『マジック・マイクXXL』感想、脱いで、踊って、魅了して [ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『マジック・マイクXXL』感想、脱いで、踊って、魅了して [ネタバレなし]

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT,LLC

10月17日公開、ストリッパーたちの物語第2弾『マジック・マイク XXL』をお先に鑑賞させて頂きました。脱いでます!踊ってます!魅了してます!大丈夫です、履いてます!

スコア

◯私的満足度
★★★☆☆(3/5)
=『マジック・マイク』の続編としてゆるーく楽しんだ!

◯ファミリーオススメ度
★☆☆☆☆(1/5)
=マッチョがTバック一枚まで脱いでますので・・・笑

◯子供オススメ度
☆☆☆☆☆(0/5)
=R15指定なので良い子はダメよ!

◯友人オススメ度
★★★☆☆(3/5)
=かるーく楽しみましょう。脱いでますので。

◯デートオススメ度
★☆☆☆☆(1/5)
=脱いでますので・・・笑

◯映画リピーターオススメ度
★★★☆☆(3/5)
=ロードムービーとして普通に楽しめる。ただし最後はひたすら脱いで腰を振ってる笑

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT,LLC

感想「脱いでますけど履いてます!」

今回の『マジック・マイクXXL』は前作『マジック・マイク』の続編であり、マイクが引退してから3年後の復帰への道筋を描いています。かつての仲間たちと道中で出会いながらコンテストを目指していくロードムービーとなっています。

いったん引退してからの復活への道✕ロードムービーということでチャニング・テイタム演じるマイクの内面への迫っていく続編となっています。

と、ストーリーに関して色々と言及できるには出来るのですが・・・



「あの!」

「あの!!」

「あの!!!」

『マジック・マイク』の続編ですので、ストリッパー映画として見る姿勢がまあ当然でありまして、私は男性ではありますがここはもう開き直って


「イケメンマッチョの裸ふぅ〜!!」


というテンションで最初からマインドセットをして見ました。



結果的にはそのマインドセットで見たことは何の問題もなく楽しめました。ロードムービー、コンテストへの道中イケメンマッチョたちがすることは非常に明快!


脱ぐ!

踊る!

語る!


もう一度言います。


脱ぐ!

踊る!

語る!


ストリッパーなので女性たちに密着して興奮させたり、腰を振りまくったりするわけですが・・・


安心してください。

履いてます。最後の一枚は履いてます。大丈夫です!(何が)


ストリッパーである以上エロさは全開なわけですが、下品な感じは全くしないのですショービスですからね、明確には。

映画としてはそのダンスを楽しむのが吉。前作ではダンスが合間合間に映画を彩りましたが今回も健在!

それだけではなく、クライマックスで前作以上にがっつりとショー(ダンス)を見せつけてくれます。これがまあ際どい際どい!もうね、脱いで、踊って、魅了してです。でも最後の一枚はちゃんと履いてますのでご安心を!(だから何を)


と、ふざけたように書いておりますが前述の通りロードムービーでありマイクの内面や仲間たちとの友情の深め合いを見てからのこのクライマックスのショーなのでしっかりと中身を伴い、マイクたちが何を考え今それをしているかがわかるのです。

そこが良い!それが良い!


というように映画的ストーリーとしてもしっかりコーティングされている本作。その面でも楽しめます。

が、まあやっぱ楽しむのはイケメンマッチョの身体でありダンスであり腰振りでしょう。イケメンマッチョ好きの女性のみなさん!是非劇場でキャーキャー言いながら楽しんじゃいましょう!

前作を復習してからの鑑賞がオススメです。


どんな映画?

男性ストリップの世界を人気俳優チャニング・テイタム主演で描いた全米ヒット作「マジック・マイク」の続編。伝説のダンスパフォーマー、マイクが引退してから3年が経った。マイクはかつての仲間たちや新たな友人と出会いながら、再びステージに立つべくマートルビーチのダンスコンテストに向かう。道中で様々なトラブルに巻き込まれながらも、一行は鍛え抜かれた肉体美とサービス精神で行く先々の女性たちを魅了していく。


公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/magicmikexxl/


予告編


written by shuhei