企業でTwitterの担当者は、許可されてても個人アカウントを会社PCで使うべきではない!〜リスク回避策を添えて〜 - Cinema A La Carte

企業でTwitterの担当者は、許可されてても個人アカウントを会社PCで使うべきではない!〜リスク回避策を添えて〜

|
タイトル通りの内容で、それ以上でもそれ以下でもありません。

自分のアカウントと企業のアカウントの切り替えを忘れて投稿すると大問題に発展する場合もあります。以下の画像1枚でおわかり頂けると思います。

増税が決まったあと、きっと自分のアカウントへ投稿しようとしたのでしょう(笑)その結果以下のような投稿をせざるを得ない事態に。



投稿の内容は匿名ならまあよく見かける内容ですが、セガ公式がこのテイストで増税揶揄しちゃそりゃダメですよね(笑)

誤投稿すべきでないことはそりゃ誰でもわかってます。そうならないように誰もが心がけていることでしょう。しかしほんの気の緩みから一度でも誤投稿をしてしまうと・・・今回のようになってしまうのです。

誤投稿を回避するにはどうしたら良いのでしょうか?いくつかまとめてみましょう。

・企業でTweetdeckやHootSuiteといった複数同時ログインサービスを使用してる場合、個人アカウントは紐付けない

・Twitter公式サービスを使用してる場合、ログインし直し忘れが起きるので個人アカウントは仕事中は我慢

・どうしても仕事中に個人アカウントも使いたい場合、もしくは情報収集での使用が許されてる場合はアプリやサービスのレベルから棲み分ける(企業公式はTwitter公式、個人は"ついっぷる"というように)



要するに気の緩みから起きるミスを根こそぎ無くすしかないです。3つ目の提案は若干それが起きる可能性もあるので個人アカウントの就業中の使用はしないのがやはり一番良いでしょうね。セガ公式の運用者の肩を持つわけではありませんが、悪気があってやったわけではないはずです。本当にちょっとした気の緩みが原因でしょう。

しかしそれがこのように記事にされてしまったり、こちらのようにネタにされてしまったりするのです。ソーシャルメディア運用は積み重ね実績なのでこういったミスは本当にもったいないです。それは起きないように運用者はもう一度ソーシャルメディアの使用状況(Twitter以外のものも含めて)考えなおしてみてはいかがでしょうか。