『マイ・インターン』は『プラダを着た悪魔』の続編ではありません、が『プラダを着た悪魔』の続編小説は発売されています - Cinema A La Carte

『マイ・インターン』は『プラダを着た悪魔』の続編ではありません、が『プラダを着た悪魔』の続編小説は発売されています

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

『マイ・インターン』は『プラダを着た悪魔』の続編? いえいえ違います。でもどちらも素晴らしい作品なので必見ですよ!


当ブログの『マイ・インターン』記事







『マイ・インターン』に悪魔は出てきません!

10月10日から公開中の、アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロ共演作『マイ・インターン』。アパレル企業のCEOである女性が40歳年上のシニアインターンの男性と関わっていくことで成長する姿を描いた本作は、同じくアン・ハサウェイ主演の映画『プラダを着た悪魔』と少しテイストが似ている作品です。

宣伝文句に『プラダを着た悪魔』をよく使っていることなどから、『プラダ〜』の続編だと思っている人は少なからずいる様子。ですが、『マイ・インターン』は『プラダを着た悪魔』の続編ではありませんし、全く違うお話となっています。

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED


『プラダを着た悪魔』の続編小説はある! 

『プラダを着た悪魔』はアメリカの小説家ローレン・ワイズバーガーが2003年に出版した同名小説を映画化したものです。

作者自身が過去にファッション誌『VOGUE』の編集長アシスタントをしていたことがあり、そのときの体験を基にして『プラダ〜』を書いたそうです。原作・映画共に、主人公アンドレアと同世代の女性を中心として高い人気を誇っています。

実はこの小説、2013年に続編が出版されていました。その名も『プラダを着た悪魔 リベンジ!』(原題:Revenge Wears Prada: The Devil Returns)

主人公は一作目と同じくアンドレアで、あの鬼編集長ミランダもしっかり登場します。


[原作]
[続編]

『マイ・インターン』が『プラダを着た悪魔』の続編との混乱を見て、「プラダの続編とかねえからw」という声もありますが、続編に関してはこのように存在はしています。映画化に関してはまだ噂しか出ていないので決定はしてないのかもですね。

したらまあ絶対見るわけですけれども。


『マイ・インターン』はぜんぜん違うお話だけれども

『プラダを着た悪魔』が、理不尽な上司に振り回されながら奮闘する女性の姿を描いているのに対し、『マイ・インターン』は、社会人として成功を収めている女性が家族や周囲の人と改めて向き合っていく様を描いています。

ということで、『プラダを着た悪魔』と『マイ・インターン』はストーリー的にもまったく関係ない作品なわけです。しかし、どちらも傑作であることに変わりありません。

特に『マイ・インターン』は、女性が社会進出し成功した場合に出てくるであろう問題や、現代の男性が忘れがちな紳士像といった点にも触れており、より現代的で、多くの人の共感を得やすい作品と言えます。

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

自分たちの身の回りでも起こりそうな事件とともに物語が進んでいくので、登場人物への感情移入もしやすいです。意外とコミカルだったりハラハラするような場面もあるので、きっと退屈することはありませんよ。

なにかを頑張ろうと打ち込んでいる女性は、この作品にとても勇気づけられることでしょう。また男性も「女性に負けずに俺も!」という気持ちになったり、日々頑張っているパートナーへの理解が深まるきっかけになるかもしれません。

若い人なら「将来こんなオフィスで働きたい」と理想を膨らませたりもするでしょうし、お歳を召した方ならロバート・デ・ニーロ演じるベンに共感を抱くかも。

性別・年齢を問わず、ぜひ多くの人に見てもらいたい作品です。


written by ayako&shuhei