ブロガーズフェスティバルに登壇してきました!セッションダイジェスト&ダメ出し/他セッション感想/運営のみなさまへの改善提案 - Cinema A La Carte

ブロガーズフェスティバルに登壇してきました!セッションダイジェスト&ダメ出し/他セッション感想/運営のみなさまへの改善提案



8月23日に2014ブロガーズフェスティバルに参加してきました。今回はたった9枠しか無いブロガーのセッション枠に何とお呼ばれしての参加。カリスマブロガー&Youtuberさん達の枠に入れて頂けて感謝であります。


自分のプレゼンのダイジェストとダメ出し

今回私は第2セッションのステージCにて『誰でもできるエンタメブログの作り方と多くの人が活用できていないGoogle+の徹底活用法』をお話させて頂きました。



写真はMAKOTO TSURUTAさん提供です。ありがとうございます(*^_^*)

50名ほどの方のご聴講頂きまして感謝申し上げる次第です。感想もたくさん頂いております!
http://clockworkapple.me/?p=14484
http://shumaiblog.com/event-report-a-la-carte-yagishita-blog-making-story/
http://camera.one-cut.net/entry/20140824/1408866952
http://goo.gl/dhn3wJ
http://www.2896nuts.com/2014bloggersfes/
http://miina3737.blogspot.jp/2014/08/2014.html


今回のセッションでは140枚のスライドを用意して50分に無理やり収めました。質疑応答の時間が取れず申し訳ございませんでしたm(__)m

スライドには映画素材や映像を多用したため全てをネットでお見せすることはできません。(権利上色々問題が)

公開できるスライドを張りつつダイジェストを(超長いです←)

映画素材のイメージや映像、私の喋りを全て併せてのセッションでしたのでスライドだけでは伝わらない部分多々あると思いますが、雰囲気だけでも伝わればと!


まずはもくじを。こんな感じでやりました。

続いて合同メルマガEdge Rankの紹介を。

メンバーは9人中7人がブロフェスに来ていたので、7人登壇して自己紹介。顔出しNGの方が複数いるのでこちらの画像で我慢して下さい(笑)
Edge Rankまだ購読されてない方は是非してくださいねえ!
http://www.cinemawith-alc.com/2014/07/edge-rank.html

私のブログはまだ1年1ヶ月しか運営してないんです。しかもタイトルも途中で変えたりと割と迷走しながらここまで来ました。フランスが好きなのでタイトルがフランス語。そんなもんです、ブログタイトルなんて。

アクセス数はだいたいこんな感じ。グラフ見ての通り日によって1万くらい差が出ます。映画メインなので一般層の検索がメディアの露出等で変動激しいのがそのままアクセス数に出てきます。

で、みなさん気になるのがこれですね。アクセスの8割は検索から来ます。

ウェブマスターツール見るとこんな感じ。映画の複合検索キーワードにかなり強いブログになりました。でも映画なんて市場大きくないのでニッチな検索ワードだけじゃ2万も来ません。

検索に強い理由はバブルに乗っかれたからです。そう『アナと雪の女王』です。


アナ雪関連の複合検索、この強さ。映画.comより上に出ることもあります。意味がわかりません。

もちろんいきなり検索に強くなったわけではありません。誰でも出来るウェブ上に情報が出てるSEO対策はしました。でもそれでも最強にはなれません。私のブログの検索を強くしたのは1本の映画との出会いでした。


『ゼロ・グラビティ』です。マジ傑作です。見ないとダメ!

公開前に見れたのでもう大興奮でレビューを書いたんです!

こんな感じで。ちなみにこちらの記事
→ http://www.cinemawith-alc.com/2013/10/gravity.html

そしたらワーナーさんから直々にサイトに掲載したいとメールが!
この後も複数メールありましたが、配給会社さん、結構リサーチされてます。

で、こんな感じで載りました!
http://feature.yahoo.co.jp/movies/gravity/

ここからたくさんのアクセスが来ましたが、それ以上に信頼できるサイトから被リンクもらえたのが大きかったのかなと思いました。ここから他の記事でも検索が強くなっていきました。

特別なことはせず、当たり前のことしつつ、Google+活用して(後述)、自分が興奮して人に勧めたい映画のレビューを気持ちのままに書いた。その結果がブロフェス登壇にも繋がるわけです。

ブログのデザイン整えたり、キーワード太字にしたり、記事の体裁整えたり、それも良いかもしれません。
しかし『魔女の宅急便』に言わせれば、
「そんなに形にこだわらないの。大切なのは心よ。」です。

SEO対策など人がやってることは当然やった方が良いです。でもそれって誰でもできますからね。
大切なのはその先です。個性です。コンテンツ力は個性あってこそです。

はてぶ付けたり、Twitterでの拡散を狙えば奇をてらいたくもなります。
でも正攻法がいつまでの残る記事になるのです。

この言葉は先日放送された情熱大陸で鈴木敏夫プロデューサー(ジブリ)が仰っていたこと。ブログも同じです。

そして自分のブログの短所をちゃんと公開。

ホント普通なんですよね。「なんでお前人気ブロガーなの?」と何万人にも思われてそうです(笑)

「このブログおもしれえ!!」なんて思われたことないと思います。

でも質なら負けませんよ。『ダークナイト』3部作で24本も記事書く人いません。公開中の『思い出のマーニー』で16本も書いてる人いません。1記事平均文字数2500。その積み重ねの結果です。安心と安全こそを個性にしています。

こちらがまとめ。これだけ保存しておいて頂ければOKです。当たり前のことをすべし。


ここまでがブログのお話でした。ここからは時間を気にしつつGoogle+の話をイメージ重視でお話しました。 



Google+がSEOに影響あるかどうか?
仮説しかありませんが経験上「ある」です。
てか、Google検索にGoogleのSEOが関係しないわけ無いでしょw

では「SEOに効果あり」という答えとして、「では何をする?」ですよね。テクニックにみなさん走りがちですが、大切なのは「楽しむこと」です。

・Google+をいつもチェックしたくなること。

・Google+にいつも投稿したくなること。

これが続くコツであり、活性化させるコツであり、楽しむコツです。


キーワードは「写真」です。

Google+は写真シェアSNSと言っても過言ではありません。

実はGoogle+がオープンした3年前て、facebookの写真アップって画質イマイチだったんですよね。

なので当時、プロの写真家たちは専用サイト等を主に使用していました。

そこにGoogle+が登場。世界中の写真達が試しアップ含めてみなさん集結してきました。

で、だんだん写真をアップする風潮が強まってきました。もちろんその他の風潮もありますけれども。

私も写真アップを開始。

でもやっぱTwitterとかfacebookの方が面白かったんですよねえ。なぜでしょうね?

というかそもそもSNSの面白さって何なんでしょう?

とか難しいことを考えてた時にGoogle+の公式イベントに誘われたんですねえ。

それがGoogle+2周年フォトウォークです。

ここでダイジェスト動画をご紹介しました。


こちら紹介しませんでしたが、Google公式の動画です。



こんな写真撮ってもらったり、

こんな写真撮ってもらったり、
本気で撮ってもらう楽しさも初めて経験しましたね。

で、当たり前なんですがリアルイベントに参加して、
知り合いが増えると楽しくなるんです。

小さなフォトウォークは毎月あるのですが、周年フォトウォークが一番楽しいので3周年もご紹介。



仲間ができると楽しいです。これはSNSやブログだけでなく、人生の本質ですよね。

3周年フォトウォークの集合写真です。

せっかくなのでプロの写真家の方にもGoogle+の魅力を聞いてみました。




コメント頂いたのはTSURUTAさん。イベントに誘ってくださったのもTSURUTAさんです。
http://camera.one-cut.net/

まとめるとこんな感じになります。

大好きな映画と楽しい写真をコラボさせられないかなと最近は新しい可能性も模索しています。

ってことでこないだは『思い出のマーニー』コンセプトのポートレート撮ってみました。
これ、私撮影で女性モデルですからねw私モデルじゃないですwww

SEOに効果があるからとその目的で使っても多分面白く無いですし、成果出ません。
楽しんでこそです。

最後に伝えたいことを。



何事も楽しんでこそです。これを一番伝えたかったのです。


というような話は全体の半分くらいですが、とりあえずダイジェストです。50分盛りだくさんでお送りしました。

50分でしたので、もう少し整理して簡潔に伝えれば良かったなという反省も。あとはタイトルミスですね。

同じ回の他のセッションとお客さんの取り合いなので、もう少し魅力が伝わるタイトルにすれば良かったです。反省。あとはファンでいてくださる方々呼べば良かったw←自分のブログで宣伝しなかった。


akioさんのセッションで行動することに火が付く

私の登壇は第2セッションだったのですが、第1セッションは『拡張現実ライフ』のakioさんのセッションへ参加しました。元からブログを購読していたので聴講すること決めていました。

ブログができた当初のお話や、Twitterのフォロワーを増やすお話などを、ご自身の体験や経験を通じて楽しくお話されておりました。たくさん笑いもあり楽しいセッションでした。

そんな中印象に残ったのは「自分自身に許可を与える」というお話。

例えば私は今回のブロガーズフェスティバルで登壇のご依頼を頂きました。出しゃばりなので快諾しましたが、謙虚な方だと「いや・・・そんな私なんかが・・・。」とお断りされるんです。それがもったいないというお話でした。

自分自身に許可を与えて、行動する範囲を広げたり、思い切って憧れの人などに声をかけてみると意外と物事動くというお話。まさにその通りだと思いました。

私は出しゃばりですので割と行動して今回もブロフェスで登壇の機会を頂きましたが、それでも許可を与えてないフィールドなどあります。もっと自分自身に許可を与えて、眠っている可能性を広げていければなと思いました。


はっしーさんのセッションで上を目指すことに火がつく

最後のセッションも最初から行くところ、決めてました。グルメブログ『イエス!フォーリンデブ☆』のはっしーさんのセッションです。

ここはもうブログ論を聴くというよりも、はっしーさんに実際にお目にかかれるという田舎から出てきたガキのようなテンションで楽しみにして行きましたw

オフレコのお話や笑い話も挟みつつ、意外と(←)真面目なブログ論が展開され200万PVと私の2倍のPVを誇るはっしーさんのトークに感心しきりでした。

「PV至上主義ではないけれど(ないから)、PV自慢してる人・・・」的な話に大共感。はっしーさん月200万PVですからね。100万PVで売ってる人見ると・・・とのこと。

PVは重要な指標ですが、それ以上に大切なのはコンテンツですよね。ここははっしーさん、そしてakioさん、私も同じ考えで、Cセッションの3人とも同じことを言っていて安心もしました。

月に3000万PVあるご友人のお話(名前忘れちゃった・・・)など次元の違うお話などを聞いて「まだまだ上を目指さねば」と思いました。

テレビに出たお話や、書籍のお話、雑誌のお話など、様々なチャンスを掴んできたはっしーさん。そういう話の積み重ねは「まだまだぺいぺいだな自分」と思わせてくれました。もっと上を目指したいですね。

私はブロフェスで登壇側でしたが、まだまだ上にいきますよ。それは誰かとの戦いではなく自分との戦い。そう思われてくれる素晴らしいセッションでした。


運営のみなさまへの改善提案

登壇も、セッション聴講も、LTも、懇親会も、総じて楽しいイベントでした。運営のみなさまお疲れさまでございました。

ブロフェスの礼賛は他のブロガーさま方々されているので「来年こうした方が良いかもね。」をまとめます。運営の方々がほしい情報、今回来られなかった方々がほしい情報って本当はこれでしょうし。


・「一人でも大丈夫!」な雰囲気に難あり
→私は登壇側で、しかもEdge Rankメンバーですので、多少はホームなはずだったのですが、それでもアウェー感を非常に感じました。これは俗に言うブロガー界という仲間内がある程度存在するためです。運営外含め、仲間同士でわいわいやってるところが目立ちました。

私もイベントを主催することがあるのでわかるのですが、常連が複数いると固まるのが自然です。悪いことではありません、普通です。しかしそうなるので、それらを引き離して新たな出会いがもっと生まれるように運営は企画をしなければなりません。

ブロフェスで何ができるかちょっと難しいところありますが、運営に入ってる方はせめて内輪で絡まないなどある程度制限を設けるのは容易かもしれません。空気は伝染します。締めれるところは締めることが大切です。


・ステージC、不利
→私、今回ずっとステージC(私のセッション含めて)にいたのですが3つとも席が埋まることはありませんでした。これは単純なファンの数や内容もあるのですが、ステージAはメイン会場、ステージBはその横、ステージCは1階の奥の方でしたからね。

ふらふらしてて時間になって流れ着くセッションはAとBだったわけです。この辺会場の構成上難しいところですが、来年登壇される方がステージCで同じような「ちょっとなあ」という思いをされないようにせめて工夫をすべきだと思いました。


・ステージAとB、音丸聞こえ問題
→これはTwitterにも多く上がってましたが、ステージAとステージBは簡易壁で仕切られてるだけなのでとなりのセッションの音が聞こえてしまっていたそうです。

結果論ですが、私ステージCで(文句言いつつ)良かったなと。だって私、Google+のフォトウォークの映像流したり、『ゼロ・グラビティ』の映像流したり、アナ雪の"Let it go"流したりと音響使いまくりだったのでw

これ上のステージでやってたら隣のステージからクレームきてたと思いますwここは来年要改善事項でしょうね。


・LTの投票、全員投票できません?
5分間のライトニング・トーク。優勝者は来年のブロガーズフェスティバルに登壇が出来るというもの。これ聴講するの楽しかったんですが、投票が審査員の5名(確か)だけだったんですよね。インターネットの時代で電子投票もできる時代ですので、来年からは全員投票にしてほしいですね。最も盛り上がっていたLTは違うと思いましたので。(審査基準そこじゃないかもですが)大人の事情で実は最初からry とかならごめんなさい、黙ります←


※ちなみに!今回参加した方々、多くの方が「来年はLTで優勝して再来年は登壇するぞ!」と意気込まれてらっしゃいますが、私はLTすっ飛ばして今回セッション登壇でした。1年で突き抜ければそれもできます。セッションの登壇目指されてる方は是非それも目指してみてくださいね。


・セッション選択のための詳細プログラムを
→今回の各セッションはセッションタイトルのみでセッションを決めるものでした。具体的に何を話すのか?どういう人なのか?どういうニーズに応えられるのか?そういったものをまとめたプログラムがあった方が良いと思いました。これは登壇した側としての意見ではなく、一参加者としての意見ですね。選ぶ基準が「知ってる」「憧れ」の尺度だけだった方多くいらっしゃったと思いますので。物理的にできることですので、来年は是非!


ざっとこんなところでしょうかね。

セッションダイジェスト書いて、参加したセッションの感想書いて、改善提案書いて、と盛りだくさんになりましたが、みなさんの振り返りや雰囲気のご参考になれば幸いです。

二年連続登壇は無いと思いますが、来年もLTでも何でも少しお話するチャンス頂けたら嬉しい次第です。

おしまい。