『ミケランジェロ・プロジェクト』の原作で登場した美術作品をまとめてみる! - Cinema A La Carte

『ミケランジェロ・プロジェクト』の原作で登場した美術作品をまとめてみる!

(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

いよいよ11月6日から公開となる『ミケランジェロ・プロジェクト』。この映画は史実を元にしています。今回は本作を美術史的な切り口から探求してみたいと思います。



本作は美術史好き必見のアートオンパレード映画!

『ミケランジェロ・プロジェクト』は第二次世界大戦下に、ナチスドイツが奪った美術品の数々を取り戻すべく活動した部隊「モニュメンツ・メン」を描いています。

『ミケランジェロ・プロジェクト』感想、誰もが楽しめるテイストで彩られた歴史の知られざる一幕に驚きを感じる


そんな「モニュメンツ・メン」が救った美術品は誰もが知っているものも多数。ざっくりとピックアップしてみることにしましょう。



※「=」の後ろは作者になります。

・ゲントの祭壇画(神秘の子羊の礼拝) 
=フーベルト・ヴァン・エイク&ヤン・ヴァン・エイク

・マルグリート
=アンリ・マチス

・タンバリンを持つ踊り子 
=アンリ・マチス

・占星術師 
=ヤン・フェルメール

・ブリュージュの聖母像 
=ミケランジェロ

・モナ・リザ 
=レオナルド・ダ・ヴィンチ

・最後の晩餐 
=レオナルド・ダ・ヴィンチ

・夜警 
=レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン

・ダヴィデ 
=ミケランジェロ

・祭壇飾り(祭壇画) 
=ファイト・シュトス

・白貂を抱く貴婦人 
=レオナルド・ダ・ヴィンチ

・サモトラケのニケ
=スコパスの弟子

・メデューズ号の筏 
=テオドール・ジェリコー

・村祭り(ケルメス) 
=ピーテル・ブリューゲル

・黄金時代 
=ジャン・オーギュスト・ドミニック・アングル

・母の肖像 
=ジェームズ・マクニール・ホイッスラー

・キリストと姦婦 
=ヤン・フェルメール

・真珠の耳飾りの少女 
=ヤン・フェルメール

・若い男の肖像 
=ラファエロ・サンティ

・画家のアトリエ 
=ヤン・フェルメール

・ホメロスの胸像を見つめるアリストテレス 
=レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン

・受胎告知
=ロベルト・カンピン

・レンブラントの自画像 
=レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン  

・ピエタ 
=ミケランジェロ  

・黙示録 
=アルブレヒト・デューラー

・監獄の聖パウロ 
=レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン

・善きサマリア人のいる風景 
=レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン



以下作者不明のもの

・カール大帝の胸像

・ラ・グレーズの聖母像

・プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘイムの青銅の棺

・バイユー・タペストリー

・アトラスの胸像

・ロタール二世 行列用十字架

・聖母マリアの聖遺物箱



美術史知識の程度の差こそあれ、あのモナ・リザや最後の晩餐なども「モニュメンツ・メン」が救出をしたのです。彼らの舞台は「何で文化遺産の救出なんてするんだ」と揶揄もされましたが、今となっては素晴らしい功績であったことは自明の理です。

そんな「モニュメンツ・メン」を描いた『ミケランジェロ・プロジェクト』は11月6日からいよいよ公開となります!


『ミケランジェロ・プロジェクト』感想、誰もが楽しめるテイストで彩られた歴史の知られざる一幕に驚きを感じる