第86回アカデミー賞受賞結果一覧&式後総結 - Cinema A La Carte

第86回アカデミー賞受賞結果一覧&式後総結

【第86回アカデミー賞受賞結果】

作品賞
◎それでも夜は明ける(スティーヴ・マックイーン監督)
アメリカン・ハッスル(デヴィッド・O・ラッセル監督)
ゼロ・グラビティ(アルフォンソ・キュアロン監督)
キャプテン・フィリップス(ポール・グリーングラス監督)
ウルフ・オブ・ウォールストリート(マーティン・スコセッシ監督)
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(アレクサンダー・ペイン監督)
ダラス・バイヤーズクラブ(ジャン=マルク・ヴァリー監督)
her 世界でひとつの彼女(スパイク・ジョーンズ監督)
あなたを抱きしめる日まで(スティーブン・フリアーズ監督)


監督賞
◎アルフォンソ・キュアロン(ゼロ・グラビティ)
デヴィッド・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル)
スティーヴ・マックイーン(それでも夜は明ける)
アレクサンダー・ペイン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
マーティン・スコセッシ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)


主演男優賞
キウェテル・イジョフォー(それでも夜は明ける)
◎マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)
ブルース・ダーン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
クリスチャン・ベイル(アメリカン・ハッスル)
レオナルド・ディカプリオ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)


主演女優賞
◎ケイト・ブランシェット(ブルージャスミン)
サンドラ・ブロック(ゼロ・グラビティ)
ジュディ・デンチ(あなたを抱きしめる日まで)
エイミー・アダムス(アメリカン・ハッスル)
メリル・ストリープ(8月の家族たち)


助演男優賞
◎ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)
マイケル・ファスベンダー(それでも夜は明ける)
バーカッド・アブディ(キャプテン・フィリップス)
ブラッドリー・クーパー(アメリカン・ハッスル)
ジョナ・ヒル(ウルフ・オブ・ウォールストリート)


助演女優賞
ジェニファー・ローレンス(アメリカン・ハッスル)
◎ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)
ジューン・スキッブ(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
ジュリア・ロバーツ(8月の家族たち)
サリー・ホーキンス(ブルー・ジャスミン)


脚本賞
◎her 世界でひとつの彼女
ブルージャスミン
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
アメリカン・ハッスル
ダラス・バイヤーズクラブ


脚色賞
ビフォア・ミッドナイト
ウルフ・オブ・ウォールストリート
◎それでも夜は明ける
キャプテン・フィリップス
あなたを抱きしめる日まで


撮影賞
グランド・マスター
◎ゼロ・グラビティ
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
プリズナーズ


編集賞
それでも夜は明ける
アメリカン・ハッスル
キャプテン・フィリップス
ダラス・バイヤーズクラブ
◎ゼロ・グラビティ


美術賞
それでも夜は明ける
アメリカン・ハッスル
ゼロ・グラビティ
◎華麗なるギャツビー
her 世界でひとつの彼女


視覚効果賞
◎ゼロ・グラビティ
ホビット 竜に奪われた王国
アイアンマン3
ローン・レンジャー
スター・トレック イントゥ・ダークネス


録音賞
キャプテン・フィリップス
◎ゼロ・グラビティ
ホビット 竜に奪われた王国
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ローン・サバイバー


音響効果賞
オール・イズ・ロスト 最後の手紙
キャプテン・フィリップス
◎ゼロ・グラビティ
ホビット 竜に奪われた王国
ローン・サバイバー


衣装デザイン賞
それでも夜は明ける
アメリカン・ハッスル
グランド・マスター
◎華麗なるギャツビー
The Invisible Woman


メイキャップ&ヘアスタイリング賞
◎ダラス・バイヤーズクラブ
jackass クソジジイのアメリカ横断チン道中
ローン・レンジャー


作曲賞
やさしい本泥棒
◎ゼロ・グラビティ
her 世界でひとつの彼女
あなたを抱きしめる日まで
ウォルト・ディズニーの約束


主題歌賞
"Happy"(怪盗グルーのミニオン危機一発)
◎"Let It Go"(アナと雪の女王)
"The Moon Song"(her 世界でひとつの彼女)
"Ordinary Love"(Mandela: Long Walk to Freedom)



長編アニメーション賞
◎アナと雪の女王
風立ちぬ
アーネストとセレスティーヌ
怪盗グルーのミニオン危機一発
クルードさんちのはじめての冒険


外国語映画賞
オーバー・ザ・ブルースカイ(ベルギー)
◎追憶のローマ(イタリア)
偽りなき者(デンマーク)
The Missing Picture(カンボジア)
Omar(パレスチナ)


長編ドキュメンタリー映画賞
◎バックコーラスの歌姫たち
アクト・オブ・キリング
キューティー&ボクサー
Dirty Wars
The Square


短編実写映画賞
Aquel No Era Yo (That Wasn't Me)
全てを失う前に
◎Helium
Pitääkö Mun Kaikki Hoitaa?
The Voorman Problem


短編ドキュメンタリー賞
CaveDigger
Facing Fear
Karama Has No Walls
◎The Lady in Number 6: Music Saved My Life
Prison Terminal: The Last Days of Private Jack Hall


短編アニメーション賞
Feral
ミッキーのミニー救出大作戦
◎Mr. Hublot
九十九
Room on the Broom


感想

非常に順当な結果であったと思います。作品賞、監督賞、各俳優賞等全てが前哨戦で最重要と言われる組合賞と同じ結果でありました。つまるところ「アカデミー賞偏ってる」っていうほどのものでも無い結果となりました。

私はサプライズを予想しすぎて例年以上に外し的中率70%でした(笑)

まず大好きな『ゼロ・グラビティ』が最多受賞したことを素直に嬉しく思います。3部門受賞に留まりつつも『それでも夜は明ける』が作品賞を受賞。この2作はうまく分かれたので良かったと思います。喜び分け、痛み分けの結果ですね。

その2作に完全に食われてしまったのが『アメリカン・ハッスル』。最多ノミネートで0部門受賞はなんと『ギャング・オブ・ニューヨーク』以来なんですねえ。でも面白い作品でしたのでこれからも多くの人に見てほしいなとは思いますね。

技術部門は『ゼロ・グラビティ』がほぼ独占。順当です。『風立ちぬ』はアニメーション賞を逃しましたが『アナと雪の女王』さすがの貫禄といったところでこの辺りも納得ですね。

作品賞こそ『ゼロ・グラビティ』に獲ってほしかったですが、全てにおいて納得のいく結果になり個人的には爽やかな気持ちで今これを書いています。昨年も爽やかな気持ちでして、映画祭りの年度締めとして今年も楽しかったなと思います。

そして総括する上で忘れてはいけないのが司会のエレン・デジェネレスの素晴らしい振る舞い!昨年映像を駆使してオープニングを盛り上げたセス・マクファーレンと打って変わってトークだけで会場を今までにないほど盛り上げていました。さすがです。

ピザの出前を注文して会場で配ったり(ブラピが皿配りしてたのに爆笑w)、見たこと無いほど豪華なメンバーで写メ撮ってツイートしたり。しかもそのツイートが瞬間RTの世界新記録を更新!Twitterのサーバーが一時ダウンする事態に。凄すぎます。

こちらw

人を傷つけたりしなくても、ブラックジョークを言わなくても、トークで人の心を掴んでみんなを笑顔にすることができる。それをエレン・デジェネレスは改めて証明したなと思います。ビリー・クリスタルと並んでアカデミー賞の司会と言えばこの人!と言われることになるのでは無いでしょうか。3回目の登板、願っております。

今までで一番笑った楽しいアカデミー賞でした!
映画ファンとしてはこれが年度締め。来年のアカデミー賞まで、ここから新たな映画年が始まります。引き続きどうぞよろしくお願いします。