『キングスマン』、アンブレラシアターを体験!臨場感満点大迫力のアンブレラ! - Cinema A La Carte

『キングスマン』、アンブレラシアターを体験!臨場感満点大迫力のアンブレラ!

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

9月11日にいよいよ公開となる『キングスマン』。公開に先駆け、六本木ヒルズでキングスマンたちが常に携帯しているキーアイテム「傘」にちなんでアンブレラシアターが設置されていたので早速体験してきました。


『キングスマン』とは

「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作によるスパイアクション。表向きは高級スーツ店だが実は世界最強のスパイ組織「キングスマン」で活躍する主人公ハリー・ハートをファースが演じ、ハリーに教えをこう若きスパイのエグジーに、新星タロン・エガートンが扮する。その他、マイケル・ケイン、マーク・ストロング、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、スパイ組織「キングスマン」の一員として活動しているハリー。ある日、組織の一員が何者かに殺されてしまい、その代わりに新人をスカウトすることになる。ハリーは、かつて命を助けてもらった恩人の息子で、密かにその成長を見守っていたエグジーをキングスマンの候補生に抜擢する。一方その頃、頻発する科学者の失踪事件の首謀者ヴァレンタインが、前代未聞の人類抹殺計画を企てていた。

参照:http://eiga.com/movie/81623/


投稿済みのレビュー
世界一センスの良い殺し合い!映画『キングスマン』感想、最高かよ!?祭りかよ!?


予告編



アンブレラシアターとは

「アンブレラシアター」とは、傘の布地をスクリーン用のものに張り替え前方にある映写機から投影される画像を傘を開き間近で見られるというものです。同シアターは3日限定の公開でした。


実際体験してみると

まず、装備というか仕様の関係上、傘は若干重め。片手で持ち上げようとするとけっこうずっしり。両手で扱った方がいいかもしれません

傘を目の前で開くので、スクリーンは近かったです。音は足元のスピーカーから流れてきます。ちゃんと映写機を正面に捉えないといけないし、若干見づらいものの、迫力は十分でした!



流れる映像

流れる映像は約3分。単純な予告編というわけではなく、本編の酒場のシーンと、終盤の戦闘シーン。コリン・ファースの格闘戦とタロン・エガートンの格闘戦。ちゃんと傘での防御シーンからの反撃シーンもありました。自分が傘を開いてる状態なので、まさに気分はキングスマン!



こういうギミックが欲しかった

映像面は映写機の正面に捉えないといけなかったり、重かったりと少し不便な点もありました。個人的には傘に武器選択やトリガーつけて、反撃シーンではトリガー引くと映像でも反応するなど連動させられたらもっと面白かったかな、と思いました。というかやりたかった。



正装で体験すればよかった

体験時、カジュアルな服装で体験してみたのですが、どうせならメガネかけてスーツでやればよかった。そしたら身も心もキングスマンという気分に浸れたのに。

『キングスマン』は9月11日からTOHOシネマズなどで公開!


written & Photographed by yukikaze