映画『人生スイッチ』感想、6つの「怒りの衝動」ぶっ飛び物語に「顔が引きつったら負け!」[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

映画『人生スイッチ』感想、6つの「怒りの衝動」ぶっ飛び物語に「顔が引きつったら負け!」[ネタバレなし]


7月公開予定のアルゼンチン映画『人生スイッチ』をお先に鑑賞させて頂きました!6つのショートストーリーが怒りの衝動を伴ったブラックユーモア全開!顔が引きつったら負けですよー!


スコア

◯私的満足度
★★★★☆(4/5)
=どんどんエスカレートするブラックユーモアに気付いたら爆笑!

◯ファミリーオススメ度
★★☆☆☆(2/5)
=ブラックユーモアで犯罪肯定もあるからな…w

◯子供オススメ度
★★☆☆☆(2/5)
=上に同じ!

◯友人オススメ度
★★★★☆(4/5)
=終わってから語らずにはいられない面白さがあります!

◯デートオススメ度
★★★★☆(4/5)
=見ればわかる!実はオススメw

◯映画リピーターオススメ度
★★★★☆(4/5)
=アルゼンチンでアナ雪超えの興収の理由を探るべし!

◯WATCHAでレビューをチェック&書いてみる




感想、「ひえええええwwwwww」

怒りの衝動が大爆発!つまりブチ切れ行動の連続でブラックユーモアに次ぐブラックユーモア!6つのショートストーリー(それぞれ独立)が順番に展開される作品なのですが、どれもこれももう超ブラックユーモアで腰が引けそうになりますw

しかしこれはブラックユーモア!不謹慎とか言ったら負け!顔が引きつったら負けなのです!最初の方若干引きつりかけましたが、途中から乗ってきちゃって最後の結婚式エピソードとかもう爆笑しました!

アルゼンチンでは『アナと雪の女王』を押さえて9週連続NO1とかいう鬼大ヒット!このブラックユーモアはどこか癖になる面白さでしたがこれば9週連続NO1とか「アルゼンチン国民病んでるのか…?」と心配になっちゃいました^^;

物語は6つ。

1:飛行機に乗ったら乗客全員に共通点が…

2:親を死にやった男が自分が働く店に…

3:ど田舎の車がほとんど通らない道で車が故障…

4:いつどこに車を止めてもレッカー移動…

5:息子のひき逃げ事件を金でもみ消し…

6:結婚式に新郎の浮気相手が出席…

これだけにしておきましょう!

この設定だけでも相当エグいのはおわかりいただけるでしょう。

この映画の衝撃はホント言葉では伝えきれません。いや、伝える方法ありました!そう、顔文字!!!!!

感想を簡潔に言えば…

(・o・)


こんな映画ですw

6つのストーリーが短編なので飽きることは無いですし、ブラックユーモア連発の中に小さな優しさも含んでいるのでホントバランスが良いです。

この映画のような行動なんてしたら人生破滅してしまうかもしれません。なので真似はできませんが、映画だからこそできたそれを映画として楽しむ分には至福の時間でありました。

でもブラックユーモアはブラックユーモア。真面目に考えて凹んだりしちゃダメですよー!!



どんな映画?

アルゼンチンで、9週連続NO1&「アナ雪」を押さえ年間興収NO1!
小さなきっかけで人生が狂ってしまった〔普通〕の人々を、サスペンス、コメディー、バイオレンスなど違う手法で紡ぐ、本年度オスカー外国語映画賞の大本命。超話題の異色作!!
参照:GAGAプレスサイトより 

予告編

監督の意図はどこから?

この章はプレス資料を元にまとめます。

監督のダミアン・ジフロンは他の映画の脚本を書いてる時にそれぞれ単発のエピソードが思い浮かび、それらが共通するテーマ(=ブラックユーモア性?)であることに気付いたそうです。

面白そうとは思ってもこういった形式の映画では成功例がなく、どうやったらお客さんに見てもらえるか答えを出すのに苦慮したそうです。

人生において制御しきれない怒りの衝動があっても、それらは「逮捕されるかも」「返り討ちで殺されるかも」といった心配が抑制をするものです。しかし映画は映画。だったらそのストッパーを外してしまえ!と監督は思って結果的に「怒りの解放」をテーマにこの映画は6つのエピソードを織りなすようになったようです。

結果的に観客はドン引きを超えて爆笑。アルゼンチンでは9週連続1位とアナ雪超えをし、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートをされたのでした。

とにかく「映画だからこそ」できるぶっ飛んだ物語に次ぐ物語。その「映画だからこそ」をうまく使った物語は、好き嫌いあったとしてもあまりにインパクトが強くみなさんの潜在意識と顕在意識をかき乱すと思います。

私はかき乱されました。そして、何かストレスが減ったような気もします。怒りの爆発を代弁してくれたようです。公開されたらもう一度見たいと思います!


最後に海外版のそれぞれのエピソードポスターを紹介しておしまいとします。







おしまい。