お金を払って見た映画が面白く無かった時あなたはどうしますか? - Cinema A La Carte

お金を払って見た映画が面白く無かった時あなたはどうしますか?


お金を払って見た映画が面白く無かった時あなたはどうしますか?


ブログを読んで下さってる方はライフスタイルに「ネットを通じた映画の情報収集」を取り込んでると思います。となると映画を見た後に他人の感想を読んだり、自らブログやSNSへ感想を投稿する方が多いのではないでしょうか。

当然感想を述べるとなるといくつかの選択を自然とすることでしょう。
「傑作か駄作か」
「面白いか面白く無いか」
「どこが良くてどこが駄目だったか」 などなど。

つまり自然と"評価"というものをする方が多いでしょう。



面白い場合はまあどうでもいいっちゃいいんです。
「面白かった!ー」
「泣いたわーー!!」
「今年最高に面白かった!」 などなど。

面白い場合は感想と感情が入り混じってても見る側が不快に思いませんし、むしろ好意的に捉え参考にする方が多いと思います。



問題は映画の批判や文句をいう場合ですね。

明確に言えることは「批判していい人は批判される覚悟がある人だけ」ということです。批判は論争を呼びますのでこれは当然です。それが問題ないならもう人の目を気にせずどんどん文句言えばOKです!ありの〜ままで〜!!←


ただ意外と強気なこと言ってもネットで逆のコメント貰うとみなさん傷つくんですよね(笑)面倒くせえな人間て(笑)



でも「面白くない映画は面白くない」「駄作は駄作!」「突っ込みたいんだ!どうしても!」あると思います。となると予防線を貼って感情を乗せずに文章をある程度練って投稿すべきでしょう。

特にTwitter。もう感情と感想ごっちゃのものが多いこと多いこと。何度も言いますが「批判される覚悟がある」場合は自由です。批判したいのに傷つきたくない場合はここちゃんと考えないと駄目です。


大きく2つのポイントがあります。

1:「通は駄作も楽しむ」という淀川長治先生の言葉に従い、ユーモア交えて批判や批評をする。

2:最後に「でも、結構楽しめました。」「でも、意外と面白かったり。」などフォローをする。



この2つを意識するだけで不必要な論争は激減します。

1つ目だと「いや〜・・・期待したんですけど長野オリンピックジャンプ団体の1回目の原田のジャンプくらい失望しちゃいましたよ〜(笑)」とかそんな感じだと余裕が見えるじゃないですか。これですよ。

2つ目はもうそのままです。




これを「楽しめなかった。」「やはり私には合わない。」「絶賛される意味がわからない。」とか"だけ"言うから論争になるのです。文句じゃなくてこういう意見に「面白いとおもうけどねえ^^;」とか言うだけでキレる人とかいましたからね。バルス!バルス!バルス!べーーーーーーーだ!!!!!!!




さてまた取り乱しましたが、どんなにマイナスな意見でも言葉の使い方をちゃんと考えれば無駄な論争は起きません。人の目を気にしすぎる必要はありませんが、論争を避けたい場合は気をつけましょうね。



そして、映画は娯楽ですので批評や批判が趣味でない限り楽しむのが一番です。どんな映画でも褒めるところはありますよ。「この駄作確定の企画を全力で作り上げた製作陣に経緯を評したい」とかね(笑)


言葉は喜びも悲しみも怒りも生みます。誰でも言葉を発信できる今の時代だからこそそのことに気をつけていきたいですね。