『ポンペイ』感想、ポンペイの歴史を借りた壮大なラブストーリー?割り切ればありっちゃあり。[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

『ポンペイ』感想、ポンペイの歴史を借りた壮大なラブストーリー?割り切ればありっちゃあり。[ネタバレなし]



『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督の『ポンペイ』を鑑賞してきました。バイオシリーズあまり好まないのでスルー予定でしたが評判がそれなりに良いので急遽参戦。


私的満足度

★★=星2=ん〜イマイチ乗れませんでした。

【評価の参考値】
★★★★★+・・・満点以上の個人的超傑作!
★★★★★・・・・お見事!これは傑作です!
★★★★・・・・・素晴らしい作品でした!
★★★・・・・・・普通に楽しめました。←平均評価
★★・・・・・・・ん〜イマイチ乗れませんでした。
★・・・・・・・・ダメなもんはダメ!クソ!
※通知表のような5段階評価で、個人的にツボった作品は例外で5+にしています。
ちなみに私は映画は楽しむ&褒めるスタンスなので評価相当甘いです。

WATCHAでレビューをチェック&書いてみる




『ポンペイ』基本情報

タイトル
=ポンペイ

原題
=Ponpeii

監督
=ポール・W・S・アンダーソン

キャスト
=キット・ハリントン
=キャリー=アン・モス
=エミリー・ブラウニング
=アドウェール・アキノエ=アグバ
=ジェシカ・ルーカス

ストーリー
ローマ人に一族を滅ぼされたケルト人騎馬族の生き残りで、奴隷となりグラディエーターとして成長したマイロは、ポンペイの有力者の娘カッシアと出会い、身分の差を乗り越え恋に落ちる。しかし、カッシアは、かつてマイロの家族を殺したローマの上院議員コルヴスに婚約を迫られていた。やがて自由の身になったマイロが街を離れようとした時、ベスビオ山が噴火。マイロは愛するカッシアを救うため、溶岩が迫りくる街へと舞い戻る。

予告編
https://www.youtube.com/watch?v=nUQOhKYgKME


感想:好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、史実は借りただけw

『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督作ということで…バイオシリーズ自体そこまで好きではないのでスルー予定でした。あれです、好みの問題ですので「まあ好きではないので文句も言いませんよ」というスタンス。

ただ思ったより本作周りでの評判が良くてですね。世界史大好き柳下さんとしてポンペイのヴェスビオ火山大噴火とか熱すぎる件もあって「よし行くか!」ということに。


[DVD発売済み]

まあある程度は覚悟してましたが、史実は借りてきた猫ですね(笑)火山が噴火!ズゴーン!ずどーん!の麓で繰り広げられる身分を超えたラブストーリー!


「噴火で街が滅びようとも、君を守る」
いやいやw無理だろwwwww


ポンペイの噴火とローマ的テイストだけ借りてきて、そこで繰り広げられたのは謎の身分を超えたラブストーリーでした。まあ王道っちゃ王道の展開で、これはこれで楽しみはしました(笑)

史実などなし!設定を歴史の一部から借りてきて、そこで壮大なラブストーリーを展開した感じです。その視点でこの作品を存分に楽しんだ人が勝者です。ポール・W・S・アンダーソン監督ですし、「これは史実に基づいてない最低の映画だ(真顔)」とか言うのもアレです。

バイオシリーズのテイストで身分を超えたラブストーリーの末に火山がドーン!と聞いてわくわくする方が楽しむべき映画です。それなりに楽しめてる方も多いのでそんな感じで軽いスタンスでいきましょう。


演出が派手でグラディエーターシーンもあるので見てて退屈ではありません。目の前の展開をゆるい気持ちで1つずつ楽しむべきです。

で、後半火山がドーン!となってからなんですが、ここからのCG等大期待してたんですがイマイチ乗りきれず。いや、迫力はあった。でもどうも「あれ?」とテンションが上がらない。

なぜか。

そう、最後の最後まで一部の人物たちのドラマしか描かれなかったからです。史実ではヴェスビオ火山の噴火によって街は壊滅しほとんどの人が亡くなりました。そう、この映画では民衆が描かれていないのです。

"滅び行く街ポンペイ"自体が1つの登場人物のようにドラマティックに描く伸びしろがあったのにそっちを無視してひたすら身分を超えた愛、復讐だけを描いていたのです。それは一貫性があってどっちつかずにはなってないです。それは悪く無いです。

でもポンペイを、ヴェスビオ火山を扱う以上はやはり見たいものは・・・街のドラマ、民衆のドラマなんですよね。



と書いていておわかりでしょう。少しでも史実を意識したら負けなのです。

これはラブストーリーとして、フィクションとして見るべきなのです。これからパフェ食べようとしてるのにステーキが口に入る想像して違和感半端無くなるのと同じなのです。

壮大な何か歴史よりSFチックにぶっ飛んだ街でのラブストーリーと復讐と火山ドーン!

このマインドセットで見ると楽しめます!


映画は楽しむに越したことありません。『ポンペイ』を見に行くからには楽しまないとです。是非そのマインドセットでですね、楽しんでみてください。

それでは!


written by shuhei