映画『プライドと偏見』、気品溢れる18世紀イギリスを舞台に描かれるのは、いつの時代も変わらない人間の気持ち[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

映画『プライドと偏見』、気品溢れる18世紀イギリスを舞台に描かれるのは、いつの時代も変わらない人間の気持ち[ネタバレなし]


(C)2005 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.

ジョー・ライト監督の傑作恋愛映画『プライドと偏見』を紹介! 普遍的な恋愛模様とキーラ・ナイトレイ演じる主人公に、誰もが魅了されるはず!


どんな映画?

2005年のイギリス映画『プライドと偏見』は、18世紀イギリスの田舎町を舞台に、5人姉妹の次女であるエリザベスと上流階級の青年ダーシーの恋愛模様を中心に描いた作品です。

18世紀の〜なんて言うと「なんか堅苦しそうな映画だなー」と思うかもしれません。しかし本作では、さまざまな恋愛・結婚の形を上品に、時にコミカルに描いており、時代は違えど現代に生きる私たちが共感できる部分もたくさん見えてくるのです!

[原作『高慢と偏見』]

主人公のエリザベスは、中流階級に属するベネット家の5人姉妹の次女ですが、この5人姉妹というのが本作のポイントの一つです。というのも当時のイギリスは男尊女卑社会で、女性には相続権が与えられていませんでした。つまり、もしベネット家の父親が死んでしまったら、5人姉妹と母親は家も財産も失い、路頭に迷うことになるのです。なのでこの5人姉妹の母親は、娘たちをはやく結婚させようといつも必死!

でも主人公のエリザベスはそんなのお構いなし! マイペースに「自分が愛せる人が現れるまでは結婚しない」と宣言しています。こうして母親の心労は募るばかり……。

そんなベネット家の近所に、資産家で独身の青年ビングリー氏が別荘を借りて引っ越してきます。金持ちの独身男がやってきたと聞いて、母親やミーハーな妹たちは大興奮! さらに、ビングリー氏を歓迎する舞踏会で長女のジェーンがビングリー氏といい雰囲気に! 母親はもはやテンションMAX!!

そんな中、エリザベスはビングリー氏の友人である資産家のダーシー氏と出会います。しかしこのダーシー氏、とっても無愛想なうえ非社交的でヤな感じ。さらに彼が自分のことをバカにするような発言をしているのを聞いてしまったエリザベスは、「いくらお金持ちでも、あんな人とだけは絶対に結婚したくない!」と思うのでした……。

というのが本作の導入部分で、ここからエリザベスとダーシーのすれ違いの物語を中心として映画が展開していきます。

©2005 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED


エリザベスの結婚観と当時の結婚

あらすじでも書いた通り、18世紀のイギリスは男尊女卑社会でした。なので女性が遺産相続のため、たとえ好きでなくても条件の良い(そこそこ金持ちの)相手にプロポーズされれば、それを喜んで受けるというのは普通にあることでした。

名前は伏せますが、本作でもそのパターンで結婚するキャラクターが出てきます。当時においてそういった結婚は、なにもおかしなことではありません。現代に生まれて良かった……。

しかし主人公であるエリザベスの結婚観は、非常に現代的です。「愛せる相手でないと結婚しない!」という信念を持ったエリザベスの姿は、本作の中では非常に際立って見えます。現代人である私たちは、そんなエリザベスの姿に「うんうん、あんなポンコツとなんて結婚したくないよね〜」と共感し、当時の“普通”に逆らう彼女を応援したくなるのです。

そして映画を見終わったときには、満足感を得ると同時に「私もあんな恋愛/結婚がしたい!」という気持ちになるでしょう。


冴え渡る演出、上品な音楽、そして美しいキーラ!

登場人物の気持ちの変化がキーとなる本作。その心情描写にも注目してみると、より作品を楽しめるかもしれません。

監督のジョー・ライトは、キャラクターの気持ちをセリフではなく目線や手の動きで語らせる演出を得意としています。なので、人物の目線や手の動きに注目してみると「ここの手のアップって、こういうことかな?」など、自分でいろいろ想像しながらストーリーを追っていくことができます。

こういった繊細な演出を、ダリオ・マリアネッリの上品な音楽がより引き立てていきます。本作のサウンドトラックはピアノをメインとした大人しめなスコアがほとんどですが、作品を引き立てつつも印象に残るメロディもあるという、絶妙なバランスになっています。

[サウンドトラック]

そして本作を語る上で欠かせないのが、主演のキーラ・ナイトレイ!上品さのある顔立ちの彼女は、本作のような時代物の登場人物が本当によく似合います。自分の確固たる信念を持っている点など、キーラ本人とエリザベスが被る部分もあって、これぞまさに嵌り役!

キーラ・ナイトレイ主演×ジョー・ライト監督のタッグは『つぐない』『アンナ・カレーニナ』でも見ることができるので、そちらも一緒にチェックしてみてはいかがでしょう。

史上最も美しい悲劇映画、ここに!!『アンナ・カレーニナ』 【映画紹介/2013年公開作】


タイトルの“プライド”と“偏見”

タイトルの『プライドと偏見』、これはそれぞれ「ダーシー=プライド」「エリザベス=偏見」を表しています。すでにご覧の方なら分かると思いますが、この二人の“プライド”と“偏見”、誰しも自分の人生で思い当たる節があるのではないでしょうか?

ダーシーにどういうプライドがあったのか、エリザベスがどんな偏見を持っていたのか……それは実際に映画を見てのお楽しみ!(笑)


[DVD/Blu-ray]


written by ayako