"第22回東京ブロガーミートアップ"に参加してみての「良かった点」と「改善してほしい点」 - Cinema A La Carte

"第22回東京ブロガーミートアップ"に参加してみての「良かった点」と「改善してほしい点」


9月10日にブロガーの勉強会、第22回東京ブロガーミートアップに参加してまいりました。今回はサクッと良かった点と改善してほしい点をまとめていきます。



存在を知らなかったので今回が初参加

私元々俗にいう"ブロガー"関連の勉強会(イベントと言うとダメらしい←)に普段参加してないので存在すら知らなかったわけですが、先日のブロガーズフェスティバル登壇以降にこっち界隈の情報が入ってくるようになって晴れて初参加となりました。

本業は別ですが、ブログとしては「映画ブロガー」と言われるわたくし。PV数はお陰様でそれなりに頂いておりますが、ブロガー界隈では全然知名度無いのでイベント(じゃなくて勉強会!)への参加は全てが新鮮で勉強になります。

今回の勉強会はA8等アフィリエイトのサイトを運営しているファンコミュニケーションズさんの会場を借りての開催でした。ブログのマネタイズをしていない私としては様々勉強になる点があって良い時間となりました。


率直に「良かった点」

1:様々なブロガーさんとお話できた

2:LT(ライトニングトーク)を通して様々なブロガーのお話を聞けた

3:テーマの沿った(今回はマネタイズ)様々な話を聞けた


この3点ですかね。


まずは1:様々なブロガーさんとお話できたですが、これはそりゃブロガーさんが集まるので様々情報交換やご挨拶ができるので楽しいですね。特にわたくしブロガー合同メルマガEdge Rankn執筆陣なので「Edge Rank読んでます!」なんていうお声がけも頂けるの嬉しかったですね。


続いて2:LT(ライトニングトーク)を通して様々なブロガーのお話を聞けたです。5分間「ブログのマネタイズの話をする」というテーマで13人(多分)が発表しました。私も発表させて頂きましたが、みなさん切り口が異なってこれは勉強になります。

どこでどうマネタイズしてるのか?アクセスを伸ばすためには何をすべきなのか?などなど、悩みも含めて自問自答して糧としました。マネタイズしてないA LA CARTEですが、クドくならない程度にしていこうと思い立ったので行って良かったです。


そして2と関連しますが、3:テーマの沿った(今回はマネタイズ)様々な話を聞けたですが、最初にファンコミュニケーションズさんのセッショントークがあったんですね。マネタイズしてないわたくしのブログですので初歩的な話でも何でも勉強になるわけです。単純にお話聞けて良かったです。


率直に「改善点」

1:交流の時間が少ないから増やすべき

2:トラブルへの対応が別にあったはず

3:LT中の関係者談笑は慎みましょう

私も主催イベントを持っていたりするのですが、「イベント主催者は褒め言葉より改善点」を求めます。今SNSやブログ上で今回のイベントについて文句から謝罪から色々炎上してますが文句とか何の生産性もないので「改善点」を3点。次回から是非取り入れて頂きたいです。

まず、1:交流の時間が少ないから増やすべきということ。今回だけなのかもしれませんが休憩時間が軽めの交流会となっており、これが約20分。しかも料理の場所が点在していて多くの方と交流できる感じではありませんでした。

ブロフェスでも感じたことですが内輪で固まってしまってるところがあるので交流がとてもしにくいんですね。なので「さあ初対面の方とまずは名刺交換を!」みたいに声掛けすると良いかもですね。

名刺交換で終わる交流もありますがしないよりいいですからね。是非もっとブロガー同士が交流ようにして頂きたいです。


続いて2:トラブルへの対応が別にあったはずについて。これはLTで私の前の方のプレゼン資料がなかなか表示できなくて10分以上時間ロスしたんですね。トラブル対応始まって約5分、そこで取り仕切っている方が「5分程度お待ちください。」と仰ったんですね。総計10分の中断。

5分かかるなら私を先にLTさせて、その次に今の方を回せば5分はロス回避できたはずです。トラブル対応はその場での判断なので、できなかった事に文句は無いです。今後同じトラブルがあった際は「先に次の方」を一つのマニュアルにすると良いでしょう。そうすることに関してマイナス点は何も無いはずです。


そして、3:LT中の関係者談笑は慎みましょう。これはですね、LT中に横の食事が置いてある席で関係者やリピーター(多分)が、LT登壇してる方の話を聞かないでずっとくっちゃべってたんですね。

私のLT登壇は終盤だったのですが前半からその事に気付いていました。大声ではないですが5メートル圏内では何を話してるかはわかりました。LT関係ない雑談でしたね。見てる人は見てますからね。こういうのがイベントの印象を下げます。準備不足とか言い訳になりませんからねこの件は。関係者の雑談は以後徹底して慎むべきでしょう。

ささやかなる抵抗

さて、冷静に書いてきたつもりですが、LT中の関係者の談笑は結構本気でウザかったんですね。まあ映画ブロガーなので映画の台詞で表しましょうか「バルス!」←

私は声が大きいのでマイク無しで今回LTする予定でいました。ただこの談笑を目撃してこの談笑ゾーンへささやかなる抵抗を試みることにしました。

「他のLT参加者以上に大声で勢いでLTをする!」です。とってもささやかw

かなりの大声&速度で話したため、談笑が中断してこっちを見ているのを確認しました。後で振り返ると全然面白くなくてLTとして反省点がたくさんあり、今後改善しないとですが、ささやかなる抵抗はまあうまいことできたかなと思います。

まあ談笑ゾーンへの挑発の目的を伴った時点で聞いてくださってる方へLTの内容がちゃんと伝わって無かったかもなのでこれは素直に「ごめんなさい。次回もっとシンプルにわかりやすくガンバリマス。」と宣言する次第です。

ざっとこんなところですかね。主催者擁護派と主催者否定派で何かわさわさやってますが、「良いところは残し、改善すべき点は改善する」で第23回をより良いものにして欲しいですね。周りは放っておいて、主催者のみなさんには私以外の感想を含めて、冷静な感想拝読からの改善点の洗い出しをお願いしたいと思います。

おしまい。