『スーサイド・スクワッド』感想、ハーレイ・クインを拝む映画です - Cinema A La Carte

『スーサイド・スクワッド』感想、ハーレイ・クインを拝む映画です

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

『スーサイド・スクワッド』、褒め言葉として「バカ映画」でした!そしてマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインがもう最高にチャーミングでした!





どんな映画?

バットマンをはじめとするヒーローたちによって投獄されたヴィラン(悪役) たち。死刑や終身刑となった彼らは、政府の秘密機関によって、減刑と 引き換えに命の保障のないミッションを強制された集団スーサイド・スクワッド(自殺部隊)への入隊を余儀なくされる。全身に武器をまとっ た狙撃手、狂気の道化師、ブーメラン使い、復讐心に駆られた女侍、妖 艶な魔法使い、ウロコに覆われた怪力男、必殺縄師、地獄の炎を操る男、 そしてバットマンの最大のライバルにして、泣く子も黙る最悪のスーパー ・ヴィラン、ジョーカーも登場!強烈な個性が揃った映画史上最狂のチー ムが誕生した! 
監督
=デヴィッド・エアー

出演
=ウィル・スミス(デッドショット)
=ジャレッド・レト(ジョーカー)
=マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)
=ジョエル・キナマン(リック・フラッグ)
=ビオラ・デイビス(アマンダ・ウォーラー)
=ジェイ・コートニー(キャプテン・ブーメラン)
=ジェイ・ヘルナンデス(エル・ディアブロ)
=福原かれん(カタナ)

公式HP

公開日
=2016年9月10日


(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

最大の見どころはハーレ・クインだ!

バットマンやスーパーマンなどのDCコミックスの悪役たちが主人公で、3月に公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と同じ世界観の中で展開される映画。


ですが、予習なしの単体で楽しめるのでご心配なく!!


『マン・オブ・スティール』、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と、シリアスなアメコミ映画となっていましたが、本作は褒め言葉として「バカ映画」です!

イカれた悪役たち、指示する側もイカれてる、対峙する敵もイカれてる。そんな闘いの中で1人目的が違う行動をするジョーカーもイカれてる。

イカれてるキャラクターたちのケミストリーは言うまでもなくイカれた世界観を作り上げていて、それが見どころです。

シリアスな展開はほとんど皆無。『ダークナイト』が大好きで、その世界観を望んでしまうと肩透かしというか、おそらく「この世界観嫌い」となって先入観から楽しめないでしょう。久々に登場する明らかに日本人じゃない片言の日本語を話す日本人役なども突っ込みどころ。

しかし、それらは肩の力を抜いたら最強の娯楽映画であるという意味になります。実際アメリカでは(9月1日現在)3億ドル近い大ヒットとなっていて、多くの方が楽しまれています。


そんな本作最大の見どころはマーゴット・ロビーが演じるイカれたお嬢ちゃん、ハーレ・クインで間違えなし!

ウィル・スミス演じるデッドショットも、ジャレッド・レト演じるジョーカーも凌ぐ存在感とチャーミングさで観客を魅了します。これはもう「考えるな!感じろ!」ですね。結構露出をしていますが、エロいとは何か違うイカれたセクシーさを持っていると思いました。(私見です)


このハーレ・クインを楽しまずして何を楽しむ!?


と言えるくらい、「見どころはハーレ・クイン」と断言できるのです。


逆に、ジャレッド・レト演じるジョーカーは魅力的ですが、登場時間が少ないです。がっつりカットされたとの噂もあり、歴代ジョーカーとの比較も難しいところ。

「ヒース・レジャーやジャック・ニコルソンと比べてどう?」と聞かれても、「そもそもそんな出てないんだよね・・・。」という感じになります。でも、魅力的でしたよ!そこは間違いなし!

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

こんな人にオススメ!

バカ映画に仕上がっていて、シリアスでも無いので、意外と誰でも楽しめる映画かなと思います。

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』と繋がっていることは映画を見ると「なるほどね」となりますが、知らないところでストーリーがわけわからなくなることも無いです。

変な捻りもなく、「え?わからない、あそこどういうこと?」となることもほとんどないでしょう。

大切なのは変に最近のDCコミック路線(クリストファー・ノーラン監督のダークナイトシリーズ含む)からシリアスさを期待して行かないことです。バカ映画なのでアメリカに批評家ウケはすこぶる悪いですが、一般客は楽しんでる感じですし。

予告編見て、「お、何か面白そうじゃね!?」となった方はその延長で楽しめちゃう感じの映画です。そこで面白いと思ったらゴーサインと言えるでしょう。


という感じの『スーサイド・スクワッド』。

9月10日から公開です!!