『怪盗グルーの月泥棒』紹介、悪党が子供に心を開く物語with謎の生命体ミニオン [オススメ映画紹介][ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『怪盗グルーの月泥棒』紹介、悪党が子供に心を開く物語with謎の生命体ミニオン [オススメ映画紹介][ネタバレなし]


旧作おすすめ映画紹介、今回は怪盗グルーシリーズの第1弾、『怪盗グルーの月泥棒』です。大人も子供も楽しめる最高の作品ですよ!

映画の新着記事をfacebookで受け取る



どんな話?

郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをする事が大好きな卑劣漢。世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった。グルーは、月を盗む為の秘密兵器「縮小ビーム銃」を手に入れるが、作戦決行の矢先にライバル怪盗・ベクターに銃を盗まれてしまう。グルーは彼の家に出入りする三姉妹を利用して、何とか銃の奪回に成功したのだが、何故かその三姉妹に懐かれてしまい、共同生活を送ることになってしまう。
参照:http://goo.gl/l3avRH


予告編

発売情報

Blu-ray

DVD

Hulu
2015年4月1日現在配信中

※Huluは取り扱い作品が入れ替わることがありますので上記の日程での情報になります。予めご了承下さい。

※Huluは月額1007円(税込み)で映画&ドラマ見放題のストリーミングサイトです。全てを取り扱っていなくとも、様々な映画やドラマと出会える場でありコスパは高く私も重宝しています。



iTunes

私がこの映画を好きな理由

映画好きさんでも『怪盗グルー』シリーズはスルーされてる方が結構いらっしゃって悲しいです。

1作目『怪盗グルーの月泥棒』、2作目『怪盗グルーのミニオン危機一発』とありまして、今年の夏7月にはスピンオフ映画『ミニオンズ』が公開されます。

この映画の良いところは何と言っても「大人も子供も楽しめて、家族っていいなを感じさせてくれるところ」です。

主人公はハゲの悪党グルー。悪党たちと日々誰が一番デカいことをしたか競ってるというなかなか最低のキャラクター。そんな彼の悪事を手伝うのが無数の数の黄色い生物ミニオン。ミニオンはホント可愛いんですが謎の生物。全てが謎、でも可愛い。それが魅力でもあります。

そんなグルーとミニオンたちがひょんなことから子供3人を養子に迎えることになって、それで大変な事態に。最初は子供すら悪事に使おうとしていたグルーですが、次第に親心が芽生えることに。

最低最悪の大人に眠っていた良心が呼び起こされ、それが血縁でない子供と心を通わせるまでに。この心の描き方がとても大きな感動を呼び起こします。

とか良い話を書いてますが、この映画の最大の見どころはやっぱりミニオンたち!ホントこの黄色い生物たち何なんでしょうかね。グルーと子供たちが感動的なストーリー展開を進める中、ミニオンたちのストーリーは適当(笑)

適当で正直本編関係ないのにそれでもミニオンたちは邪魔ではなく超愛おしい。普通の映画だったらテンポが破綻するギャグ入れ、この映画ではミニオンがぶっ飛び過ぎてて奇跡のバランスを保っています。あり得ません(笑)

たくさん笑って、感動して、ミニオンにハマる。鬼仕様の映画であるわけです。

『怪盗グルーの月泥棒』は子どもたちにパパができる話、続編の『怪盗グルーのミニオン危機一発』は子どもたちにママができる話です。そして新作でスピンオフの『ミニオンズ』は多分ミニオン主演なので中身ありません(笑)しかしそれが魅力であり見どころ!

是非この映画から、グルーとミニオンの魅力を知って下さい。後悔はしませんよ。