『P.S.アイラブユー』紹介、死んだ夫からのラブレターが与える勇気と感動 [オススメ映画紹介][ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『P.S.アイラブユー』紹介、死んだ夫からのラブレターが与える勇気と感動 [オススメ映画紹介][ネタバレなし]



旧作おすすめ映画紹介、今回は勇気と感動を与えてくれるラブストーリー『P.S.アイラブユー』をご紹介します。

映画の新着記事をfacebookで受け取る



どんな話?

アイルランド元首相の娘セシリア・アハーンによる同名ベストセラー小説をオスカー女優ヒラリー・スワンク&ジェラルド・バトラー主演で映画化。最愛の夫を突然亡くし、家に引きこもっていたホリー。しかし30歳の誕生日に夫のメッセージが録音されたテープが届き、その後テープの予告通りに夫から消印のない手紙が届き始める……。監督・脚本は「マディソン郡の橋」の脚本家リチャード・ラグラベネーズ。
参照:http://eiga.com/movie/53243/

予告編

発売情報

Blu-ray


DVD

Hulu
2015年4月15日現在未配信

※Huluは取り扱い作品が入れ替わることがありますので上記の日程での情報になります。予めご了承下さい。

※Huluは月額1007円(税込み)で映画&ドラマ見放題のストリーミングサイトです。全てを取り扱っていなくとも、様々な映画やドラマと出会える場でありコスパは高く私も重宝しています。



iTunes
2015年4月15日現在未配信


私がこの映画を好きな理由

若くして夫が病死した妻、しかし30歳の誕生日に突然夫からのメッセージが届いて、その後立て続けに手紙が届くように・・・ん?ホラー?いやいや、これは超感動的なラブストーリーなのです。

もちそんこの手紙が届くということには仕掛けがありまして、その仕掛けを知った時これまた感動。手紙の仕掛けを暴くことは決して焦点ではないので、それ故にその仕掛けを知った時、ある人の印象が大幅に変わりました。ホント感動的。

夫が死んだ後のこのラブレター計画と夫が生きていた時の2つの話を織り交ぜながら進んでいくのですが、この映画何が良いって細かいことは置いておいて超理想的なカップルであることが良いのです。

些細な事で喧嘩をして、その後の仲直り方法だったりとか、くだらない日常とか、愛し合うフレッシュさとか、そういう決して特別ではないけれど理想的なカップルなんですよね。

それ故に、夫が超優しかったが故に死後手紙が届くわけです。夫は自らが早死することを知っていたのですね。直近の作品だと『博士と彼女のセオリー』が余命宣告を告げられたホーキングが彼女を遠ざけようとしたエピソードなんかもありました。

『博士と彼女のセオリー』感想、新たなラブストーリーの傑作ここに。ALSを患っていなかった元気な過去に戻れなくても未来の一瞬に光り輝く希望があった。

『P.S.アイラブユー』ではそこは焦点ではなく、自分の死後の妻を思って余命宣告された夫が計画を練るんですね。その過程はチラッとしか描かれないのがまた良い。感動に媚びない、これがより感動を生むんですね。

自分の愛する人が死んだら嫌ですが、もし早い別れがあるのなら『P.S.アイラブユー』のような二人でありたいなと思います。そう思うからこの映画を何回も見るのです。本当に理想的なのです。

映画もアイルランドの雄大さが美しかったり、ジョン・パウエルの音楽が優しかっったり見どころ満載。主役二人がヒラリー・スワンクとジェラルド・バトラーというラブストーリー似合わない二人なのが逆に超良かったり。

とにかく好きなんですこの映画。心地よいラブストーリーです。是非みなさんもチェックしてみてくださいね。