映画『カポーティ』紹介、傑作小説『冷血』執筆までにあったカポーティの苦悩を静かに不気味に描く傑作[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

映画『カポーティ』紹介、傑作小説『冷血』執筆までにあったカポーティの苦悩を静かに不気味に描く傑作[ネタバレなし]



『カポーティ』基本情報

タイトル
=カポーティ

原題
=capote

監督
=ベネット・ミラー

キャスト
=フィリップ・シーモア・ホフマン
=キャサリン・キーナー
=クリス・クーパー
=クリフトン・コリンズ・Jr.
=ブルース・グリーンウッド

ストーリー
1959年11月15日、カンザス州ホルカムで農家の一家が惨殺される事件が発生。「ティファニーで朝食を」で名声を高めた作家トルーマン・カポーティは、この事件に興味を覚え、小説「冷血」の執筆を決意し、現地へ飛び、事件の容疑者ペリーと面会する……。

予告編



こんな映画です

フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなってしまったので振り返る感じでご紹介です。この映画でフィリップ・シーモア・ホフマンはアカデミー賞の主演男優賞を受賞しました。トルーマン・カポーティの傑作小説『冷血』は如何にして誕生したのか、に迫った映画です。

『冷血』で描かれた事件の捜査やカポーティの苦悩が描かれていきます。


魅力を語らせて頂きますと

これはもうフィリップ・シーモア・ホフマンの完全コピーの演技でしょう。リアルタイムでのトルーマン・カポーティは知りませんが、後で調べたら見た目も喋り方も仕草も本人そのもの!その完全コピーの演技そのものが本映画最大の魅力と言えるでしょう。

この映画の監督はベネット・ミラー。本作より後に製作されたブラッド・ピット主演の『マネーボール』の方が有名かもしれませんね。あの作品でもフィリップ・シーモア・ホフマン出演してます。

ベネット・ミラーの本作の演出を一言で言えば「地味渋い」これに尽きるでしょう。内容が内容ですので華やかさはなく、だからこそ無駄な装飾をせずに淡々と事件の真相やカポーティの内面に迫っていきます。静かに静かに映画は進み、最後は何とも言えない気持ちになりました。

この映画では『冷血』の執筆に焦点を当てており晩年は描かれていません。晩年は薬物中毒とアルコール中毒で苦しみ59歳で急死しました。フィリップ・シーモア・ホフマンの最後が薬物死であったのでカポーティと重ねずにはいられません。

カポーティの薬物中毒、アルコール中毒の起因はきっと『冷血』の取材にもあったのでしょう。あまりに悲しい事件の真相にカポーティは心を痛めていたことでしょう。『冷血』というタイトルを考えた時のドヤ顔の裏には悲しさや苦悩が漂っていました。

かれこれ2006年の映画でして、劇場で鑑賞して以来見てません。傑作だったのは一回見てわかりつつもここまで書いてる通り重い作品であり、エンターテイメント性はありません。それ故にリピートはしてきませんでした。

しかし今日でもすぐにあのフィリップ・シーモア・ホフマンの演技を思い出すことができます。それくらい自然に変人トルーマン・カポーティをがっつり演じていたということでしょう。




こんな方にオススメ!

トルーマン・カポーティの小説『冷血』を読んでる方と読んでない方で印象が変わると思います。しかし必ずしも読んでる必要は無いです。

フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなったこのタイミングですので、フィリップ・シーモア・ホフマンへ思い入れがある方は是非ご覧ください。


Amazon