『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』感想、子供と大人が別ポイントで笑うツボ配置が見事!超楽しく感動的な物語に驚き![ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』感想、子供と大人が別ポイントで笑うツボ配置が見事!超楽しく感動的な物語に驚き![ネタバレなし]


大ヒット中の『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』を鑑賞しました。何も知らないで行ったのに…超面白かったです!

スコア

◯私的満足度
★★★★☆(4/5)
=意外にも超楽しめた!

◯ファミリーオススメ度
★★★★★(5/5)
=大人も子供も楽しめます!

◯子供オススメ度
★★★★★(5/5)
=主に小学生へオススメ!

◯友人オススメ度
★★★★☆(4/5)
=小学生同士ならオススメ!

◯デートオススメ度
★☆☆☆☆(1/5)
=大人も楽しめるけどデートでは…

◯一人映画オススメ度
★★☆☆☆(2/5)
=映画好きならパロディで楽しめる!しかし子供ばかりなのでレイトショーなら落ち着けるかも?

◯WATCHAでレビューをチェック&書いてみる



一言感想

私は妖怪ウォッチを全く知らない状態で映画館へ行きました。知ってるのは妖怪ウォッチの仕組みとジバニャンくらい。それなのに本当に楽しかったです!

子供が楽しめるツボを全力で入れ込みながら、大人が楽しめる映画パロディーをこれでもかと入れ込む愛に感激しました。スターウォーズは世界を救うんだなって思ったり。

まさかのタイムトラベル要素が最後に円環構造となり感動を誘い、友達の大切さを大人にも子供にも伝えてくれる。何ですかこれ、最高かよ!



どんな話?

ある日、寝ていたケータの腕から突然、妖怪ウォッチが光を放って消えてしまう。手がかりを探しに祖母の家のあるケマモト村に向かったケータは、そこで妖怪ウォッチが消えた謎の鍵を握る妖怪フユニャンと出会う。ケータは妖怪ウォッチを取り戻すため、ウィスパーやジバニャン、フユニャンとともに60年前の世界にタイムスリップするが、そこには強大な敵が待ち受けていた。
映画.comより


見る前若干の勘違いをしてて「妖怪誕生の秘密」かと思ってたんですね。「妖怪ウォッチ誕生の秘密」のお話でした。




見どころは子供と大人、また理解度、映画の知識で変わる!

私は「大人」で、「妖怪ウォッチ初心者」で、「映画は大好き」という分類になります。その視点でどう思ったかを書きましょう。

1:映画愛溢れる様々な映画パロディに笑顔が溢れました。

2:まさかの伏線要素や時空移動要素に思わず感心しました。

3:ベタ中のベタである「友達の大切さ」や「家族間の愛情」に思わず感動しました。

4:フユニャンイケメン過ぎ。何ですかこの生き物は。妖怪ですか、そうですか。

5:あとジバニャンが可愛い。何ですかこの生き物は。妖怪ですか、そうですか。

この5点でもう大満足に至ったわけです。


1:映画愛溢れる様々な映画パロディに笑顔が溢れました。
もうとにかく小ネタからやり過ぎネタまで映画愛に溢れています。特にスターウォーズ要素にはもう抱腹絶倒。これパクリ訴訟でも起こされないか若干心配になりましたw

そして、どの映画というわけではないけれど「映画あるある」な要素だったり、ドラえもんだったり半沢直樹だったり、とにかく小ネタが満載。

こういったシーンに私は爆笑しまくっていましたが、劇場の子供たちは特に反応せず。つまり子供の付き添いで来てる大人も楽しめるようにするためのサービス演出でもあるわけですね。いやはやお見事でございました。


2:まさかの伏線要素や時空移動要素に思わず感心しました。
2014年は『インターステラー』を始めとして、『思い出のマーニー』や『X-MEN:フューチャー&パスト』など過去と未来や時空等を扱った感動作がいくつも送り出されました。

今回の『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』はケータがおじいちゃんが子供だった頃の世界へ時空移動して奮闘するお話です。

孫と子の絆の物語は、『インターステラー』のクーパーの「この際相対性理論は無視だ。」でも足りないほどのやっつけ設定で展開されていくのですが、最後に物語がある円環構造としてキチッとハマっており純粋に感心してしまいました。

小さな伏線を散りばめて回収してそれを感動要素として昇華させており映画的満足度、特に時間的要素大好きな私にとってはたまらないものでありました。


3:ベタ中のベタである「友達の大切さ」や「家族間の愛情」に思わず感動しました。
「友達は大切だよ!」 「家族も大切にね!」

大人なら子供に絶対言うであろうベタベタなこのメッセージ。しかしノスタルジックな設定(要するに昔の世界+夕日)で友情の亀裂エピソードを見せられると胸が苦しくなるわけでありまして…。

その悲劇を乗り越える子供の姿(誰とは言いませんが)に勇気をもらい、「臆病がって一歩踏み出せない君!勇気を振り絞って一歩踏み出してみないか!」と子供への熱いメッセージも感じることができました。それは大人である私にも届いたわけでとても感動的でした。

最後の最後に明かされる小さくも大きな真実「お前それ!持ってたのか!」エピソードが最後に感動を増幅させてくれて、思わずほろりと泣きそうになってしまいました。家族は大切にすべきですね。愛を大切にしたいと思いました。


4:フユニャンイケメン過ぎ。何ですかこの生き物は。妖怪ですか、そうですか。
今回最も活躍する妖怪のフユニャン。こいつがまあカッコいいの何の…。もうカッコいいもんはカッコいい!とにかくカッコいい!キャラクターがカッコいいだけで普通の人はその映画ある程度満足できちゃうわけでして、ブログ偉そうに書きつつ割と純粋に映画見ちゃう私はもうこれだけで感激だったわけです。


5:あとジバニャンが可愛い。何ですかこの生き物は。妖怪ですか、そうですか。
ジバニャン可愛い!

ジバニャン可愛い!

ジバニャン可愛い!

ジバニャン可愛い!

ジバニャン可愛い!

ほとんど役に立ってないけどジバニャン可愛い!←

欲しい!誰か買って!!←

すいません取り乱しました。


普通に映画を楽しみ、大人向けのツボに見事にやられ、キャラクターにハマる。

これはどういうことでしょうか。きっと妖怪のせいですね←



そして子供たちと映画を見る喜び

本作の批評的なものを見ていると映画的な欠点や盛り上がりに欠ける等の苦言をいくつも目にします。それらは正しいものであるわけでして、むしろよくそういうところ鋭くチェックできるなと感心&尊敬できるものであります。

私にはそれをするという意識は一切ありませんでした。いや、最初は舐めた態度で鑑賞を開始したので突っ込もうと思ってたんです。しかし最初の展開から突っ込み=超楽しむというスタンスになってしまって映画中ずっとにやにやしっぱなし。

エンドロールで踊ってる子供たちを見て「お兄さんも混ぜて!!」と心で叫びました!超楽しそう!子供ずるい!完全にこの映画の世界観、映画館の雰囲気を私は楽しんでいました。

思い返せば私が幼稚園や小学生の頃、『クレヨンしんちゃん』や『ドラえもん』の映画に何度も連れて行ってもらってました。その時に映画が始まる前の予告編の長さに文句言って、キャラクター出てくるだけでキャラクター名叫んで、たくさん笑って、最後は笑顔になっていた記憶があります。

今回妖怪ウォッチの映画館で子供たちを見ていてそんな昔の自分を思い出しました。子供たちがこの妖怪ウォッチを一つのきっかけとして大人になった時に映画館にまた足を運ぶ小さなきっかけや動機になったらいいなと劇場の子供たちを見て思いました。

映画のエンタメ化、ミニシアターや名画座の終焉危機など、近年映画を取り巻く状況は良い面と悪い面両方が存在します。妖怪ウォッチが大ヒットすることを危惧する声も少なくありません。

しかし私は、たくさんの子供たちの中に混ざってこの映画を見て、一緒に笑いながら大人が笑えるツボや映画ネタにも笑い、感動もできたこの経験は一つの思い出となりました。

形は変わってきているかもしれないけれど、映画はやっぱいいなと改めて思えた映画体験になりました。

妖怪ウォッチの劇場第2弾は2015年12月ということで『スターウォーズ/フォースの覚醒』と真っ向勝負になると予想されます。

勝負に関しては置いておきまして、妖怪ウォッチが今回大好きになったのでここからアニメも見て、2作目妖怪ウォッチの時にはもっとファン的なレビューが書けたらなと思っています。


おしまい。


妖怪ウォッチ関連商品


妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
バンダイ (2014-08-02)
売り上げランキング: 1




妖怪ウォッチ
妖怪ウォッチ
posted with amazlet at 15.01.03
レベルファイブ (2013-07-11)
売り上げランキング: 72


妖怪ウォッチ 01 ジバニャン
バンダイ (2014-04-12)
売り上げランキング: 23




妖怪ウォッチ DVD BOX 1
妖怪ウォッチ DVD BOX 1
posted with amazlet at 15.01.03
KADOKAWA メディアファクトリー (2014-10-29)
売り上げランキング: 51