映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』感想、処女と変態のSM日誌、笑ったら負け。[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』感想、処女と変態のSM日誌、笑ったら負け。[ネタバレなし]


色んな意味で話題沸騰&全世界大ヒット中の映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を鑑賞しました。


※本レビューは真面目に感想を書くことを放棄します。ちなみに原作に関しては言及しておらず映画に特化した話、かつ「R15劇場公開版」についての内容です。あらかじめご容赦ください。



スポンサードリンク


どんな映画?

恋愛経験ゼロの女子大生が、大企業の若きCEOを相手に繰り広げる刺激的な恋愛体験を、「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」のサム・テイラー=ジョンソン監督のメガホンで描いた。大学生のアナ・スティールは、学生新聞の取材で若き億万長者として知られる大企業のCEOクリスチャン・グレイにインタビューし、それをきっかけに2人は急接近。グレイと交際する女性が守るべきルールを記した秘密保持契約書を提示されたアナは、書類にサインし、グレイと通じ合うことになる。しかし、グレイにはある秘密があった。
参照:http://eiga.com/movie/80687/

予告編


おいこらあああああ!!!!!

可愛い女子大生とイケメン社長の恋の物語!

しかも女子大生は処女で、社長さんはSM趣味でドSの変態ときた!

しかもしかも!この本は全世界で1億部も売れてるベストセラーときた!

しかもしかもしかも!あの『トワイライト』の二次創作的な意味もあるときた!

で、公開初日のレビューを国内だけでなく世界のも色々見たの、そしたら酷評だらけなの!


もうわくわくで劇場行ったわけですよ。


原作



要するに恋愛経験のない女子大生をイケメン社長さんが「オレ色に染めてやるぜ!」的に色々しちゃうわけです。

イケメンドS社長による女子大生ドM化計画

がここにスタートするわけです。

そしたらまあ凄い、ホント凄い、凄いものが凄い。(大事なことだから3回言いました)

目隠し、手錠、ムチでペチン!そんな連続!

もう一度言いましょう。この本全世界で1億部も売れてる大ベストセラーなわけです。特に女性に人気だとか。となるとこのドS変態社長とドM教育された女子大生の物語の何が受け入れられたのかを考える必要がありますね。

ってことでまあ考えながら見たわけです。

変態的なことはせずとも、イケメンに弄ばれたい的な願望だったり、社長じゃなくてもこういう風になりたい的(男性側)な願望ってどこかに抱いてる人は多いと思うのです。過激でなくても映画だから(小説だから)こそ少し非現実的な夢心地な展開とかそういうあこがれ的な感じとか。

そう考えると大ベストセラーになった理由がちょっとわかった気が。

映画は映像で提供されますが、小説だと脳内再生が自由。イケメンも好き勝手構築できますし、女子大生も好き勝手構築できます。性的な描写も小説だとイマジネーションを駆使して脳内再生できますし。

映画を見ていると物語としてはかなりのめり込むところがありました。

「どうなるの!?この先どうなるの!?」的な感じ。

とそう思ってたところで映画は終わりました。

おいこらあああああ!!!!!話をちゃんと終わらせろや!!!!!続き見せろや!!!!!

まあやると思うので、うじうじしながら待ちますよ。あれこれ文句言いつつ気になるから見るよ!私見るわ!見るったら見るから!!

※続編の『フィフティ・シェイズ・ダーカー』、ちゃんと公開されました。


性的な部分の無い恋愛ってキレイ事ではありますからね

さてふざけてというか、ちゃんと書かないで書きなぐってますが、このような性的な部分にしっかりアプローチするのは良いことだと思います。そりゃ恋愛関係になったらすることしますからね。

なので、ここまでSM度は無くても映画を通して「で、自分自身はどう?」と自問自答してみると面白いかもしれませんね。

別にセックスにド直球で価値観考えなくても、そういう部分を含めて恋愛とかに関して考えてみると、映画全体に不満があってもちょっとは価値あるものになるかもです。


で、モザイク問題

ここまで書き殴りつつも、映画に関して終わり方以外別に悪いこと書いてないんです。だってこういうの考えるきっかけて悪いことじゃないし、

ただ、タイトルにも書いた「笑ったら負け」のこの戦に私は負けました。それはモザイク(ボカシ)があまりにも大げさだったからです。

何かまっくろくろすけみたいな凄く大きなモザイクがたくさん出てきてました。

理由はわかります。R15で見せたかったのでしょう。で、公開までに時間もそう無かったので黒モザイクの大きさがとんでもなくなってしまったのでしょう。

でもこのモザイクはホントモザイクでモザイクだったので途中で笑ってしまいました。もちろんゲラゲラ笑ったわけではないですが、思わず笑ってしまう的な感じになってしまいました。


私は完全にこの戦いに負けたわけです。


『ドラゴン・タトゥーの女』みたいにR18バージョンを限定上映するか、続編からはR18で勝負するか、モザイクもっとちゃんと付けるかの改善を望みます。

※公開後R18版の公開がされました。待てば良かった…。

おしまい。