世界で初めて女性への性転換手術を受けたデンマークの画家リリー・エルベを描く『リリーのすべて』予告編解禁!エディ・レッドメイン主演! - Cinema A La Carte

世界で初めて女性への性転換手術を受けたデンマークの画家リリー・エルベを描く『リリーのすべて』予告編解禁!エディ・レッドメイン主演!


先行レビュー掲載済み


(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

世界で初めて女性への性転換手術を受けたデンマークの画家リリーエルベを描く『リリーのすべて』の予告編が解禁されました!『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインが演じます!


『リリーのすべて』とは?

世界で初めて女性への性転換手術を受けたデンマークの画家リリーエルベを描く映画です。

男性リリーエルベと女性ゲルダ・ゴットライプのカップルは結婚し幸せな夫婦生活を過ごしていましたが、あることから女性という性に目覚め愛する男性ができ・・・そして性転換手術へ挑戦をし、女性になりました。

伝記映画であり、トランスジェンダーを題材としており、アカデミー賞のノミネート候補の1つなのは間違いありません。


2/29追記)
アカデミー賞主演男優賞、助演女優賞等にノミネートされ、アリシア・ヴィキャンデルが助演女優賞を受賞しました。

世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いた伝記ドラマ。1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。ゲルダも当初はそんな夫の様子に戸惑うが、次第にリリーに対する理解を深めていく。

公式HP


予告編



『英国王のスピーチ』でアカデミー賞監督賞を受賞、『レ・ミゼラブル』という傑作も生み出したトム・フーパー監督の最新作です。




『レ・ミゼラブル』にも出演したエディ・レッドメインが主役を演じます。ちなみにエディ・レッドメインは第87回アカデミー賞で『博士と彼女のセオリー』の演技で主演男優賞を受賞しています。
(C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

リリー・エルベの壮絶な人生

リリー・エルベの人生を調べると壮絶であったことが容易に想像できます。

・本名はエイナル・モーゲンス・ヴェゲネルで、リリー・エルベは女性としての名前

・女性であるゲルダ・ゴットライプと結婚

・ゲルダの絵のモデルで女性の服装を身にまとい、そこから目覚めた

・ゲルダはリリーが女性になりたいと思った後も支え続けた

・1930年から1931年にかけて5回に渡る手術を受ける

・睾丸摘出手術、陰茎の除去、卵巣の移植手術、拒絶反応による卵巣の再摘出手術、そして新たな卵巣移植手術などを得て母としての体になった

・1930年にデンマーク国王クリスチャン10世がリリーとゲルダの婚姻を無効とした


などなど。トランスジェンダーは当時では到底受け入れられる状況ではなかったのでしょうね。

http://wellcomeimages.org/indexplus/image/L0031864.html

ちなみに原作は2001年に出版されたデイヴィッド・エバーショフの著作です。こちらの映画化ということになります。

3/10追記)
原作は未読ですが、史実と異なる部分は映画なので当然あるかなと。おそらくクライマックス付近は史実と異なります。ただし映画的に見事なクライマックスでした。

『リリーのすべて』感想、究極で、親密で、美しいラブストーリー

written by shuhei