「Sir Thomas LIPTON新製品発表会」へ潜入!〜紅茶を見ながら優雅に楽しみたい映画についても考えてみる〜 - Cinema A La Carte

「Sir Thomas LIPTON新製品発表会」へ潜入!〜紅茶を見ながら優雅に楽しみたい映画についても考えてみる〜


Pen編集部よりご招待いただきまして「Sir Thomas LIPTON新製品発表会」へ参加してきました。いつもの映画とは全然違うイベント、とても楽しませて頂きました。


新製品が発表された

"Sir Thomas LIPTON"はお馴染みのリプトンシリーズの中でプレミアムブランドに位置づけます。一流ホテルなどへも茶葉を提供しているブランドですね。

そんな"Sir Thomas LIPTON"が新しく複数の商品をリリースしました。


具体的には茶葉、ロイヤルミルクティーパウダー、そしてチルドカップ製品です。






https://www.sirthomaslipton.jp/product/lineup/


お洒落な発表、体験できたセミナー


今回の会場は帝国ホテル。到着すると豪華でお洒落なパネルがお出迎え。



オープニングはサンドアートの方によってリプトンの歴史が表現されました。



美しい。



トーマス・リプトンの人柄や歴史についても色々と。



2つの紅茶を試飲。紅茶にだけ向き合ってしっかり飲むのが久々で取材しながらとてもリラックスをしました。



記者会見後はミニセミナーを実施。日本に一人しかいないマスターブレンダーの江間俊也さん自ら紅茶をブレンドすることをご教授くださいました。

以下のように実験のようなラインナップ。繰り返しますがここは帝国ホテル。



各紅茶の特性、匂いの区別の仕方や味わい方などを教えてくださいました。「空気を入れながら飲む」というのがとても印象的でした。



そしてお土産にこんな素敵なものを頂きまして・・・ありがとうございました!


フィールド外だからこそ様々な発見や刺激が

私は基本的に「映画」のフィールドで生きているので、紅茶の記者会見やセミナーなどは初めての参加でした。

単純に紅茶に関して詳しい知識を持ちあわせていなかったので色々と視野が広がりました。

紅茶やコーヒーはあまりに日常的で、「味わっているふり」はしつつもここ数年ちゃんと味わっていなかったなと改めて痛感しました。

いつも優雅に生きてるわけでは無いですが、時間の流れを忘れて紅茶の香りと味を楽しむリラックスタイムをしっかりと設けようと思った次第です。


紅茶を見ながら優雅に楽しみたい映画

ここはCinema A La Carteなので映画と絡めずに終わらせるわけにはいきません。ということで映画と無理やり絡めてみましょう。

「紅茶を見ながら優雅に楽しみたい映画」を考えてみます。

個人的見解まで書くととんでもない量になりそうなので作品紹介と概要を中心に。


・『メリー・ポピンズ』
ウォルト・ディズニー製作による傑作ミュージカル。やんちゃな子供たちの元に、風に乗ってやって来た不思議な家庭教師メリー・ポピンズ。優しくて美人で、おまけに魔法まで使えるメリーに、子供たちは大喜び。ところが彼らのパパは型破りな彼女を快く思わず……。メリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースがアカデミー主演女優賞を獲得。また同歌曲賞を受賞した「チム・チム・チェリー」をはじめ、物語を彩る名曲の数々も魅力。
参照:http://eiga.com/movie/29932/

メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]



・『マイレージ、マイライフ』
「JUNO/ジュノ」でアカデミー賞を受賞したジェイソン・ライトマン監督が、ジョージ・クルーニーを主演に描くヒューマンドラマ。リストラ請負人のライアンは、飛行機で全米を飛び回り、リストラ対象者に次々クビを言い渡す日々。出張の副産物・航空会社のマイレージも貯まる一方で、彼はいつしか1000万マイル獲得を目標に定め今日も前向きに機上の人となる。ところがある日、コスト削減のため出張は一切禁止という命令が下り、彼の野望に暗雲がたれこめる。参照:http://eiga.com/movie/54872/

マイレージ、マイライフ [Blu-ray]




・『ターミナル』
スピルバーグ監督とトム・ハンクスが「プライベート・ライアン」「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」に続き3度目の顔合わせを果たした感動ドラマ。東ヨーロッパの小国からニューヨークの空港に着いたナボルスキーは、祖国で起きたクーデターのためパスポートが無効になり入国を拒否される。だが、彼にはどうしてもニューヨークで果たさなければならないある誓いがあった。彼は入国を目指して空港内に住み着き、さまざまな人々と出会っていく。
参照:http://eiga.com/movie/1193/

ターミナル [Blu-ray]




・『ラブ・アクチュアリー』
「ブリジット・ジョーンズの日記」「ノッティング・ヒルの恋人」「ビーン」の脚本家兼製作者リチャード・カーティスの監督デビュー作。クリスマス間近のロンドンを舞台に、英国首相からプータローまで、老人から11歳の少年まで、さまざまな職業と年齢の男女19人が織りなす群像ラブ・ストーリー。米国大統領役のビリー・ボブ・ソーントン、老いた元ロックスター役のビル・ナイ、店員役のローワン・アトキンソンなど個性派俳優も共演。参照:http://eiga.com/movie/1115/
ラブ・アクチュアリー [Blu-ray]



・『ショコラ』
冬のある日、フランスの小さな村に謎めいた女性ビアンヌが娘を連れて越してきた。母娘は村人が見たこともないような美味しそうなチョコレートであふれた店を開く。客の好みにピタリと合わせて勧められるチョコレートは人々を虜にし、村人はカトリックの断食期間にも教義に反しチョコレートを食べていた。村の指導者レノ伯爵はその事実に愕然となり、ビアンヌを村から追放しようとする。そんな時、ジプシーの青年ルーの船が村にやってきた。参照:http://eiga.com/movie/1333/

ショコラ [Blu-ray]


という感じで紅茶に合いそうな素敵な世界観の映画を合わせて選んでみました。参考になれば幸いです。


以上、リプトンのレポ+紅茶に合いそうな映画紹介でした。


written by shuhei