『ピッチ・パーフェクト2』の楽曲紹介(スタートアップ編)、あなたは何曲歌える? - Cinema A La Carte

『ピッチ・パーフェクト2』の楽曲紹介(スタートアップ編)、あなたは何曲歌える?

(C)Universal Pictures

10月16日(六本木のみ10月9日)に全国上映が始まる『ピッチ・パーフェクト2』!知っているともっと楽しめるアカペラナンバーをネタバレしない様に絞りに絞って紹介します!

前作の『ピッチ・パーフェクト』から3年後を描いた今作では、曲の数もアカペラアレンジもますますパワーアップ!今回は公開前に知っていると更に映画を楽しめる6曲を厳選しました。

オリジナルを知ってる人は観る前のおさらいに、輸入版DVDで一足早くアカペラバージョンを聴いた人も
比べてみるとアレンジの巧みさが改めてわかりますよ♪

先取りオリジナル使用楽曲6選!

Icona Pop - We Got The World
アナ・ケンドリック演じるベッカが率いる「バーデン・ベラーズ」が大統領の誕生日式典で披露するナンバーの最初はスウェーデンのポップ・デュオ「アイコナ・ポップ」の1曲。


MIKA - Lollipop
ベッカのボーイフレンドが所属しているベラーズのライバルグループ「トラブルメーカーズ」が歌うのはイギリスのシンガー・ソングライター「ミーカ」の曲。ポップなこの曲が男性アカペラとひねりの効いたアレンジは相性抜群!


Muse - Uprising
ベラーズ最大のライバルとなるドイツのアカペラ軍団「ダス・サウンド・マシーン」は
イギリスの人気ロックバンド「ミューズ」の曲。轟音ギターのこの曲をどうアカペラアレンジするのか!?  

Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Together
アカペラグループ対抗リフ・オフ(テーマに沿って歌い、相手の歌の単語に合わせて次の曲を歌う音楽しりとり)でベラーズが歌うのは「テラスハウス」でもおなじみのテイラー・スウィフトのヒット曲。
ネタバレになってしまうのでテーマは言えませんが、テイラー、ちょっとしたネタにされてます(笑)

Journey - Any Way You Want It
ベラーズが優勝を目指す世界大会でカメオ出演しているのが、グラミー賞も受賞したアカペラ5人組「ペンタトニックス(Pentatonix)」。彼らがデビューのきっかけになったアカペラ・オーディション番組出身のグループ達と交互に歌うのは、日本でも朝の番組でおなじみのジャーニー。これだけでも鳥肌ものです。
映画ではちょっとだけの登場のペンタトニックスの動画も合わせて紹介します。



Jessie J - Flashlight
作中唯一のオリジナル曲。制作チームにグラミー賞主要4部門を制覇したサム・スミスと、同じくノミネートされたオーストラリア出身の女性アーティスト・シーアが参加しています。
ベッカ達の世界大会優勝への鍵を握るこの曲は映画を観る前と観た後では違った印象になると思います。
こちらはイギリスの歌手ジェシー・Jが歌うポップス・バージョン。アカペラ版は映画を観てのお楽しみ♪

アカペラバージョンはぜひ劇場で!

まだまだ紹介しきれない歌がたくさんあるけれど、これ以上はお話がわかってしまうのでここまで。
アメリカでヒットしたあんな曲こんな歌、音楽や圧巻のパフォーマンスだけでなく、女の子達の友情も見所です。
映画館でぜひ堪能してください!!

『ピッチ・パーフェクト2』公式サイト


関連記事

前作『ピッチ・パーフェクト』記事

アカペラよりカップが気になった人向け

written by namiko