疲労予防と疲労回復にイミダペプチドが効くわけないと思っ、てた事もありました!【ややPR】 - Cinema A La Carte

疲労予防と疲労回復にイミダペプチドが効くわけないと思っ、てた事もありました!【ややPR】


"イミダペプチド"と聞いた時、「また何かの健康食品ブームの一端か」とか思っていた事もありました。が、どうも周囲で「良い」と言ってる方が複数いらっしゃったのでモニタリングをしてみました。結果、これは「ありだぞ」と思いました!

先に結論「朝が楽になる」

良くも悪くもずっとフリーランスの人生を送ってきた私は毎朝6時に起きないといけないなどここ最近皆無でした。とは言っても規則正しくは生活したく、朝も早く起きることで充実した1日を送りたいと日々思っていました。思ってただけね。

大学に入った辺りから朝起きるのが結構苦手になっていました。寝坊はそこまでしませんが、朝爽やかに起きるという感じを味わえない日々が続いていました。寝る前までスマフォいじったり、PC開いたりが睡眠の質に悪影響を及ぼしているのは言うまでもないでしょう。

そんな中でイミダペプチドを夜飲むようになったら、朝が相当楽になりました。

ざっくり言えば疲労が軽減されている感じですね。3月〜4月は花粉症もあり、寝起きが一年の中でも最低最悪なのですが、今年は本当に楽になりました。

ちなみに!イミダペプチドのドリンクは「これだけ飲めば大丈夫!」とかではなりません。「これを飲めば疲労回復」でもありません

普段の食生活を補助して疲労軽減に一役買ってくれるくらいの認識が良いかと思います。

で、イミダペプチドって?

“鳥の胸部分に多く含まれている成分”とのこと。

鳥は海を渡りますが、冷静に考えればとんでもない距離を飛行しています。ボーイング777-200LRもびっくりな航続距離と言えるでしょう。(エアバスA350-900ULRでも可)

「なぜ鳥はそんな距離を飛べるのか?」の研究の中で判明したのが胸肉に含まれる「イミダペプチド」だそうです。

で、何でこのイミダペプチドは疲労回復に一役買ってくれるかと言うと、以下の文章が端的に表していました。

私たちのカラダの骨格筋や脳にイミダペプチドは豊富に存在し、カラダをいろいろなヘトヘトから守っています。でも、歳とともにイミダペプチドをつくる力は落ちていくのが現実です。なんと70歳時には30歳時に比べてイミダペプチドの体内濃度が3分の1まで減少することがわかってきました。さらに、イミダペプチドは主に食事の中の肉類の摂取によって補われているものですが、年齢とともに若いころより肉類を食べなくなるなど、食生活の変化も加わり、体内濃度が減っていく傾向があります。だからこそ継続してイミダペプチドを摂取して体内濃度を若いころのように高めることが大切なのです。
参照:http://ad2.trafficgate.net/t/r/85/3584/281978_351329/

普段の食生活は変えるべきではない

上記で少し触れましたが、イミダペプチドは決してスタミナを与えるものではありません。またこれを飲むことで寝ないで疲労回復とかそういうこともまずはありません。

青汁だったり、ビタミン錠剤だったり、そんな感じで捉えるのがしっくりくるのではないでしょうか。

つまり、普段はしっかり食事をして休息をする。その中にイミダペプチドのドリンクを取り入れることでより元気で健やかな毎日を送るということです。

このドリンクで深夜映画もお手の物!とか書こうと思ったんですがそれは完全に大げさすぎます(笑)

イミダペプチドのおかげで朝は本当に楽になりました。しかし、それに頼り過ぎるのは良くありません。このバランスを忘れないことが何よりも重要です。


もっと効いてる人と効いてない人がいる。

イミダペプチドを調べると概ね高評価。それらを見て思ったのは「私の効果は人並みかな」ということ。

もっと効いてる方もいらっしゃるようです。逆に全く効いてないという意見も見受けられます。私はカフェインでも眠気が取れないので、そういう身体と栄養素の相性などは当然あるのでしょうね。

あと繰り返している通りイミダペプチドを飲んで疲労がすっ飛ぶとかはないので、万能と思われると期待はずれなのかもしれませんね。


少ない本数でお手頃に試すことも出来るので、気になる方は少ない注文でまずはチェックしてみてはいかがでしょうか。




written by shuhei