TOHOシネマズららぽーと富士見を見てきた!MX4Dスクリーンを含めたざっくり全体レポート! - Cinema A La Carte

TOHOシネマズららぽーと富士見を見てきた!MX4Dスクリーンを含めたざっくり全体レポート!

TOHOシネマズ ららぽーと富士見

4月10日にオープンするららぽーと富士見、4月6日の招待者限定プレオープンにてTOHOシネマズららぽーと富士見へも行ってまいりましたのでレポートを書いてみます。

映画の新着記事をfacebookで受け取る



建物内の映画館の場所は?

ららぽーと富士見に置いてあるフロアマップを元に見てみましょう。

三階の端っこ、画像で言う右上の赤い部分がTOHOシネマズららぽーと富士見です。

一階の下の青い矢印がバスターミナル側入り口なので結構端っこにあります。三階のオレンジ矢印、立体駐車場6と7からだと近いです。早朝深夜時間帯の入り口はこの立体駐車場6・7のところになりますのでご注意下さい。

ららぽーと富士見 フロアマップ

写真レポMX4Dの文字が誇らしげ

隅っこにありますが誇らしげにTOHO CINEMASと出てますので迷うことはないです。

TOHOシネマズ ららぽーと富士見


チケットカウンターは、都内のTOHOシネマズ同様に大半が自動発券機。オンライン購入していなくてもこの自動発券機で購入ができます。左の「TICKET」のところは対人窓口なのでわからなければこちらで購入しましょう。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



売店も通常のTOHOシネマズ仕様ですね。鷹の爪団がグリーティングしてましたw
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



入場口前には誇らしげにこのTOHOシネマズららぽーと富士見の規格ロゴが。
「TCXスクリーン」「ドルビーアトモス音響」「MX4D」です。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



入り口を入ると正面が最大スクリーンの1番(371+車いす2席)、左に曲がると2番と3番が続きます。2番と3番は199席+車いす2席で2番目の大きさとなります。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



5〜9番スクリーンは三階から一階へ降りる形になります。面白い。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



座席が動くMX4Dスクリーンは7番スクリーンでこちらも一階です。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



一階に降りると、右から5・6・7・8・9と並んでいます。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



エスカレーター正面がMX4D仕様の7番スクリーンです。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



MX4Dは座席が動くアトラクションタイプなので、膝に乗らない荷物をお持ちの方はロッカーをご使用下さい。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



ロッカーの注意書き。約束事を守って利用しましょう。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



MX4Dの座席はこんな感じ。
もっと近くで撮れば良かった。。。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



右上から。スクリーンが大きいですが、椅子は108席+車いす2席です。
豊洲の4DXスクリーンとスクリーンサイズも客席数もほぼ同等です。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見



ほぼ正面から。歪曲スクリーンです。
TOHOシネマズ ららぽーと富士見


今回は10分程度のテスト映像でしたが面白かったです!

ざっと写真レポはこんな感じです!

各スクリーンの客席数とスクリーンサイズ

各スクリーンの客席数とスクリーンサイズは以下の通りです。

SCREEN 1
=371+(2)席
=TCX/3D対応スクリーン
=18.7×7.8m
=DOLBY ATMOS音響対応

SCREEN 2
=199+(2)席
=11.3×4.7m
=デジタル5.1ch音響

SCREEN 3
=199+(2)
=3D対応スクリーン
=11.3×4.7m
=デジタル5.1ch音響

SCREEN 4
=176+(2)
=11.8×5.0m
=デジタル5.1ch音響

SCREEN 5
=163+(2)席
=11.6×4.9m
=デジタル5.1ch音響

SCREEN 6
=89+(2)席
=8.6×3.6m
=デジタル5.1ch音響

SCREEN 7
=108+(2)
=3D対応スクリーン
=11.0×4.6m
=MediaMation MX4D™対応スクリーン

SCREEN 8
=147+(2)
=11.0×4.6m
=デジタル5.1ch音響

SCREEN 9
=139+(2)
=11.8×4.9m
=デジタル5.1ch音響

合計9スクリーン、1591+(18)席です。


一番大きいのが1番スクリーン、小さいのが6番スクリーンですね。

・7日にTCXドルビーアトモス、8日に4DXの作品体験をしてくる予定ですので詳細レポは少々お待ち下さい。

不朽の名作上映も実施!

4月7日現在、7日のプレオープンから16日までスケジュールが出ていますが、『ゼロ・グラビティ』や『トレイン・スポッティング』、『レオン』など新旧名作のリバイバル上映も行われています。

詳しくはホームページをチェックしてみてくださいね!
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/075/TNPI2000J01.do


ってことでざっくりレポは以上になります。

次回記事からららぽーと富士見全体とTOHOシネマズららぽーと富士見と詳細レポ&コラムに入ってまいります。

ららぽーと富士見関連記事