『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』感想、何回も感動の涙を流すまさかの展開… - Cinema A La Carte

『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』感想、何回も感動の涙を流すまさかの展開…

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

『妖怪ウォッチ』の映画第2弾を見てまいりました!1作目がとても楽しくて素晴らしかったので今回も超楽しみにしてました。結果として・・・泣きました。


スコア

◯私的満足度
★★★★★(5/5)
=まさかの開始15分で号泣・・・

◯ファミリーオススメ度
★★★★★(5/5)
=家族でこそ!家族でこそ見てほしい!

◯子供オススメ度
★★★★★(5/5)
=ジバニャンかわいい。

◯友人オススメ度
★★★★★(5/5)
=大人同士でも絶対楽しめます!

◯デートオススメ度
★★★☆☆(3/5)
=デートで行ってほしいですよ本音を言えば!

◯映画リピーターオススメ度
★★★☆☆(3/5)
=オワコンではありません、コンテンツ力は是非チェックを!

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

感想:前作以上に「子供に優しく」「大人に響く」

昨年末に公開された映画第1弾の妖怪ウォッチがあまりに面白かったので今回も期待しまくりで劇場へ。

「エンマ大王と5つの物語だニャン!」ということで「5つの物語ってことは短編集?」って予想しましたが、その予想はほぼ辺り。厳密には4つの物語とそれらを全て合わせたクライマックスの1つの物語で合計5つといったところでした。

それぞれの物語にはしっかりと結末が用意されていて、これは集中力が途切れてしまいがちな小さなお子さんにはかなり優しいのではないかと思いました。実際私が鑑賞した回は半分以上がお子さんでしたが、終始笑い声が響いていました。

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

そんな『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』ですが、私に言わせればズルい」です。

何がズルいって、5つの物語のうち4つの物語でまさかの涙、涙、涙です。今回の映画の中の5つの物語はそれぞれ親子や大切な人にフォーカスしたクライマックスが用意されています。


・何でも出来るけど将来の夢がちゃんと持てない少年ユウトくん

・未来の世界で仕事に奮闘しながらも結果を出せないエミちゃん(ジバニャン生前の飼い主)

・「サンタさんプレゼントいりません」と手紙を書いた少年

・そして人間と妖怪の交流が禁止され寸断されてしまうクライマックスのお話


この4つのクライマックスで私は涙してしまいました。

あと1つのエピソードは


・コマさんとコマじろうに人間の弟コマさぶろうができるお話


なのですが、これは泣けずむしろ少しモヤッと。したのですが、エンドロール中にちゃんとその後を見せてくれて結果的にはスッキリでした。これはエンドロール中にその後にホロリでした。


泣けた4つのエピソードですが、それぞれ自分のことを考えて涙したと言った感じでした。自分自身に当てはめなくてもとても感動できると思います。

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015


誰もが少年少女時代、何をしたいかわからずもがいたことがあるでしょう。その裏での家族の支えや願いを本作は描きます。


仕事がなかなかうまくいかず、いざ任された仕事でも失敗してしまうことってありますよね。そんな時、大切な人を思い出して「頑張ろう!」って思いませんか。本作はそれも描きます。


自分と血縁関係になくても愛情を持ったり、責任を持つことってありますよね。少しでもそう思った人との別れって辛いですよね。本作はそれも描きます。


大切な人が病に侵されている時、「神様、私の事はどうでも良いのでどうかあの人を救ってください。」なんて祈ったことありませんか。本作はそれも描きます。


そして最後に、争いの愚かさと絆の大切さを壮大なクライマックスとして描きます。この演説的メッセージがまるで黒人解放運動や差別撤廃運動、戦争終結のそれのように私には響き涙が止まらなくなりました。


いいですか、これ妖怪ウォッチです。


妖怪ウォッチは何も見てない方だとグッズ展開の商魂逞しいコンテンツと思われているかもですが、それは事実としてもそれで結果が出ているだけの面白さや魅力、そうしてこうして感動できるだけのパワーを持ち合わせているのです。

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

という感じで、心に響く素敵な作品が『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』なわけですが、最大の魅力は何と言っても「純粋な面白さと可愛さ」です。

まずジバニャンが可愛いじゃないですか。そしてUSAピョンも可愛い。美味しいところで主役ぶるフユニャンも素敵。

ウィスパーは相変わらずウィスパーでウィスパーなところがウィスパーでこれまた良い。


そして子供がゲラゲラ笑うような定番ギャグ満載でこれも面白い。大人だけならクスっと笑って終わりのギャグも、子供がゲラゲラ笑うのでこっちまで楽しくなって笑うことができます。

また前作同様に大人向けのギャグも用意されていてこれが満足度を上げてくれてます。

途中で謎のミッション・インポッシブルパロディがあったりもして映画ファンなら爆笑必須です。

そんな中でも今回登場するイナホという女の子が典型的なオタク女子で、あまりにステレオタイプな感じでいちいち面白いんです。

レイヤーの話とか入れてくる辺りのセンスの良さよ…。

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

商魂の逞しさはしっかり映画の中でも機能していて、目玉となるメダルが出てきたり、ハワイとタイアップしている関係で「ワイハーリゾート」なる場所も出てきます。

この辺はある意味潔いというか「結構欲しいかも笑」と思わせてくれるので見ていて楽しいものです。

お子さんがいる親御さんだとねだられて辛いかもですが


(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

何はともあれ、前作でも同じこと記事に書きましたが妖怪ウォッチは大人も子供も楽しめるコンテンツなのです。本作も同じ。

感動できるという意味で映画単発の価値はもちろん、一緒に見る人と笑顔になれるという意味で本当に素晴らしい作品であり、オススメできる映画です。

映画ファンの方はお正月はスターウォーズでお忙しいかもしれませんが、息抜きで是非本作もチェックしてみてはいかがでしょうか。


全国子どもたち巻き込みながら大ヒット公開中です!

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

どんな映画?

街で見知らぬ少年を助けたことで死んでしまったケータが、とり憑いた人間を「普通」にしてしまう妖怪「フウ2」になってしまう姿を描いたエピソード1「ケータくんが死んじゃった!? ケータ改め、妖怪フウ2の誕生!」、8年後の未来にタイムスリップしたジバニャンが、生前の飼い主だったエミちゃんを街で見かけ、助けようと奔走するエピソード2「ジバニャン、未来へタイムスリップ! エミちゃんをハッピーにするニャン大作戦!!」ほか、5つのエピソードが描かれ、最後のエピソードではエンマ大王の秘密が明らかにされる。


公式HP
http://www.eiga-yokai.jp/


予告編