『ギャラクシー街道』感想、面白くはない

(C)2015 フジテレビ 東宝

色んな意味で話題沸騰の『ギャラクシー街道』を遅ればせながら見てまいりました。面白くはないです。ただ相当構えて見たためいらおこする事態にはならず、淡々と経過を見守った感じです。一先ず感想をまとめてみます。

感想Q&A

柳下さんは満足できましたか?
相当構えて見た結果「面白くはない」なので、期待してみたら死んでたかも

家族で楽しむことはできますか?
なぜか下ネタ連発

小学生の子供が楽しむことはできますか?
なぜか下ネタ連発

友達同士で楽しむことはできますか?
面白くはないので

デートで行くのはどうですか?
面白くはないので

映画リピーターは見た方が良いですか?
大丈夫です

(C)2015 フジテレビ 東宝

感想「面白くはない」

Yahoo!映画での満足度が今年の主要作品でワーストとなる1.8と、とんでもない評価になっている本作。

周りの方々皆が皆「これは最悪」「面白くない」「見る価値ない」と言い、終いには「見ちゃダメ」と言われる始末。

ちょっと駄作な映画はむしろ「いいから見てみてwww」とよく言われるのですが、今回は「絶対見ちゃダメ」とまで言われました。



そうなったら行くしか無いでしょ!!

(C)2015 フジテレビ 東宝

ということで、試写も行けなかったので普通にお金払って見に行ったわけです。色々言われまくっていたのでもう相当構えて行きました。見る前から「今から自分は奈落に落ちるんだ!2時間耐えるぞ!デシデシ!バサラバサラ!」と気合を入れました。

どうやら気合を入れすぎたようで、意外と見れました。いや、全く持って面白くないし、たまにイラッとするんですが、ひたすら知ってる俳優たちがくっちゃべってるので意外と見れます。

あと小栗旬のパートだけは普通に面白いのでそれもあって意外と見れます。

(C)2015 フジテレビ 東宝


だがしかし、見れますが面白くありません。私は三谷幸喜監督の作品結構どれでも好きだったりします。三谷幸喜監督作品の中では圧倒的に面白く無いと断言できます。

差別的な発言だったり、明らかに問題ありの付け鼻だったり、まあ百歩譲ってそういうのは良しとしましょう。

問題は一つ「面白くない」んです!それがとにかくよろしくない。

「割と自分の得意分野でしたから、そんなに苦労はしませんでしたね。『清須会議』みたいに調べないといけないこともないですし、全部ぼくの頭の中で考えればいいことだらけなので、苦労はなかったですねえ」
参照:http://eiga.com/movie/81823/interview/

宮崎駿監督が『風立ちぬ』のメイキングで「何とかして面白くしなきゃいけない」と頭を抱えていたのを思い出しました。三谷さん!!得意分野ならもっと頭抱えて面白くしてよ!こんなのあなたじゃないわよ!!

小栗旬のところだけクスッと笑えましたが、それ以外は笑えなかったのです。会話劇をとにかく眺めていたという感じでした。

なので「面白くない」「どうしちゃったの三谷さん」という感想以外にあれこれ語ることができないのです。

(C)2015 フジテレビ 東宝

作り手の立場に立って、三谷監督が何をしたかったか考えてもみました。様々な映画のオマージュがあるので、まあそういうのをしたかったのだろうなあと。あとは今までからすると「どうしちゃったの」感があるのは「これが本当はしたかったのかな」と思ってみたり。

しかし、しかし、面白くない。面白くないと思ったら面白くない。

ストーリーラインが存在して無いので結末に何も感じることができないのです。いや、実際はあるのかもしれませんが、面白く感じれなかったので何かもうただただ困惑という感じでございました。

何とか頑張って擁護的に考えるのなら「これが今の三谷さんの頭の中。北野武監督が『TAKESHIS'』や『アキレスと亀』などで様々葛藤したように、三谷さんの頭の中の葛藤がこれなのだ」という感じですかね。

そうなると将来作品の見方は変わってくるかもしれません。

(C)2015 フジテレビ 東宝

とりあえず思ったことをつらつらと、特に論理的でもなく書き綴ってみました。

「面白ければ細かいことはどうでもいいんじゃ!!」というのはマイケル・ベイ監督が様々な作品で示してくれてるので、是非三谷幸喜監督には次は「おもしろい!」作品を撮って頂ければと思います!


おしまい!


(C)2015 フジテレビ 東宝

作品概要

映画タイトル
『ギャラクシー街道』

キャスト
香取慎吾
綾瀬はる
優香
遠藤憲一
小栗旬
秋元才加
西川貴教
ミラクルひかる
石丸幹二
西田敏行

監督
河合勇人

脚本
野木亜紀子

原作
河原和音アルコ

主題歌/挿入歌
槇原敬之

ストーリー
西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーの「うず潮」と地球を結ぶ、スペース幹線道路「ギャラクシー街道」は、老朽化が進んで廃止の噂もささやかれていた。そんな街道の中央にひっそりとたたずむハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ店」には、スペース警備隊やスペースヒーロー、スペース客引き、スペース娼婦など、今日も様々な宇宙人たちが集う。

公開日
2015年10月24日

鑑賞者のレビュー
Filmarksの参照をオススメします。


予告編



written by shuhei