『ラブ&ピース』感想、「ラブ」が溢れるぶっ飛び素敵ファンタジー[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『ラブ&ピース』感想、「ラブ」が溢れるぶっ飛び素敵ファンタジー[ネタバレなし]

(C)「ラブ&ピース」製作委員会

6月27日に公開される『ラブ&ピース』をお先に鑑賞させて頂きました。園子温監督らしくもあり、らしくなくもあり、とにかくラブ溢れるぶっ飛び素敵ファンタジー映画でした!

映画の新着記事をfacebookで受け取る
 


スコア

◯私的満足度
★★★☆☆(3/5)
=終わった後この映画のことばかり考えてるからハマったんだと思う

◯ファミリーオススメ度
★★☆☆☆(2/5)
=ラブファンタジーなので家族のお話はなし

◯子供オススメ度
★★☆☆☆(2/5)
=ラブファンタジーなので子供には難しいかも

◯友人オススメ度
★★★★☆(4/5)
=終わった後歌いなが帰れます

◯デートオススメ度
★★★★☆(4/5)
=普通にオススメ!

◯映画リピーターオススメ度
★★☆☆☆(2/5)
=園子温らしくなくもあり、らしくなくもあり

◯WATCHAでレビューをチェック&書いてみる



(C)「ラブ&ピース」製作委員会

感想「超ぶっ飛んでるし、超シュールだけど、面白かった!」

どっからどう見ても社会の底辺の超ダメ男がなぜか亀を飼い始めて、亀にだけ心開くように。でも会社で亀を飼ってることを馬鹿にされてなぜか自ら亀をトイレに流してしまう。んで、亀との別れがトラウマとなり彼は精神的に蝕まれ・・・

と、「何このアホな設定」と思ったのですが、監督が園子温ときた!となると退屈極まりないグダグダな展開にはならないし、良くも悪くもとんでもない映画かもしれない!

なんて思って見たら良くも悪くもとんでもない映画でしたw

ジャンルは何なんですがねこれ、「ラブ・ファンタジー・パニック映画」ですかね?そんなジャンル無い?無いならこの映画のために生み出しましょうそういうジャンルを。

正直なめてかかったわけですが、ゲラゲラ笑って、ほっこりして、劇中歌を口ずさんで、と超楽しんじゃいました!「超ぶっ飛んでるし、超シュールだけど、ほっこりしたし面白かった!」なんて感じです。

ホントゲラゲラ笑ってしまって。だって、あれがああなってこれがああなって!後半ネタバレ厳禁展開があるので詳しくは言いませんが、とにかく笑いました!

ダメ男が歌手としてスター街道をのし上がっていく話がファンタジーテイストを含みながら展開されていく映画。長谷川博己が演じる鈴木良一が超ヘタレから超人気歌手になっていくのですが、長谷川博己の演技と歌が見事過ぎて映画を超盛り上げます。

麻生久美子が麻生久美子じゃないくらい地味な女になってるのに、麻生久美子って超いい女(私見)なので結局「地味な麻生久美子可愛い!」って謎のテンションアップもあってこの二人の恋愛模様を見ていて超楽しんじゃうわけです。

この二人の恋愛模様は最後は観客に委ねられますが、まあ最後の展開見れば推測は容易かもしれません。


この二人の恋愛模様はこの映画のメイン、と言っても差支えはないですが映画の半分を示すだけです。この映画、もう半分が超凄まじいファンタジー映画になっています。


ざっくり言えば「映画の半分は長谷川博己と麻生久美子」「もう半分は西田敏行と亀」です。


いやこれ本当にです。この「西田敏行と亀」パートは一切言及しないくらいが良いかもしれません。

超シュール設定に最初の方は (・o・) な感じで見ていましたが、慣れって恐ろしい物で後半はそのシュール設定の中の「マリア」の展開に涙を誘われる始末。んで、「西田敏行の役柄って何故にこうなってるの?」の答えには驚かされてまたじーんとくるわけです。

後半が超展開に次ぐ超展開で、真面目な恋愛云々とか吹っ飛ばしていくのでこの映画を見て真面目に何かを考えるのは不可能に近いです。

しかし映画全体が謎の優しさに包まれているんですよね。何かほっこりするんです。

そして映画を終わった後「ラブ&ピース〜♪お前を〜♪忘れない〜♪」と映画の劇中歌が脳内ループ。完全に映画に侵食される感じです。

超展開が超展開過ぎて映画のテイストやストーリーを言葉で説明するのは不可能に近いです。しかしその超展開が許容できちゃえば(一部の人ドン引きのようですがw)、「超ぶっ飛んでるし、超シュールだけど、ほっこりしたし面白かった!」となります。

真顔で見て引いたら損ですよ。せっかくの「ラブ・ファンタジー・パニック映画」です。全力で頭空っぽにして楽しみましょう!

「ラブが溢れる」の意味は映画を見ればわかります(笑)

(C)「ラブ&ピース」製作委員会

どんな映画?

ロックミュージシャンの夢に破れ、楽器の部品会社で働くサラリーマン鈴木良一。想いを寄せる同僚の寺島裕子にもまともに声をかけることもできず、うだつのあがらない日々を過ごしていた。ある日、良一がデパートの屋上で出会った一匹のミドリガメ。その亀に運命的なものを感じ、ピカドンと名前をつけてかわいがる良一だったが、会社で同僚にからかわれピカドンをトイレに流してしまう。しかし、下水道を流れていったピカドンが地下に住む謎の老人に拾われたことにより、良一とピカドンに思いもよらない展開が待っていた。
参照:http://eiga.com/movie/81545/

予告編


西田敏行パートが心にじーんとくる・・・

予告編でも少し出てますが、西田敏行のパートは完全にファンタジーで人間は西田敏行一人。あとは人形やぬいぐるみや動物たちしか出てこないんです。んで、この人形やぬいぐるみや動物たちがみんな日本語話しますwシュールw

最初は何だか意味不明なことが始まったなあと思ったりしたのですが、予期しない展開に心を打たれました。

細かくは言いません。結末そして、「マリア」の展開にじーんときます。

このパートの何が魅力的って要するに西田敏行が一人芝居をしているわけです。名優西田敏行が人形たちを前に一人芝居で、この尺は長谷川博己と麻生久美子並にあるわけなので準主役を一人芝居でこなしてるわけです。

しかもそこに西田敏行らしい人情味と言いますか、いい感じの優しさが出てるのです。とても魅力的。これ見るだけでも十分なほど。

最後の決意の元に「よし、行こう!」をあることをしに行くシーンはとてもカッコ良かったです!

憧れ…と言いたいところですが、普段は飲兵衛のじいさんな感じのキャラだったので酒に溺れない程度の老人になりたいなとは思いました(笑)



麻生久美子の「廃棄」に5億点

麻生久美子さんと言えば美人で清楚な女優さんですが、本作の麻生久美子さんは超スーパー地味女。体型も少しふっくらとさせていて世間的にモテ要素は0な感じ。でも映画の中では長谷川博己演じる鈴木良一の好きな人でヒロインです。

・・・そこがいい!!!!!!

地味なんだけど多分テレビのビフォーアフター企画とかやったら「実は超美人でした」な感じが地味に醸しだされてるのがいい!!

しかも映画の中で"廃棄"のシールを頭に自分で貼って「どうせ私なんか」的にやさぐれるシーンとかあるわけですよ。

・・・可愛い!!!!!!

この麻生久美子だけで5億点ですので、正直他はどうでも良かったり。

取り乱しました。すみません。



まとめ

超絶ぶっ飛び展開のクライマックスに気持ちが付いていかない人もいらっしゃるようでして賛否真っ二つとなっている本作。

「これは問題作だ!」とかいう意見もありますが、というか園子温監督の映画ですので問題作ですよそりゃ(笑)

見てない方には「ホントぶっ飛んでて超展開びっくりするんで見て語りましょう!」としか言えないっちゃ言えないです。

見終わった後楽しめた方とはビール片手にみんなで「ラブ&ピース〜♪お前を〜♪忘れない〜♪」って歌いたいです。

見た人と「あのシーン笑ったよね!」とか「最後はああいうことだよね?」と超大盛り上がりで語りたくなる映画『ラブ&ピース』。

気軽に語れる映画=人と見て楽しめる映画でもありますので、是非お友達やご夫婦やカップルで楽しんでみてくださいね。

『ラブ&ピース』は6月27日より公開です。おしまい。