実写版『ピートとドラゴン』、アンドリュー・マクマホン×リンジー・スターリング「Something Wild」ミュージックビデオ - Cinema A La Carte

実写版『ピートとドラゴン』、アンドリュー・マクマホン×リンジー・スターリング「Something Wild」ミュージックビデオ


先週末アメリカで公開された(日本は今冬?)、実写版『ピートとドラゴン』のミュージックビデオが公開されました。とても心地よいのでご紹介します!



そもそも実写版『ピートとドラゴン』とは?

1977年に公開されたアニメと実写をミックスさせた『ピートとドラゴン』が当然モチーフに。東京ディズニーリゾートの「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」でもピートとドラゴンのフロートが出てくるので、軽くご存知の方もいらっしゃるでしょう。

そんな『ピートとドラゴン』を最新の技術を駆使して実写化したのが本作。

森の奥に潜むドラゴンのお伽話があった街。しかし、森の中には実際にドラゴンと暮らすピートという少年が存在することがわかった。

ざっくり設定はこんな感じでしょうか。日本語オフィシャル情報がほしいところ。

前述の通りアメリカでは8月12日より公開中。興行成績は少しおとなし目ですが、作品評価は批評家も一般観客も上々のようです。

参照⇒https://www.rottentomatoes.com/m/petes_dragon_2016/


予告編はこちら、ペタリ。
※海外版につき字幕なしです

アンドリュー・マクマホンが歌い、リンジー・スターリングがバイオリン!

オフィシャルで公開された、アンドリュー・マクマホンが歌い、リンジー・スターリングがバイオリンを務める楽曲の名は「Something Wild」。

百聞は一見に如かず、なので動画をペタリ。



美しく、幻想的で、心地良い、です。

映画の空気感も伝わってきて、「はよ、公開せい」と思う意味でのストレスがあるのも事実ですが(笑)

海外の情報を見る感じだとおそらくエンドクレジットのソングですね。
(日本での公開日も不確かな状況につき、日本語の情報がありません。)

サウンドトラックリストで前の方に収録されているので、「ズートピア」の"Try Everything"みたいに劇中でかかるかもですね。(ただの推測です)

アンドリュー・マクマホンは難病を克服したシンガー

こんなに素敵な歌声なのに、「アンドリュー・マクマホン、聞いたことあるな」くらいの薄い知識でいた自分を悔やむ次第です。

ちょこっと調べてみたのですが、

・カリフォルニア出身のシンガーソングライター

・2002年メジャー・デビュー

・2005年急性リンパ性白血病と診断、その後克服

とのことで、今のキャリアでは彼自身の経験も生きた作品もあるようですね。少しずつ聴いていきたいと思いました。

リンジー・スターリングは「千本桜」でも有名!

踊るバイオリニストとして世界的に有名なリンジー・スターリングですが、私の中では以下の演奏が鮮烈に記憶されています。というか定期的に見ますね(笑)

ライブ映像

ミュージックビデオ


とりあえず「すげえ」が伝わるかなと(笑)

撮影はニュージーランド?日本公開のオフィシャルアナウンスはまだなし?

情報を色々調べていたら本作の設定はアメリカの街ですが、撮影はニュージーランドであることがわかりました。

家族で楽しめるディズニーのクラシック映画『ピートとドラゴン』のリメイクで、孤児のピートと、親友のドラゴン、エリオットとの友情を描いています。
ニュージーランドは、物語の舞台となるアメリカの太平洋岸北西部にある木材産業の街、ミルヘイヴンとして撮影されました。
参照:http://www.newzealand.com/jp/feature/petes-dragon/



早く見たくて仕方ない『ピートとドラゴン』ですが、日本公開のオフィシャルアナウンスはまだ無しですね。

12月という噂も聞きますが、本作はディズニー配給。同じくディズニー配給の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日に公開なので・・・。噂はあくまでも噂なのですかねえ・・・。

まあ待つしか出来ないので、曲を聴きながら気長に待つとしましょう!!

それでは!!