『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』感想、人を好きになるのは素敵なこと - Cinema A La Carte

『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』感想、人を好きになるのは素敵なこと

(C)2016「植物図鑑」製作委員会

6月4日に公開される『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』をだいぶ早いですが鑑賞させて頂きました。情報をちゃんと押さえないで見たのですが・・・いやはやこれは本当に素晴らしいラブストーリーですよ。

感想Q&A

柳下さんは満足できましたか?
もう大満足ですよ。等身大のラブストーリーに涙してしまいました。

家族で楽しむことはできますか?
ラブストーリーですが、親子も扱ってて良いと思います。

小学生の子供が楽しむことはできますか?
ちょっと難しいかな。20代の男女の恋愛と夢の話なので。

友達同士で楽しむことはできますか?
楽しめます!特に女性同士で是非映画終わった後恋バナに花を咲かせてください!

デートで行くのはどうですか?
これ以上ないくらいオススメします!お付き合いされていない微妙な距離の男女で見たら距離が縮まるかも?

映画リピーターは見た方が良いですか?
ホント硬派に作ってて、料理演出も見事なので是非とも!

関連記事

予告解禁!岩田剛典と高畑充希が重ねる唇…『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』

胸キュン間違いなし!映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』、注目のキャスト紹介

岩田剛典&高畑充希の姿も!Flower「やさしさで溢れるように」MV遂に解禁!

平野レミが野草を爆速クッキング!? 映画「植物図鑑」公開前イベント

「植物図鑑」の野草を使った料理を再現!OZmall主宰イベントレポート!


(C)2016「植物図鑑」製作委員会

感想:不覚にも泣いた・・・

昨今のラブコメブームの中での本作鑑賞。ラブコメでも昨年は『ヒロイン失格』などが傑作でしたので嫌な気持ちはなく本作の試写会場へ。

ラブコメなんて大間違えでした。この映画は等身大の20代の素敵な素敵なラブストーリーでした。


本作を監督した三木康一郎監督は本作を見て「人を好きになってほしい」と仰っています。それを非常に強く感じる作品でした。


恋をしている方ならその相手をより愛おしく思うことになるでしょう。

恋をしていない方なら恋っていいなって思えることでしょう。


あまりに美しい恋愛模様なので「こんな風に恋してえよバカヤロー!」と思う方もいるでしょう。でもそれも恋をしたい、人を好きになりたいということですからね。


「人を好きになる」「人を愛おしく思う」それがこの映画の意義です。


もちろん人それぞれ感性はあると思いますが、どこか遠くの映画の世界の話ではなく、私たちに置き換えて考えることのできる「私たちの映画」であると私は思いました。


どこかファンタジー、でも「好き」「恋」の本質へ迫っていく

本作はどこあファンタジーな部分もあります。そもそも知らないイケメンが団地の駐輪場で寝てて「半年間泊めてください」から始まりますからね。

そんなこと私たちの生活の中では当然無いでしょう。しかし、捉え方次第では全然あり得ます。


「恋人と思っていないで友情を育んできた友人。実は誰よりも自分を思ってくれていて、自分もその人を必要としていた。」


映画の出会い方こそファンタジーですが、上記のように考えると誰しもに当てはまる物語になるのでは無いでしょうか。もちろんこれから出会っての恋にも捉え方では当てはまるでしょう。男女の距離感のお話ということですから。


本作の前半、主人公の二人は一切恋愛関係にはなりません。変に気まずくもなく、友人としてのルームメイトという感じ。その日常の積み重ねが「好き」「恋」の本質へと迫っていく糧だったのかもしれませんね。

予告編にもある通り二人は中盤で恋人関係になりますが、当然それでめでたしめでたしなんでなりません。「半年泊めてください」の言葉が後半重みを増していくのです。


半年で終わってしまうのか?それとも関係は続くのか?


それは是非みなさん自身、劇場で確かめてほしいです。私はもう何か凄くピュアな気持ちにさせられた112分でした。

もう一つの魅力、それは料理!

本作には料理シーンがたくさん!しかもどれもヘルシーで可愛くて美味しそうなものばかり。

野菜をメインに使って、塩加減も程々に。こういうヘルシーな料理毎日食べてみたいものです。

決してカロリーの高い料理やコンビニご飯を否定しているわけでは無いけれど、「こういうヘルシーな料理毎日食べれたら(誰かが作ってくれたら)きっと凄く幸せなんだろうな」なんて思いました。

あ、でも育ち盛りの10代の子たちにはこの料理どう思うかは少し気になります。私が高校生の時とかとりあえず肉食べれれば幸せとかそんなんでしたしね。

ヘルシーな料理を心の底から食べたいと思えた私は単純に歳を取ったのでは…という不安も心に残ります。(わたし、今年で30歳になります)


それと!本作は主役二人の物語でありながら、母と子、父と子のエピソードも盛り込まれそれが夢という命題と共に語られます。これがとても感動的。

親子の側面の愛についてもきっと良い意味で色々考えることができる映画と言えます。



(C)2016「植物図鑑」製作委員会

岩田剛典ファン、高畑充希ファンは絶対に見てほしい!

本作の主演の岩田剛典さんと高畑充希さん。この二人のファンであれば絶対に、絶対に、絶対に見てほしいです。


まず岩田剛典さんですが、もうこれポスターや映像が見せている通り爽やか好青年そのもの!普段のパフォーマンス等で見せるカッコ良さとはまた違ってこれも良いんです。

岩田剛典さんのファンなら中盤の「引き金」発言、「待たない」発言、終盤一連などは悶絶ものなのではないでしょうか。いや、だってカッコいいもん、マジで。あと料理シーンもファンの方は悶絶かも(笑)


そして高畑充希さん。演じる役は冴えないOLなんです。舞台などではオーラ出まくりの高畑充希さんですが、冴えないOL役として今回はそのオーラを封印。ホントにその辺にいそうなOLになっています。

決して毎日が不満なわけではないけれど、面白くなくて何となく生きている20代OL彼氏なし。普通にいますね。その女性が不思議な同居生活とその後の恋でどうなるか。

高畑充希さんの静かな魅力と恋して感情を露わにする演技が非常に魅力的です。もっとわかりやすく言っときましょう。単純に可愛い、はい。


「やさしさで溢れるように」の名曲が華を添える

本作のエンディング曲は「やさしさで溢れるように」です。これはJUJUの名曲ですが、映画ではFlowerがカバーしています。

映画を鑑賞する前にこの曲をリピートしまくるのもありかと思います。



本当に素敵な歌詞とメロディーで、映画を見た後ならリピートしまくりたくなること必須です。


女性だけでなく男性にもオススメ出来る!

王道というより等身大のラブストーリーになっていて本当に素敵だったなあと今改めて思っています。

偶然出会った異性によって、自らの夢の道筋が開けることって本当に幸せなことなんだろうなって改めて思った映画でした。そういう人と出会ったら離しちゃいけないんだろうなって思える映画です。


恋をしている方ならその相手をより愛おしく思うことになるでしょう。

恋をしていない方なら恋っていいなって思えることでしょう。


そんな素敵などこかファンタジーだけれど等身大のラブストーリーが『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』です。


公開は6月4日からです。