『天空の蜂』公開直前!人間ドラマが魅力、東野圭吾6作品紹介 - Cinema A La Carte

『天空の蜂』公開直前!人間ドラマが魅力、東野圭吾6作品紹介



(C)2015「天空の蜂」製作委員会

ガリレオシリーズや『白夜行』などでお馴染み東野圭吾作品。今週末の12日には最新作『天空の蜂」が公開されます。今回は東野圭吾作品の魅力を解説してきます。



『天空の蜂』

輸送用に開発されたビッグB。同機のお披露目式にハイジャックされ、日本全国の原発を止めなければ、最新式原子炉に同機を落とし原発もろとも破壊すると脅迫され、ビッグB開発者と原発のエンジニアが阻止に協力するという映画。
見所はやはりビッグBの造形と奪還方法、江口洋介、本木雅弘の演技合戦、警察の地道な努力、そして忘れてはいけない犯人の抵抗戦。


関連記事
http://www.cinemawith-alc.com/2015/08/tenkunohachi.html

『容疑者Xの献身』


福山雅治が演じるガリレオシリーズの初映画化作品。ドラマ版のようにあんまり軽くないタッチで、湯川先生が突然地面などに数式を書き出したりしません。その重さが映画を重厚にしております。この作品では湯川先生の旧友であり、唯一天才と認めた石神との頭脳戦が繰り広げられます。
(C)2008 フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS27社


『真夏の方程式』


ガリレオシリーズ第2弾。ドラマシリーズのパートナー変更に伴い、こちらも柴咲コウから吉高由里子にチェンジ。さらに映画でのヒロインに杏。舞台も伊豆であるため景色もとても綺麗です。この映画では人間ドラマが強く、犯人との頭脳戦が繰り広げられるわけでもありません。そして人間ドラマが最大の見所。特に湯川と少年の心の交流と成長からのラストは涙を誘います。

(C)2013 フジテレビジョン アミューズ 文藝春秋 FNS27社

関連記事

http://www.cinemawith-alc.com/2013/08/galileo-movie.html

『白夜行』

堀北真希と高良健吾の共演。堀北真希が清純な女性を熱演。それをずっと支えている高良健吾がとてもいい。その二人を執拗に追う刑事の執念。黒のように影をチラつかせながら、進む演出がとてもうまい。画面から伝わって来る切なさもまたいい。東野圭吾ってこういう女性を描かせたらうまいな、と思いました。
(C)2011 映画「白夜行」製作委員会


『プラチナデータ』


二宮和也の「プラチナデータ」というささやき声なセリフが話題となった作品。なんといっても二宮くんの演技がうまい。スピーディーな展開も良かったです。真実というか謎解き自体はあれですが。過程の演出はいいかと思います。
(C)2013「プラチナデータ」製作委員会


『麒麟の翼』


ガリレオと同じく人気シリーズの新参者の映画化作品。東野圭吾作品というのは全般に人間ドラマでしっかり見せるイメージ。そしてそれを完璧に表現している阿部寛。さらに中井貴一の演技もさすがで号泣した人多かったんじゃないでしょうか。
(C)2012映画「麒麟の翼」製作委員会



東野作品の最大の魅力は人間ドラマ


東野圭吾作品はほんとにミステリーでありながら、トリックだけに偏らず人間ドラマもしっかり掘り下げて描かれているところが魅力だと思います。そして映画ではそれをしっかり表現してくれている俳優陣。『天空の蜂』では江口洋介と本木雅弘を中心人間ドラマが展開されますが、他のキャラクターたちにもスポットがあたっているのでぜひとも劇場で。

written by Yukikaze