【PR】『THE LAST COP/ラストコップ』の魅力と欠点〜主人公の欠点こそ作品の欠点であり魅力〜 - Cinema A La Carte

【PR】『THE LAST COP/ラストコップ』の魅力と欠点〜主人公の欠点こそ作品の欠点であり魅力〜


この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

Huluオリジナルドラマ第一弾として配信中の『THE LAST COP/ラストコップ』、今回の記事ではこの作品の魅力と欠点を考察していきたいと思います。


映画の新着記事をfacebookで受け取る


ラストコップとは?

前回の記事の引用でだいたい説明できるのでそちらから引用を。

「30年間の昏睡から目覚めた52歳の刑事が、22歳の草食刑事とバディを組んで事件解決へ大奔走」
これでこの作品の大まかなイメージが湧くかなと思います。30年の昏睡は置いておいて、52歳と22歳でバディです。そうです、価値観なんて合うわけなく、喧嘩しまくり、ぶつかりまくり。コミカル度全開にドラマは進んでいくのです。現代に起きる数々の事件を衝突しながらも解決していく二人が痛快爽快。
そこに30年昏睡状態という時間的ブランクが生んだ数々の弊害が主人公を襲います。妻は自分の部下と結婚、娘はその部下を本当の父親と思っている、30年で変わった世の中への順応の大変さ(スマフォとか)、そして警察内でのジェネレーションギャップ。コミカル中心に描かれながらも、家族の物語はあまりに切なく昭和の男である主人公の強がりも見ていてこっちが辛くなります。
数々の刑事事件、そして家族の物語を中心に各回展開をされていきながら、30年前に彼が昏睡状態に陥ってしまった事件の真相がドラマの最終回へ向けてじわりじわりと明かされていくのもまた見ものです。
予定調和と意外性の融合、そして全開の娯楽性。見る人を選ばない、アレルギーになる人はとても少ない心地よいドラマになっているなと思いました。
参照:http://goo.gl/cngmRY

番組案内ページ
http://www.ntv.co.jp/lastcop/ 

ラストコップの魅力

さて本作の魅力はズバリ何でしょうか。

それは何よりも「京極という人間性」でしょう。

とにかく真っ直ぐ、とにかく度胸、とにかく昭和、絵に描いたようなというか絵に描いた男はあまりにぶっ飛んだキャラクターでありながら、どこか憎めずそしてたまにカッコいい。たまになのがいい。

これは唐沢寿明がぶっ飛んだ演技を持って魅力的なキャラクターを作り上げているわけですが、ぶっ飛んだ演技だけならまあ誰でもできるっちゃできる。唐沢寿明が見事なのは、ぶっ飛んだ演技をしつつ、家族に関する話では悩みや傷だらけの彼の内面を我慢を持って体現していること。

「俺は悩んでない!」

というのを表面で強がりつつ微かに見える実は悩んでる内面。その一瞬の言葉では語らない表情が見事なんですよね。それが京極の人間性を表してもいるわけです。これが何よりも魅力でしょう。

そんなキャラクターを取り巻く人物たちも彼に負けず劣らずでぶっ飛んでる。それがまたいいんです。


ラストコップの欠点

そんな『THE LAST COP/ラストコップ』の魅力ばかり書いていてもアレですので明確に「ここはちょっとね」を書きましょう。

これは「詰めの甘さ」ですね。

脚本レベルや設定レベル演出レベルで色々ゆるいんです。30年昏睡状態からいきなり走り始めるとかはコミカルでドラマらしさがありつつも中途半端に「筋力が〜」とか言っちゃうからリアルを追求するのかしないのかがわからなくなっちゃってる。追求しないならしないでいきなり病室からジャンプするとかぶっ飛んだ行動をもっと見たかったかも。

それと黒幕的な存在のアレがわかりやす過ぎましたね。『名探偵コナン』が典型ですが、敢えてわかりやすくして誰でも楽しめるようにしているのかもですが。それならわかりやすいのはむしろありですよね。なのでここは気になりつつもまあそれで良いかな。

コミカルとシリアスでバランスを取らなければいけないので、非常に難しかったと思いますし、詰めの甘さはまあ仕方ないですかね。それでも面白いので「ふざけんな!」的なあれではないです。


でもその欠点こそこのドラマらしさ

上で欠点を敢えてあげたのは文句を言いたかったからではありません。それが魅力とも思えるからです。

「詰めが甘い」

それはこのドラマの主人公京極そのものではありませんか。

曲がったことはしない真っ直ぐな人でありつつ、完璧とはかけ離れていて、時に失敗もする詰めの甘さ。作品における欠点が結果的に登場順物のそれを重なって見えるので欠点こそ魅力と言えますね。

結果論かもしれませんがそれで良いと思います。


欠点こそ魅力。

完璧なんて面白く無い。


作品も京極もそれを象徴していて素敵だなって思った次第です。


どこで見れるの?

このドラマは日テレ✕Huluのオリジナルドラマ第1弾のようですね。

見れるのはHuluのサイトです。「Huluは月額933円(税別)で、サービス内にある映画やドラマが見放題のサービス」です。

2週間は無料お試しですので、2週間以内に解約すれば完全無料。

http://www.hulu.jp/

『THE LAST COP/ラストコップ』を始めとして数々のドラマ、そして映画と出会うことができますのでみなさんも是非試してみてくださいね。

おしまい。