【PR】「こんな毎日、望んでたのだろうか」、そんな悩みのある人は『THE LAST COP/ラストコップ』で元気になってほしい - Cinema A La Carte

【PR】「こんな毎日、望んでたのだろうか」、そんな悩みのある人は『THE LAST COP/ラストコップ』で元気になってほしい


この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

Huluオリジナルドラマ第一弾として配信中の『THE LAST COP/ラストコップ』、コミカルとシリアスの融合がセンスよく成されていてとても楽しめました。今回は作品の紹介とこれを見るべき方へのメッセージをまとめたいと思います。


映画の新着記事をfacebookで受け取る


ラストコップの紹介

「30年間の昏睡から目覚めた52歳の刑事が、22歳の草食刑事とバディを組んで事件解決へ大奔走」

これでこの作品の大まかなイメージが湧くかなと思います。30年の昏睡は置いておいて、52歳と22歳でバディです。そうです、価値観なんて合うわけなく、喧嘩しまくり、ぶつかりまくり。コミカル度全開にドラマは進んでいくのです。

現代に起きる数々の事件を衝突しながらも解決していく二人が痛快爽快。

そこに30年昏睡状態という時間的ブランクが生んだ数々の弊害が主人公を襲います。妻は自分の部下と結婚、娘はその部下を本当の父親と思っている、30年で変わった世の中への順応の大変さ(スマフォとか)、そして警察内でのジェネレーションギャップ。コミカル中心に描かれながらも、家族の物語はあまりに切なく昭和の男である主人公の強がりも見ていてこっちが辛くなります。

数々の刑事事件、そして家族の物語を中心に各回展開をされていきながら、30年前に彼が昏睡状態に陥ってしまった事件の真相がドラマの最終回へ向けてじわりじわりと明かされていくのもまた見ものです。

予定調和と意外性の融合、そして全開の娯楽性。見る人を選ばない、アレルギーになる人はとても少ない心地よいドラマになっているなと思いました。


ドラマの紹介
Huluオリジナルドラマ第一弾! 物語の主人公は、凶悪犯・カグラを追いつめる過程で事故に遭い、30年間昏睡状態だった刑事の京極 (唐沢寿明)。2015年、突然目覚めた京極は復職して草食系の亮太 (窪田正孝) と捜査にあたることになるが!? 暴力・パワハラ・セクハラなんでもアリの京極に、亮太はペースを乱されまくり。一方の京極も妻の加奈子 (和久井映見) が後輩の鈴木 (宮川一朗太) と再婚し、娘の結衣 (佐々木希) が鈴木を父親だと信じているという現実に衝撃を受け…。京極役の唐沢寿明と、亮太役の窪田正孝の絶妙な掛け合いはもちろん、佐々木希や佐野史郎に和久井映見ら実力派俳優たちの競演は必見。コミカルなバディものとしても、骨太なミステリーとしても、胸を熱くする家族ドラマとしても見ごたえ満点!
番組案内ページ
http://www.ntv.co.jp/lastcop/ 



悩みがある人ならきっと解決の糸口に

「こんな毎日、望んでたのだろうか」

そんな悩みを抱えながら今現在生きている人はとても多いのではないでしょうか。そんな人にこのドラマは一筋の光を差してくれるでしょう。

悩みを抱えているとあれこれ自己啓発本だったり、セミナーだったりに頼ることも多いかと思います。それらは確かに一助となりつつもそこで享受できることは1つの意見や説に過ぎません。そこには自らの意思は伴いません。

このドラマは「こうやって生きよう」という1つの答えを用意しません。京極という不完全な男の生き様を通して私たちに「自分らしく生きるためのいくつかのヒントや刺激をくれる」ドラマなのです。みなさんの思考の手助けをしてくれるわけです。

自らの人生は自らの意思で決めるもので、みなさん自身は社会の秩序の中であればどう生きようと自由なのです。人間は考える生き物であり、秩序の中で生きるからには悩み事が生じるのは当然のこと。それは仕方ない。

しかし、もがきながらも全力で自分の信念に従って生きていく、突き進んでいく、そんな真っ直ぐな気持ちで生きれたら良いなと思いませんか。このドラマで唐沢寿明演じる京極という男はまさにそんな男です。

昭和テイストで現在社会では浮きまくりで、22歳のバディを組む窪田正孝演じる亮太 とは全く合わずで迷惑がられる。しかしそれでも彼は曲がったことはせず、結果として事件を解決したり、警察のみんなへ勇気や元気を与える存在となっていくのです。

完璧な人間は憧れに値しますが、京極という男は完璧とはかけ離れた男。しかしだからこそ、人間味が溢れていて私たちは憧れを伴わなわずに自然と彼に影響され刺激されていくのです。

仕事や家庭でもやもやを抱えている人は、「こうすべき」という大きな決断の前の小さな「こう変えてみよう」を考えるきっかけになるでしょう。また、京極は完璧ではないので完全に真似たくはなくその意味で少し心に余裕をもって「ここまではやりすぎだけど、あれは真似てみようかな」と思うきっかけにもなるでしょう。

悩みの多い若者、そろそろキャリアを考え直したい30−40代、そして親世代となる50代以上の方、みなさんそれぞれが考えるきっかけを貰える京極の生き様を是非目撃しましょう。


どこで見れるの?

このドラマは日テレ✕Huluのオリジナルドラマ第1弾のようですね。

見れるのはHuluのサイトです。Huluをご存知で無い方へ軽く説明を。

「Huluは月額933円(税別)で、サービス内にある映画やドラマが見放題のサービスです。Webで見るのでインターネット上で契約すればパソコンでもタブレットでもスマフォでも鑑賞することができます。

ちなみに登録から2週間は無料お試しですので、2週間以内に一度解約すれば完全無料で好き放題楽しむことができます。

http://www.hulu.jp/

なら「とりあえず試しに」で『THE LAST COP/ラストコップ』を始めとして使用(試用)してみてはいかがでしょうか。

ラインナップは日々入れ替えがありますので一概には言えませんが、大作から不朽の名作、ミニシアター系まで様々な映画が揃っています。海外ドラマや日本のアニメーションのラインナップも充実しており、仮に24時間365日見続けても全てを見切ることはできない作品数となっています。(日々変動するため一概に作品数は算出しにくいです)

どこでも好きに見れることは本当に魅力的で、途中で鑑賞をぶった切っても次はそこから再生してくれるのです。細かいところに手が届いています。

私的には大好きな映画はまあDVD買うので、今まで見てこなかった映画や海外ドラマとの出会いとして主にHuluを活用しています。新たな出会いは人も映画もその他も人生を良くするスパイスとなります。是非Huluをそのように人生を良くするためのスパイスとして活用してみてください。まずは2週間とりあえず試しに。

おしまい。