ソーシャルメディアコンサルティングについてのご相談やご依頼 - Cinema A La Carte

ソーシャルメディアコンサルティングについてのご相談やご依頼



大学時代からウェブ会社でインターンをしていて、その流れの中でTwitterを使い始めたのが全ての始まりです。遊びで使いつつ友人とどうやったら影響力を持てるかと試行錯誤しました。まだブームになる前の2009年のことです。

その中でソーシャルメディアのビジネス活用を模索し、Twitterやブログの活用コンサルティングを仕事として行うようになってきました。2010年まではベンチャー企業を転々と。facebookが日本でブームになる前にビジネス活用のコンサルティングを行ないたいと申し出たところ、「そんなの流行らないだろうし責任が持てないから外でやってくれ。」と言われ個人でコンサルティングを行うように。結果今のようなfacebook/Twitter二強時代となり2011年秋から独立して奮闘しています。

Twitterやfacebookをブーム前に活用できたことは良かったですが、同時にそれらを馬鹿にしていて消えていった方々をたくさん見てきました。今ある状況、自分が強みとするものが永続しないのがソーシャルメディア、ウェブの世界ですのでその辺は常に客観視しています。新興サービスを馬鹿にせず、今流行りのTwitterやfaebookを礼賛しないようにしています。常に冷静に客観視できるよう心がけています。Google+のコンサルティングにも最近は力を入れています。流行ってないと馬鹿にされても必要不可欠だと私は思っています。2014年末、今以上にGoogle+は必要不可欠になります。みなさんも是非始めましょう。

----------------------------

現在行っている仕事は"ソーシャルメディアコンサルティング"ですが、大きく分けて3つあります。
・ソーシャルメディアを企業が如何に活用できるかのコンサルティング
・ソーシャルメディアのリテラシー教育(社員の機密漏洩&炎上対策)
・ソーシャルメディアのリスクマネジメント(企業アカウントのクレームや炎上対策)

ソーシャルメディアの企業活用はもう自然な時代となりました。しかし新たに何かを始めることはリスクを伴います。それはどの分野でもそう。だからこそそのリスクを理解し、対策することでライバル他社よりもソーシャルメディアを活用できるようにしていくのが私の仕事です。

マニュアルやノウハウ、当然あります。しかしそれは下地に過ぎません。それらを高額で売る仕事もありますが、そんなの無料で提供できます。"大切なのは考える力を付けさせること"です。

ソーシャルメディアの運用担当者、社員、経営者の方々に。その"腹に落ちる"コンサルティングを常にできるように心がけています。

----------------------------

他にもグロースハックのプロデュースやブログの活用コンサルティングも行っています。

様々なSNSやブログのコンサルティングを行う中で、企業のプロジェクトにローンチ前から携わるようになってきました。それが結果的に今やっと言葉が普及してきた"グロースハッカー"という仕事でした。気付いたらそれをやってました。ただただ大きな予算を広告に投入し、あとはお客さんがくるかを祈るだけという従来のものから脱却し、常に数値分析を大切にし成長戦略を描くのがグロースハックと呼ばれるものです。それはSNSやブログとの連動不可欠ですので、延長線で現在はこの仕事も力を入れています。

ブログのコンサルティングにも力を入れています。ソーシャルメディアは情報が流れていくものですが、ブログは情報が蓄積されていくもの、Google検索にかかるものです。ブログの活用がソーシャルメディアの活用の土台になることもあります。自分自身が月60万PVの映画ブログを運営していることもあり、その経験則を踏まえ地に足付いたブログ活用のコンサルティングを行っております。

----------------------------

フリーランスの身ゆえにフットワークは軽いです。どんなご相談も初回アポイントは完全無料です。Skypeまたは実際お会いしてお話しましょう。何事もまずはご縁からです。

メール= shuhei0919@gmail.com