泣いて笑って大忙し!指原莉乃という天才が生んだ傑作、『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』感想レビュー - Cinema A La Carte

泣いて笑って大忙し!指原莉乃という天才が生んだ傑作、『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』感想レビュー

(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

AKB系ドキュメンタリーは全て鑑賞している私。HKTドキュメンタリーはマスコミ試写がスケジュール合わなかったため、劇場にて鑑賞。HKTには詳しくありません。それでも、この映画は素晴らしかった!指原莉乃は天才としか言えない!


(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

まずは前提条件

いつもの前提条件をまず。

私はAKB48グループ及び乃木坂46に好意的な人間です。ただしとても詳しい訳ではありません。元SKE48の松井玲奈のファンだったので、SKE48に偏って応援をしていた感じはありました。

しかし、映画の評価で言うと昨年はSKE48ドキュメンタリーよりも断然乃木坂46ドキュメンタリーの方が傑作だと思いました。というか 『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY Of 乃木坂46』は昨年のベスト映画に上げました。

つまり、AKB全体に好意的だが詳しい訳ではない。SKE48寄りの人間だが、映画は映画として評価するタイプ。

こんな感じの前提条件です。

それでは早速映画の感想を書いていきましょう!


(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

感想:「笑って!泣いて!大忙し!」

『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY Of 乃木坂46』は大傑作であり、HKTと同日公開の『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY Of NMB48』は秀作でありながら非常に困惑した一作であったため、今回結構構えて見ました。

そもそも監督が指原莉乃じゃないですか。心配じゃないですか。もうめっちゃ心配しましたよ。完成もぎりぎりでしたし。

しかしですね、そんな心配は無用でした。本当に素晴らしい作品でした!

今までのAKB48グループ及び乃木坂46ドキュメンタリーの中で最も笑える映画。また何度も何度も涙を流した映画でした。それでありながら最後はとんでもない爽快感も味わえる映画でした。

瞬間風速の涙は『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY Of 乃木坂46』が勝りますが、今回のHKTドキュメンタリーは断続的に泣いてたので、まあとっても疲れました(笑)

繰り返しになりますが、私はHKT48に詳しくありませんでした。指原莉乃、宮脇咲良、兒玉遥は知ってるものの、センターを経験した田島芽瑠や朝長美桜すら知らないレベルでした。

なのに全く混乱しないとてもわかりやすい構成で、その上で笑って泣ける!


しかももらい泣き。


『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY Of 乃木坂46』では自分自身の境遇と重ねあわせて心が揺さぶられたわけですが、今回のHKTドキュメンタリー映画ではそういった感じはあんまり無し。

とにかく彼女たちの頑張る姿にもらい泣きを連発した感じでした。しかもどれも割とポジティブと言うか、前を向いて進んでいくための涙と今思えば捉えられるものなので、これがまた映画的には最後爽快感に繋がっていくんですよね。

自分自身に重ねあわせて涙することは私よくあるのですが、ここまでもらい泣きしたのは初めてかもしれません。

特に・・・矢吹奈子の「奈子が選抜でごめんなさい・・・」ね。何ですかこのシーン・・・泣くに決まってるでしょ!こんな若くしてそんな謝らないで・・・。

他にも泣けるシーンが多発。連続するシーンでは"メロンジュース"がかかりながら様々ダイジェストしてくところで号泣。あの編集素晴らしいですね。もう何かこの世の終わりと思えるくらい泣いてしまいました・・・。

(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会
今回のHKTドキュメンタリーが他のAKB48グループ/乃木坂46のドキュメンタリーと明確に異なる点は「笑える」ということ。

ウケを狙って入れてきた部分も面白いですし、総選挙での徳光さんのミスの時の総ツッコミも面白い。

劇場が何度も笑いに包まれる。一体感を感じるそれは非常に喜びを感じるものでもありました。

武井壮のあのシーンは反則でしょう。あんなん言われたら今後、そういう目でしかパフォーマンスを見れなくなってしまいますよ。

まったくもう。(褒めてます)

(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

感想:指原莉乃のHKTへの愛が凄まじい

 今回のHKTドキュメンタリー、画期的なことがありました。

それはメンバーほぼ全員が登場するということ。

今までのAKB48/乃木坂46ドキュメンタリーではそういうことは無く、良い意味で数名のメンバーに焦点を当てて描かれていっていました。

今回のHKTドキュメンタリーも当然中心メンバーである宮脇咲良、兒玉遥、田島芽瑠、朝長美桜らの登場時間は多いです。

しかしそこに限らず全てのメンバーが登場します。また今までスポットライトを当てられてこなかった数名のメンバーにもスポットライトが当てられているのはファンにとっても喜ばしいことなのではないでしょうか。

これは指原莉乃のHKT愛ゆえでしょう。良く言えば「HKT愛」、悪く言えば「切れなかった」ということです。

しかし、切れなかったと言っても映画的には良い方向にそれが効果を発揮してるのでこれで良いのです。

(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

感想:映画に映画の編集シーンが出てくるのが面白い!

HKTドキュメンタリーでは、指原莉乃監督が映像を取捨選択したり、映画の編集をしているシーンが登場します。

見ている映画がどのように編集されていったかの一部を私たちは見ることができすのです。

「なぜそのシーンを入れたのか」

「なぜあのシーンはそういう切り口なのか」

その理由が指原莉乃監督の口から語られるのです。これドキュメンタリー映画としてめっちゃ面白いなと思いました。

そしてそれを入れることで、ちょっとぶっ飛んだシーンや、明らかに編集によって事実を少し濁しているシーン(佐藤元支配人VS活動辞退のメンバーのエピソード)の意味が理解でき、納得できるのです。

映画的満足度を上げるだけではなく、映画的面白さも増してくれるとても良い構成だと思いました。



(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

おっさんにもらい泣き

尾崎支配人、映画のタイトルにもなっていますが、この人ホント良いおっさんだなと思いました。おっさんの鏡ですよホントに。尾崎支配人の涙にこっちまで涙するとは・・・。

そして!もう一人おっさんが登場します。

坂口理子ファンのおっさんなのですが、このおっさんが坂口理子を涙ながらに語るシーンで思わずもらい泣きです。そして坂口理子が初めてシングル曲へ参加できるようになった際のシーンでもまたもらい泣き。

アイドルの映画を見に行って二人のおっさんにもらい泣きするとは思いませんでした。でもね、ホントこの二人のおっさん良い人です。

思い出してまた泣きそうだし…。

(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

まだ誰も諦めていない!

この映画では指原莉乃監督は自分の話はほどほどに、メンバーたを愛を持って描くことに専念しています。指原莉乃自らがナレーションをやってるので、映画全編指原莉乃のHKT愛を感じることができます。

クライマックスとエンドロールはとても前向きで、ここは涙を流すというよりも流した涙を笑顔とパワーに変えてくれる至福の時間です。

そのエンドロールで指原莉乃がナレーションで出てきて言った言葉「まだ誰も諦めていないですからね。」、これがとても良い。

活動辞退や卒業はあっても、HKT48のメンバーたちは前を向いて明るく一生懸命に生きているのだと思いました。映画が放つパワーや明るさは私たちを元気にしてくれるものでもありました。

今までのAKB48グループのドキュメンタリー映画では良い意味でシリアスで色々考えさせられるラストでした。乃木坂46のドキュメンタリーはただただ親子の物語に感動して涙しました。

HKT48映画のラストは笑顔が似合います!AKB48グループのドキュメンタリー映画の新たな一つの正解がここに生まれたと言っても過言ではないでしょう。

HKT48を1ミリも知らなくても大丈夫です。指原莉乃監督、本当に見事に才能を発揮してとんでもない傑作を生み出してくれました。たくさんの笑いと感動、最高か。


最後にこれだけは言わせてください。


指原莉乃&坂口理子が食べてた餃子、指原莉乃&宮脇咲良が食べてたすき焼き、めっちゃ美味しそうだったんですけど!!!!!!


おしまいです。指原、最高の映画をありがとう!!

(C)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

どんな映画?

国内4番目の48グループとして博多に誕生し、AKB48選抜総選挙で2度の1位に輝く指原を中心に人気を拡大させていったHKT48。グループの中心にいながらドキュメンタリー映画の監督を務めることになった指原は、メンバーの笑顔の奥に秘められた思いはなんなのか、頑張っていながらも報われていないメンバーに何を聞けばよいのか、そして自分は本当に仲間のためになっているのかと悩み、葛藤していく。そんな指原の葛藤の矛先は、やがて運営スタッフにも向けられていく。


公式HP


予告編


written by shuhei