第86回アカデミー賞作品賞候補作9作品、全て鑑賞したので満足度ランキング付けちゃう - Cinema A La Carte

第86回アカデミー賞作品賞候補作9作品、全て鑑賞したので満足度ランキング付けちゃう


いよいよ3月2日(日本時間3日)に迫った第86回アカデミー賞受賞式。今回の記事では予想や情勢は抜きにして、作品賞候補9作品全てを見た総括をしたいと思います。

9作品の私的満足度ランキングを付けますが、一番下位の作品であっても星5を付けてます。つまり今年は全て素晴らしい作品だったと言うのが私の感想です。毎年1〜2個地雷あるんですけど今年はマジ良い(笑)


アカデミー賞作品賞ノミネート9作品の私的満足度ランキング

※URLはレビューリンクです。

1位:『アメリカン・ハッスル』



2位:『ゼロ・グラビティ』




3位:『キャプテン・フィリップス』



4位:『あなたを抱きしめる日まで』



5位:『ウルフ・オブ・ウォールストリート』



6位:『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』



7位:『ダラス・バイヤーズクラブ』



8位:『それでも夜は明ける』




9位:『her 世界でひとつの彼女』




※全 て 傑 作 で す ! ! (笑)


herも素晴らしい作品です!しかし上位4つが好きすぎて・・・(笑)

初見の驚きは『ゼロ・グラビティ』1位でしたが、『アメリカン・ハッスル』を繰り返し見たらもう愛せずにはいられないわけで!!『キャプテン・フィリップス』も『あなたを抱きしめる日まで』も文句無しの満点作品!

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は謎の魅力に溢れていて順位から外したいくらい(笑)ホントどの作品もそれぞれ魅力があります。

さて、アカデミー賞まであと2週間足らず!!私の受賞予想は来週出したいと思います(・∀・)