恋するフォーチュンクッキーの替え歌で実写版『魔女の宅急便』感想を書いてみる・・・[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

恋するフォーチュンクッキーの替え歌で実写版『魔女の宅急便』感想を書いてみる・・・[ネタバレなし]


お断り

本記事はAKB48の人気曲"恋するフォーチュンクッキー"の替え歌で実写版『魔女の宅急便』をいじっております。つきまして賛否吹き荒れるこの映画の賛成派の方の心に相当の負担をかけるおふざけとなっております。どうぞご了承ください。


WATCHAでレビューをチェック&書いてみる





『魔女の宅急便』基本情報

タイトル
=魔女の宅急便

監督
=清水崇

出演
=小芝風花
=尾野真千子
=広田亮平
=山本浩司
=新井浩文
=吉田羊
=浅野忠信
=筒井道隆
=宮沢りえ
=寿美菜子

ストーリー
13歳になった魔女の血を引く少女キキは、掟に従い、一人前の魔女になるため修行の旅に出る。黒猫ジジと一緒にほうきに乗って旅立った彼女は、やがてたどり着いた海辺の町コリコで、パン屋のおソノのもとに居候することに。そこで空飛ぶお届けもの屋「魔女の宅急便」を始めたキキだったが……。

予告編


"恋するフォーチュンクッキー"の替え歌で感想言うわ

AKB48の"恋するフォーチュンクッキー"の歌詞を変えて感想言ってみる(´・ω・`)

ジブリのことが好きだけど
実写化まるで興味ない
何度目かのおサボりの準備
Yeah! Yeah! Yeah!

原作ジブリじゃないけど
比較されるのは避けられない
比較すると擁護派ブチギレ
Yeah! Yeah! Yeah!

映画館行ってみたよ
ぼんやり鑑賞した
知らぬ間にリズムに合わせ
つま先から動き出す
わけがないよ、CGがさ・・・
カモン カモン カモン カモン キキ
つまらないよ

実写の魔女宅鑑賞
キキちゃんそんな悪くないよ
Hey! Hey! Hey!
だけどCG
マジ低レベル過ぎ
キキちゃんフォーチュンクッキー
彼女の
演技は可愛らしい
Hey! Hey! Hey!
Hey! Hey! Hey!
CG捨てたもんじゃないよね
そんな甘えが映画に潜む
あなたを愛することはきっとできない・・・

ホントは見る気なかったの
ジブリの魔女宅好きだから
リアクションは想像つくから
Yeah! Yeah! Yeah!

原作に則してるって
男の子は言うけど
CGがアドヴァンテージ
いつだってハリウッドが
CG処理は1位になる
グラ グラ グラ グラビティ 
CG凄い

実写の魔女宅鑑賞
そのジジ
全CGなのか
Hey! Hey! Hey!
先の展開
唖然としちゃったよ
涙の魔女宅鑑賞
そんなに
ネガティブにならずに
Hey! Hey! Hey!
Hey! Hey! Hey!
世界は愛で溢れているよ
とか言う言葉で妥協できぬ
とにかくCG、CGマジ駄目よ

カモン カモン カモン カモン ベイビー
CG駄目

実写の魔女宅鑑賞
キキちゃんそんな悪くないよ
Hey! Hey! Hey!
だけどCG
マジ低レベル過ぎ
キキちゃんフォーチュンクッキー
彼女の
演技は可愛らしい
Hey! Hey! Hey!
Hey! Hey! Hey!
CG捨てたもんじゃないよね
そんな甘えが映画に潜む
あなたを愛することはきっとできない・・・



補足

まあそんな感じです。


[DVD発売済み]

「ジブリは原作じゃない!だからジブリと比べるな!」
⇒わかってますよ、でも「比べるな!」というマインドセットの段階で潜在意識下どころか顕在意識でジブリの『魔女の宅急便』を意識してるので比べないで完全に切り離すことは不可能。


「原作を読んでない奴らが否定する!」
⇒原作面白いよねえ。


「小芝風花ちゃん頑張ってるじゃん!」
⇒それは文句無し!上の替え歌でも評価したよん。


ジブリどうとか原作どうとかはいいんです、そういうの置いておきましょう。

何が不満だって「CGとカバ」ですよ!

CG技術は様々ありますが、素人視点からだと「足すCG」と「引くCG」があります。

足すCGは文字通りCGで色々足してくこと。『ライフ・オブ・パイ』や『ゼロ・グラビティ』はもうホントお見事でしたね。あのトラがCGとは、あの宇宙背景全てCGとは。

引くCGはクリストファー・ノーラン監督映画でよくありますね。『インセプション』の無重力空間でセットは回転させてるけどさすがに無重力はできないのでジョセフ・ゴードン=レヴィットはワイヤーで吊るされてます。そのワイヤーをCGで消す、これは引くCGです。

本作は当然足すCG。ただそれが「CGだお〜(^q^)」全開でもうそれがいちいち気になっちゃいましてね・・・映画は映像あってこそですのでそこ気になっちゃうとやっぱ入り込めなくて、ジブリ比較云々とか原作云々の前に「おうふ(´・ω・`)」でした。

で、クライマックスのカバさん・・・これもまあCG・・・なんですが、キキちゃんあんな目に遭わせなくても他に解決法あるだろ大人!!!!

キキちゃん危険な目に遭わせんじゃねーよバーーーーーーーーーカ!!!!!!!!

っていう展開が気になっちゃってこれもまた・・・。


繰り返しますがキキちゃん可愛らしくて良かったですねえ。それだけにもう少しどうにかなっただろって思います。メッセージどうこうはやっぱのめり込んでこそですからね。残念な映画でした。


ところで、提案があります。(戯言です)
この不思議な世界観はありだと思うので・・・
ウェス・アンダーソン監督で『魔女の宅急便』をリメイクしましょう!『ムーンライズ・キングダム』的空気感の実写化、絶対おもしろいから!!


ってことで読んだところで何も意味の無い感想記事おしまい。ご不快に思われた方、ごめんなさいね。



私的満足度

★=星1=ダメなもんはダメ!クソ!

【評価の参考値】
★★★★★+・・・満点以上の個人的超傑作!
★★★★★・・・・お見事!これは傑作です!
★★★★・・・・・素晴らしい作品でした!
★★★・・・・・・普通に楽しめました。←平均評価
★★・・・・・・・ん〜イマイチ乗れませんでした。
★・・・・・・・・ダメなもんはダメ!クソ!
※通知表のような5段階評価で、個人的にツボった作品は例外で5+にしています。
ちなみに私は映画は楽しむ&褒めるスタンスなので評価相当甘いです。




written by shuhei