ゴードン(警察)とデント(検察)の思惑の違いが生んだ悲劇【ダークナイト・シリーズ徹底解説コラム Vol.13】

ダークナイト  (期間限定出荷/スペシャル・パッケージ仕様) [DVD]




今回は『ダークナイト』でのゴードン(警察)とデント(検察)の思惑の違いが生んだ悲劇を掘り下げていきたいと思います。

スポンサードリンク

(1)デントとゴードンの目的は違う?

デントとゴードンは映画の中でずっとタッグを組んでいるように思えますが、最初の段階から二人は目的が異なっています。話し合いの末行動こそ一緒にしましたが、最初の思惑はそれぞれ異なっていました。


ゴードン(警察)=マフィアの摘発を先にすべき

デント(検察)=警察内部の汚職を先に摘発すべき


この違いを理解しておくと『ダークナイト』のラストシーンに深みが増します。
ゴードンの"I'm sorry, for everything."はレイチェルのことだけでなくこの思惑の違いから生じた全ての悲劇に対しての謝罪でもあるのです。

ゴードンはマフィアの摘発を先にすべきと思っていました。
まぁマフィアの足あと付いてましたし、摘発できる可能性があるならそれをしようという考えですね。

しかしデントは検事として警察内部の汚職を摘発したいと思ってました。そうすることで、街に悪が舞い降りても統治ができるからです。警察は汚職まみれなので、マフィアと組んでいたり、ジョーカーと組む可能性がありました。そういった人間を摘発することが必要だとデントは言います。

結果ゴードンの主張をデントが飲みデントもまずはマフィアを摘発する方向で動くわけです。

しかし、この判断が結果として悲劇を生みます。何度か書いているネタバレですが、レイチェルの爆死です。レイチェルは爆死し、デントは瀕死の大火傷。

(2)デントの大火傷はジョーカーのせい?

さてここで疑問が。



この爆破、ジョーカーがやったものだったでしょうか?



間違いなくジョーカーが計画をしましたが、実行犯はジョーカーではありませんでしたよね。



そう、警察内部の人間が二人を縛り上げ監禁したのです。



つまり警察内部の汚職の摘発を先送りしたことで、ジョーカーにいいように使われる人間が警察内に出てしまい、警察の人間だからと信頼していたデントとレイチェルを監禁して、片方は死亡、片方は瀕死の大火傷となったわけです。



ジョーカーは狂人ですが計画性が抜群なので、警察の汚職を摘発していたら他の手立てを考えたでしょう。しかし摘発していたら少なくともこの悲劇は起きなかったわけです。よって、ゴードンは善の人間ではあるものの判断の過ちを犯したということになってしまうのです。誰もが好む理想の警官であるゴードンなのに…皮肉過ぎます。

これがわかるとあることが明確にわかっていきます。デントが悪へ転落したとき、デントはジョーカーを殺そうとしませんでしたが、連れ去った警察の人間やゴードン、ゴードンの家族は殺そうとしました。

それは何故かというとジョーカーはもともと悪だったのに対し、警察の人間やゴードン、ゴードンの家族はもともとは信頼していた人間たちです。ゴードンは悪人ではありませんが結果としてデントを裏切ったことになるのでデントはそういった意味で復讐心に燃えることになったのです。

デントはマフィアのボスであるマローニに対してジョーカーはただの狂犬だと言っています。言い換えればデントがどんな状況になってもジョーカーはもともと悪なので悪に変わりないのです。つまりやってることはひどいですが想定通りの動きをしているわけです。よってジョーカーは殺されなかったということになります。

狂ってしまったデントからしたらジョーカーはもうどうでもいいのです。自分に悲劇を生んだ信じていた人間たちに復讐をすることだけを目的として半分死んだ顔で街を徘徊するのです。

また台詞では語られていませんがデントは顔の半分に大火傷を負ったのでとんでもない激痛が走っていることが想定されます。よって今までの正義のデントのような冷静な思考は持ち合わせていないということになります。あの傷だと激痛レベルじゃないでしょうね、頭が狂って当然なのです。

痛ましいエピソードと言えばそれまでですがね。

もともとどこからどう見ても正義の人間であった人があるきっかけで悪へと転落してしまう様。それをまじまじと我々に見せつけたのが『ダークナイト』内でのこのデントのエピソードではないでしょうか。

そういった意味で『ダークナイト』はアメリカンコミック、アクション映画という枠を超えた一つの人間ドラマとしてとんでもない傑作であると改めて私は思っています。

⇒次のコラムへ

(3)『ダークナイト』3部作を見る!

『ダークナイト』3部作は、Netflixをはじめとした動画配信サービスで閲覧できる時もあります。「時もある」というのは、動画配信サービスでは常に配信作品が入れ替わるためです。2020年1月27日現在は、Amazon Primeビデオでの有料レンタル等有償に限られているようです。変わったのを確認次第、案内文も書き換えます。

『バットマン・ビギンズ』


『ダークナイト』


『ダークナイト・ライジング』


(4)徹底解説コラムもくじ(全24記事)

























(5)付録:オススメの動画配信サービス

※この章は、映画紹介の各記事共通の項目です。2020年1月現在の情報になります。

時代は移りゆくもので、映画館での公開が終わった作品の視聴はBru-Ray/DVDと併せて、動画配信サービスで視聴される方が増えてきました。

私自身は、普段映画メディアの編集長をしている関係で映画に触れる機会が多めですが、その中において現在契約している動画配信サービスを「正直なお気に入り順で」紹介してまいります。

ただし、下位のものも契約している時点で支持をしているものです。それぞれに特性があり、私の好みやライフスタイルから以下の順番で重宝をしております。

オススメ1:Hulu



私は映画が大好きですが、普段民放テレビ局で最も視聴しているのは日本テレビです。テレビドラマに限らず、「Another SkyⅡ」も毎週楽しみにしており、ふと見返すことも多いです。よって、映画外の好みのコンテンツの側面からHuluを最も重宝しています。
日本テレビ系のドラマや各テレビ番組、「名探偵コナン」などを好きな方にはオススメのサービスです。映画のラインナップは日々変動しますが、他社に比べて劣ってると感じる事は少ないです。
金額:933円(税別) ※無料トライアル期間が2週間あり

オススメ2:Netflix



映画切り口でいくと、やはりNetFlixが現時点では王者の風格だなと個人的には思います。「さて、今日は何の映画を見ようか」と思ったら、とりあえずNetFlixを開きます。

併せて、日米それぞれオリジナル作品も多いです。「アイリッシュマン」「ROMA/ローマ」「全裸監督」などなど。今最も目の離せないサービスと言っても過言ではありません。なお、スタジオジブリの配信権獲得が発表されましたが、これには日米は含まれていません。日本で始まるとするならば、日本テレビ資本の入っているHuluの可能性が高いと勝手に思っています。

金額:3種類あり(ベーシック:800円/スタンダード:1200円/プレミアム:1800円 各々税別)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり

オススメ3:Disney Delexue



名前の通り、ディズニー作品を楽しむことができるサブスクリプション動画配信サービスです。時によって見れる作品は異なりますが、ディズニー作品のアニメ・実写。ピクサー作品、スター・ウォーズ、マーベル作品と、ディズニー系列の作品の多くを見ることができます。

常に誰もが知っている作品が配信されており、安心して一度見た映画を鑑賞したいときにはこれで間違いありません。なお、2020年1月現在、ディズニーによって買収された20世紀フォックスの作品はまだ配信されておりません。今後されるとは思いますが。

金額:770円(税込)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり

オススメ4:Amazon Primeビデオ


NetFlixと並んで知名度が高いのはこれでしょう。映画やドラマといった映像作品を鑑賞するためのサービスではなく、「Amazon Prime会員」向けサービスの中の一つとして、映画やドラマも見れるよという触れ込みなのが他と異なります。

年間契約での割引が用意されていますが、月額支払いでもたったの500円という破格の仕様。しかもAmazonの他のあらゆるサービスもそれで使えるわけです。普段Amazonを使う方なら「とりあえず入っとけ」サービスでもあります。

金額:500円(税込)
※年会費だと4900円
※無料トライアル期間が1ヶ月あり


オススメ5:Paravi



Huluと同様で、特定のテレビ番組をリピートしたい方向けなのはParaviです。こちらはTBS系列およびテレビ東京系列の番組を楽しむことができます。質の高いドラマの多いTBS系列ドラマを見たい方は入るべきサービスと言えるでしょう。

私自身もそのTBSドラマと、テレビ東京系列のビジネス番組の鑑賞目的、よって映画向けには使ってないです。テレビ東京のビジネス番組は質が高いので、教養目的と考えると日々の出費も投資考えることができて心に優しいです。

金額:925円(税込)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり

オススメ6:U-Next



U-Nextは異色です。定額料金で各作品を鑑賞できると同時に、新作を有料で販売、レンタルもしています。言うならば、サブスクリプション系サービスとiTunes等販売・レンタル系サービスのハイブリッドと言えるでしょう。

と聞くと、割が悪いようにも思ってしまいますが、ポイントも貯まっていくので、そのポイントで新作をいち早くレンタルして自宅で鑑賞することができます。どうしてもサブスクリプション系サービスでの配信は少し時差が出てしまうので、ここまで紹介してきた各サービスをうまくサポートする役割として利用をしています。

金額:1990円(税込)
※無料トライアル期間が1ヶ月あり


以上が、2020年1月現在私が契約しているサブスクリプション系サービスです。仕事柄多めです。これら全てを契約することはオススメしません。それぞれ特性があるので、何を目的にするか、頻度はどれくらいかをみなさん自身でお考えの上で選択してみてください。

また、ここにはないサービスもたくさんあります。その旨も理解の上で参考になれば幸いです。
B! LINE