もお見事でした!

家族で楽しむことはできますか?
ラブコメですがマイナス要素はないです。

小学生の子供が楽しむことはできますか?
ちょっと難しいかなと。「更年期」がわかってないと厳しいかなと。

友達同士で楽しむことはできますか?
楽しめます!恋愛トークとか終わった後盛り上がれるかと!

デートで行くのはどうですか?
行け。

映画リピーターは見た方が良いですか?
クァク・ジェヨン監督の作品の中で一番お勧めかも。


(C)New Classic Media Corporation

感想:愛おしいったらありゃしない!!

大学の卒業式にウエディングドレスで登場して、みんなの前で逆プロポーズ。そしたらそこで振られるという悲劇に…。しかもそのショックで若年性更年期に…。

本作の設定はこんな感じです。上に貼ったウエディングドレスの場面写真が「痛さ」を象徴していると思います。

わかりやすく言うなら、ディズニーランドのシンデレラ城前で何百人・何千人が見守る中でOK前提でプロポーズして振られるような感じでしょうね。トラウマレベルでは済まないでしょう。


さて、そんな強烈なエピソードで始まる本作。ジャンルはラブコメです。

若年性更年期になった主人公チー・ジアを友人の男性と女性が支えながら未来へと歩んでいく物語です。病気を扱い、シリアスな展開も見せながら、幾度と無く笑わせてくれる映画的満足度が非常に高い作品に仕上がっています。

若年性更年期の主人公のぶっ飛び具合も映画的魅力ですが、友人の男性ユアンと女性リンもまあぶっ飛んでるぶっ飛んでる!

『アウトレイジ』が「全員悪人」なら、『更年奇的な彼女』は「全員変人」です。


全員変人だと映画的にはもう面白くて仕方ないです。

しかし同時に主人公の過去の恋のトラウマを拭う話でもあるので、心に迫るものもあります。

その不思議なバランス感覚を堪能して、最後は…あれ…涙…。

日本では「結婚できる映画」という超大げさな宣伝が年明けてから展開されていましたが…公開1週間前のタイミングで吹替を務めた藤原紀香さんが結婚!!エスパーかよ(笑)

恋している人は相手を愛おしく思い、恋をしていない人は恋っていいなと思える映画、登場人物たちを愛おしいと思う心温まる映画でした。

(C)New Classic Media Corporation

本作は中国映画ですが、監督は韓国人のクァク・ジェヨン。

「彼女」シリーズとして、監督の母国韓国で『猟奇的な彼女』を撮影し、その後日本で綾瀬はるか主演の『僕の彼女をサイボーグ』を撮影、そして今回中国で『更年奇的な彼女』。グローバルな活躍に感服です。

※シリーズと言いますが、ストーリーは独立していますので予習はいりません!


監督自身「日本で撮るときは日本を母国、中国で撮るときは中国を母国を思っている」と仰るとおり、今回は違和感なく中国のラブコメ。

ジョウ・シュン演じるチー・ジア、トン・ダーウェイ演じるユアン、ジャン・ズーリン演じるリンの3人がまあ魅力的ったらありゃしない。

それぞれワガママな性格でありながら、不思議と友情と愛情で結束の固い3人。特にユアンはダメ男全開でありながらチー・ジアを献身的に支えていて、「これ恋になるの?ならないの?ならなそうだな。いやなれし!」と私たちをやきもきさせます。

その結果は・・・劇場で目撃しましょう!(笑)


「笑って、泣けて、心が温かくなり、優しくなる」


これがこの映画の魅力です。いや、もう、映画としてこれ以上のこの必要でしょうか。

---

編集長を務めるシネマズby松竹の方で以下の記事を書いた通り主人公と藤原紀香さんの人生が被るのもまた不思議な魅力となっています。
藤原紀香が魅せた“更年奇的彼女”の情愛と躍動



嬉しいことにこの記事、藤原紀香さん自身が読んでくださってわざわざブログで紹介もして頂きました!
人は、また幸せになる権利がある



また、実は3週間ほど前に監督&藤原紀香さんへインタビューをする機会も頂くことができました。
→記事は来週にもシネマズby松竹へ掲載される予定です


---

映画体験+藤原紀香さんに記事をご紹介頂けた+直接監督&藤原さんインタビューをしたという3つの出来事で、私にとってこの映画はかけがえの無いものとなりました。

私自身は、今後生きていく中でイライラが止まらなかったり、優しい心を忘れてしまったなと思った際にこの作品を見返したいと思いました。

本当に素敵な心あたたまる作品です。


公開は4月8日(金)からです!


(C)New Classic Media Corporation

どんな映画?

女子大生のチー・ジアは同棲中の恋人にサプライズでプロポーズを計画し、ウェディングドレス姿で卒業式に出席するが、公衆の面前で結婚を断られてしまう。そのトラウマを引きずったまま26歳になった彼女は、医者から早めの更年期だと診断される。ある日、ひょんなことから大学時代の冴えない同級生ユアンと再会したチー・ジアは、帰る場所がないというユアンを家に連れて帰り、そのまま同居することに。やがて、大好きな元恋人が結婚すると知ったチー・ジアは、略奪婚をするべく元恋人の結婚式に乗り込むことを決意する。破天荒なヒロインを「クラウド アトラス」のジョウ・シュン、彼女を献身的に支えるユアンを「ロスト・イン・北京」のトン・ダーウェイが演じるなど、キャストには中国の人気俳優が集結した。
参照:http://kounenki-girl.jp/


予告編



公式HP


公開日
=2016年4月8日




written by shuhei

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』感想、人を好きになるのは素敵なこと

(C)2016「植物図鑑」製作委員会

6月4日に公開される『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』をだいぶ早いですが鑑賞させて頂きました。情報をちゃんと押さえないで見たのですが・・・いやはやこれは本当に素晴らしいラブストーリーですよ。

感想Q&A

柳下さんは満足できましたか?
もう大満足ですよ。等身大のラブストーリーに涙してしまいました。

家族で楽しむことはできますか?
ラブストーリーですが、親子も扱ってて良いと思います。

小学生の子供が楽しむことはできますか?
ちょっと難しいかな。20代の男女の恋愛と夢の話なので。

友達同士で楽しむことはできますか?
楽しめます!特に女性同士で是非映画終わった後恋バナに花を咲かせてください!

デートで行くのはどうですか?
これ以上ないくらいオススメします!お付き合いされていない微妙な距離の男女で見たら距離が縮まるかも?

映画リピーターは見た方が良いですか?
ホント硬派に作ってて、料理演出も見事なので是非とも!

関連記事

予告解禁!岩田剛典と高畑充希が重ねる唇…『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』

胸キュン間違いなし!映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、注目のキャスト紹介

岩田剛典&高畑充希の姿も!Flower「やさしさで溢れるように」MV遂に解禁!

平野レミが野草を爆速クッキング!? 映画「植物図鑑」公開前イベント

「植物図鑑」の野草を使った料理を再現!OZmall主宰イベントレポート!


(C)2016「植物図鑑」製作委員会

感想:不覚にも泣いた・・・

昨今のラブコメブームの中での本作鑑賞。ラブコメでも昨年は『ヒロイン失格』などが傑作でしたので嫌な気持ちはなく本作の試写会場へ。

ラブコメなんて大間違えでした。この映画は等身大の20代の素敵な素敵なラブストーリーでした。


本作を監督した三木康一郎監督は本作を見て「人を好きになってほしい」と仰っています。それを非常に強く感じる作品でした。


恋をしている方ならその相手をより愛おしく思うことになるでしょう。

恋をしていない方なら恋っていいなって思えることでしょう。


あまりに美しい恋愛模様なので「こんな風に恋してえよバカヤロー!」と思う方もいるでしょう。でもそれも恋をしたい、人を好きになりたいということですからね。


「人を好きになる」「人を愛おしく思う」それがこの映画の意義です。


もちろん人それぞれ感性はあると思いますが、どこか遠くの映画の世界の話ではなく、私たちに置き換えて考えることのできる「私たちの映画」であると私は思いました。


どこかファンタジー、でも「好き」「恋」の本質へ迫っていく

本作はどこあファンタジーな部分もあります。そもそも知らないイケメンが団地の駐輪場で寝てて「半年間泊めてください」から始まりますからね。

そんなこと私たちの生活の中では当然無いでしょう。しかし、捉え方次第では全然あり得ます。


「恋人と思っていないで友情を育んできた友人。実は誰よりも自分を思ってくれていて、自分もその人を必要としていた。」


映画の出会い方こそファンタジーですが、上記のように考えると誰しもに当てはまる物語になるのでは無いでしょうか。もちろんこれから出会っての恋にも捉え方では当てはまるでしょう。男女の距離感のお話ということですから。


本作の前半、主人公の二人は一切恋愛関係にはなりません。変に気まずくもなく、友人としてのルームメイトという感じ。その日常の積み重ねが「好き」「恋」の本質へと迫っていく糧だったのかもしれませんね。

予告編にもある通り二人は中盤で恋人関係になりますが、当然それでめでたしめでたしなんでなりません。「半年泊めてください」の言葉が後半重みを増していくのです。


半年で終わってしまうのか?それとも関係は続くのか?


それは是非みなさん自身、劇場で確かめてほしいです。私はもう何か凄くピュアな気持ちにさせられた112分でした。

もう一つの魅力、それは料理!

本作には料理シーンがたくさん!しかもどれもヘルシーで可愛くて美味しそうなものばかり。

野菜をメインに使って、塩加減も程々に。こういうヘルシーな料理毎日食べてみたいものです。

決してカロリーの高い料理やコンビニご飯を否定しているわけでは無いけれど、「こういうヘルシーな料理毎日食べれたら(誰かが作ってくれたら)きっと凄く幸せなんだろうな」なんて思いました。

あ、でも育ち盛りの10代の子たちにはこの料理どう思うかは少し気になります。私が高校生の時とかとりあえず肉食べれれば幸せとかそんなんでしたしね。

ヘルシーな料理を心の底から食べたいと思えた私は単純に歳を取ったのでは…という不安も心に残ります。(わたし、今年で30歳になります)


それと!本作は主役二人の物語でありながら、母と子、父と子のエピソードも盛り込まれそれが夢という命題と共に語られます。これがとても感動的。

親子の側面の愛についてもきっと良い意味で色々考えることができる映画と言えます。



(C)2016「植物図鑑」製作委員会

岩田剛典ファン、高畑充希ファンは絶対に見てほしい!

本作の主演の岩田剛典さんと高畑充希さん。この二人のファンであれば絶対に、絶対に、絶対に見てほしいです。


まず岩田剛典さんですが、もうこれポスターや映像が見せている通り爽やか好青年そのもの!普段のパフォーマンス等で見せるカッコ良さとはまた違ってこれも良いんです。

岩田剛典さんのファンなら中盤の「引き金」発言、「待たない」発言、終盤一連などは悶絶ものなのではないでしょうか。いや、だってカッコいいもん、マジで。あと料理シーンもファンの方は悶絶かも(笑)


そして高畑充希さん。演じる役は冴えないOLなんです。舞台などではオーラ出まくりの高畑充希さんですが、冴えないOL役として今回はそのオーラを封印。ホントにその辺にいそうなOLになっています。

決して毎日が不満なわけではないけれど、面白くなくて何となく生きている20代OL彼氏なし。普通にいますね。その女性が不思議な同居生活とその後の恋でどうなるか。

高畑充希さんの静かな魅力と恋して感情を露わにする演技が非常に魅力的です。もっとわかりやすく言っときましょう。単純に可愛い、はい。


「やさしさで溢れるように」の名曲が華を添える

本作のエンディング曲は「やさしさで溢れるように」です。これはJUJUの名曲ですが、映画ではFlowerがカバーしています。

映画を鑑賞する前にこの曲をリピートしまくるのもありかと思います。



本当に素敵な歌詞とメロディーで、映画を見た後ならリピートしまくりたくなること必須です。


女性だけでなく男性にもオススメ出来る!

王道というより等身大のラブストーリーになっていて本当に素敵だったなあと今改めて思っています。

偶然出会った異性によって、自らの夢の道筋が開けることって本当に幸せなことなんだろうなって改めて思った映画でした。そういう人と出会ったら離しちゃいけないんだろうなって思える映画です。


恋をしている方ならその相手をより愛おしく思うことになるでしょう。

恋をしていない方なら恋っていいなって思えることでしょう。


そんな素敵などこかファンタジーだけれど等身大のラブストーリーが『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』です。


公開は6月4日からです。

『テラフォーマーズ』感想、うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

公開前から試写で見た人の酷評を受け、駄作予想をされている『テラフォーマーズ』。批判をするなら見てからすべし!ということで試写で見てきました!果たして…その結果は!?


※本レビューは4月1日に公開をしております。意図があるのか無いのかは申し上げません。これは高度な心理戦です。

※2016年新年度の本レビューから「星評価」を廃止して、「Q&A」評価へ変更します。過去記事も順次この形へと書き換えてまいります。

感想Q&A

柳下さんは満足できましたか?
はい!試写評判が酷評の嵐だったので構えてたところもあったんですが全然楽しめました!4月1日だけどマジで。

家族で楽しむことはできますか?
ストーリー的には問題ないかなと。ただ結構人間が殺されていくので暴力描写耐性での判断の尺度がいるかなと。R指定はないけど。

小学生の子供が楽しむことはできますか?
上に同じですね。

友達同士で楽しむことはできますか?
娯楽映画ではあるのと、好き嫌いの尺度でいくらでも鑑賞後に語れるしありかなと!

デートで行くのはどうですか?
やめとけ。いいからやめとけ。

映画リピーターは見た方が良いですか?
こんだけ酷評されてて見ない選択肢とか逃げでしょ。ポイント使っていいから見よう。

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

感想、「全然見れるやん」

本作公開は4月29日です。公開まで1ヶ月近くありますがお先に鑑賞をさせて頂きました。既に有名な映画評論家や関係者の方々の間で良くない意味で話題に上がっていました。

言葉を濁すのはやめましょう。

駄作だって噂が出てましてね!

こういうのは見てから意見を言うべきで。というか試写で見てるのであまり批判も良くないかなとも思いますけど。でも本当に駄作ならそれを伝えるのも先に見れる人間の役目でもあるわけです。

なので今回命を削る覚悟で試写へ挑みました!もしかしたら奈落に落ちるかもしれない。そんな恐怖で試写へ挑みました。

でも奈落に落ちても必ず這い上がれる!「人はなぜ落ちるのか?這い上がるため。」、ダークナイトトリロジーばんざーい!というもう異常なテンションで挑みました。

前置きが長えよ。

さて、感想を書いていきます。

結論から言うと、

「全然見れるやん」

ということ。ゴキブリ(以下ゴキちゃん)とガチで戦う設定の時点でもう別にシリアスな映画というマインドセットは無いわけで、三池崇史監督作品であると言う時点で『ダークナイト』のカタルシスなんて求めてないわけで。

「あ、そっちの三池作品ね、今回は。良いんじゃね?」

と普通に楽しめました。

原作未読ですが、原作の全部を映画化してるわけではないそうで。なので、「これ続きありそうやないかーい!!」というもやもやはありつつ、映画としては楽しませて頂いた次第です。

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

実写版やっちゃうと決めた三池監督の男気!

プレスシートに三池崇史監督の言葉が書かれていました。

軟弱なことが許されない原作だと思った。
「やるならやっちゃう!その勇気がないならやらない!」
それ以外はない。で、俺はやっちゃうことを決めた。
決めたからにはやっちゃうのだ。
原作者がびっくりするくらいやっちゃうのだ。
それが、実写版『テラフォーマーズ』だ!

カッコいいこと言うじゃない三池監督!

映画の概要は「進化した巨大ゴキブリVS人間 in火星」です。

このゴキちゃんが本当に強くて人間じゃ確実に勝てない。そこで人間に昆虫などの遺伝子を手術で融合。活性剤を打つとこの虫の能力を発揮できるというおまけ設定があります。

で、このおまけ設定がまあ面白い面白い。能力が使えるだけじゃなく、見た目もちょっと虫になっちゃうのです。

冷静に考えて下さい。

・イケメン伊藤英明がオオスズメバチに変形するんですよ!?

・イケメン山ピー(山下智久)がサバクトビバッタに変形するんですよ!?

・ダンディーな加藤雅也がボラボネラ(弾丸アリ)に変形するんですよ!?

・セクシーな小池栄子がハナカマキリに変形するんですよ!?

この映像ってほとんど予告編では出てないと思うんですよね。少し出てますが、あれ本当に少し。山ピーの最終変形とか凄いことになってます!!

この変形は思った以上の変形でまあ衝撃的です。三池監督、やっちゃってます。USJの15周年の「やり過ぎ」に匹敵するくらいやっちゃってます。REBOOOOORN!的な。

好きな俳優さんが出てる方はその俳優さんの変形姿を見るだけでも価値あるかなと。ちなみに小栗旬は地球担当なので変形無しです。でも小栗旬面白くて良かったです。

ちなみに出演尺で言うと、伊藤英明、山下智久、山田孝之が長いですね。このお三方のファンはもう必見かなと!

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

巨大ゴキちゃんはキモい

映画の賛否は置いておいて巨大化したゴキちゃんは擁護なしに気持ち悪いです。人間ぽいので、実際のゴキちゃんの群れよりは全然見れます。それでも気持ち悪いものは気持ち悪いです。

私はゴキちゃんは退治はできるレベルですがまあ好きでは無いです。

あと見てる時思ったんですが、4DXで東京ディズニーランドにあったミクロアドベンチャーの足元を空気で攻撃するやつあったら気持ち悪くてリタイアする人続出なんじゃないかと思います。ゴキちゃんが身体を攻めてくるのを体感する的なアレですね。書いといてあれですが、気持ち悪くなってきたので、この話はやめます。

ゴキちゃんは造形の気持ち悪さもあるのですが、何か倒すとべとべとした液みたいの出てくるんですよね。人間でいう血でしょうが、これもまた気持ち悪い。

でも、なぜか全然見れる。この辺り三池監督ぎりぎりの部分を攻めてる感じですね。

ちなみに!巨大ゴキちゃんはモーションキャプチャーを使用して、人間の動きにゴキちゃんの造形をくっつけてる感じです。しかも演じてるのは三池監督本人ですwwwこれが一番衝撃的www

(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会

ぶっ飛んでるけどそれで良いのさ

色々言われている本作ですが、「ゴキちゃんが気持ち悪い」&「原作故のビシっと終わらなさ」がメインにくる不満点なので、何から何までダメなんて作品では全然ありません。

音響も良かったし、CGがとってもCGっぽいのはこれは特にリアルを狙ってない三池監督テイストで考えればこれもご愛嬌です。

もう一度言いますが、この映画の概要は「巨大ゴキちゃんVS人間 in火星+オプション:人間が昆虫に変形する」ですよ?

真面目に探求しないで楽しんじゃったもん勝ちです。三池監督が「やっちゃう!」って言ってるんですから、私たちは「見ちゃう!」っていうテンションでいけばいいんです。


それでいつつ、惑星移住計画だったり他生物の異常繁殖だったりは現実的に将来問題となるかもしれません。この辺りは根底のメッセージ性もあるのかなと思ったりも。


でもまあそんなこと三池監督ワールドですので置いておきましょ!とにかく楽しむ!見ちゃいましょう!


さあ、やり過ぎよう、生き返ろう。
RE-BOOOOOOOORN!


って、それUSJの15周年ですね。


とにかく超絶事故物件ではなく「全然楽しむ余地ありますよ」ってことです。


この記事は4月1日以降も修正しません。本当か嘘かは、劇場で確かめよ!!

関連記事

宇宙は、でかくて強い不気味な昆虫でいっぱいだ!!
「テラフォーマーズ」VS「スターシップ・トゥルーパーズ」



林遣都、原作「テラフォーマーズ」の読書体験を熱く語る!『テラフォーマーズ/新たなる希望』インタビュー

『テラフォーマーズ/新たなる希望』、菅谷哲也インタビュー「僕が変形したい虫は…」

映画の前日譚を描く完全新作「テラフォーマーズ」dTVオリジナルドラマ配信決定