『キングスマン』の義足の殺し屋ガゼルを演じたソフィア・ブテラって何者? - Cinema A La Carte

『キングスマン』の義足の殺し屋ガゼルを演じたソフィア・ブテラって何者?

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

『キングスマン』で義足の女殺し屋ガゼルを演じたソフィア・ブテラ。『スター・トレック』最新作にも出演決定してノリに乗ってる彼女の魅力を紹介します。

ソフィア・ブテラって誰?

1982年4月3日生まれのアルジェリア系フランス人。
ジャズ・ミュージシャンの父親と建築家の母親との間にアルジェリアで生まれました。
5歳からダンスを習い始め、10歳の時に家族でフランスに移住してから本格的にヒップホップダンスとストリート・ダンスを学びます。アメリカの名門バークリー音楽大学を卒業後、ダンサー・女優の活動を開始。
2001年から音楽PVやテレビ番組の出演など、地道にキャリアを積んでいきます。



2005年からマドンナのダンサー・チームに参加、2012年までツアー・ダンサーの中心メンバーとして活躍。
「Hung up」のビデオの始めの方でエクソシストばりのブリッヂで階段を降りているのが彼女です。


別のビデオでは、ダンスシーンは少ないけれど出演メンバーに選ばれていたり、
Madonna - Sorry

同僚の日本人ダンサー、ケント・モリと同様に彼女もマイケル・ジャクソンの最後のコンサート「This Is It」のオーディションに合格したにも関わらずマドンナとの契約で参加できなかったメンバーの1人でもあります。
相当なお気に入りだったんでしょうね。

その後もクリス・ブラウンやNe-Yoのバック・ダンサーを務め、マイケルが亡くなってから製作されたPV「Hollywood Tonight」で主役のダンサーとしてマイケルばりのキレのあるダンスを披露しています。

2012年からは女優として活動を開始。『キングスマン』は本格的なハリウッド・デビュー作になります。

そして来年2016年公開予定の新スター・トレックシリーズの第3弾「Star Trek Beyond(原題)」にメインキャストの 1人に抜擢されました。撮影自体もまだ始まったばかりなので詳細は不明ですが主要人物になるとのこと。日本公開が楽しみですね!


しなやかさと力強さが両立する身体

メインキャストとしての出演作はまだ数本しかないので、演技力はまだまだ未知数なところですが、
『キングスマン』を観てるだけでもわかるのは彼女の身体能力の高さ。

彼女はフランスに渡った時にダンスと並行して新体操も始めていて、18歳でフランス選抜チームの1人に選ばれた経歴の持ち主。『キングスマン』の撮影時に習得したボクシングやテコンドーと柔軟性の合わせ技で、今までにないアクロバティックな戦闘シーンを観ることが出来ます。

マドンナのPVやコンサートの映像を観てると表情が豊かでダンサーの中でも一際目立っているので、表現力も注目して欲しい!

長年キャンペーンモデルを務めていたNikeのCM。彼女の身のこなしがよくわかる。




このままアクションスターとなっていくのか、演技力が開花して演技派女優になっていくのか?今後が楽しみです!

映画『キングスマン』公式サイト
http://kingsman-movie.jp/

written by namiko