『アメリカン・ハッスル』で使われてる楽曲でお気に入りなのをまとめておく - Cinema A La Carte

『アメリカン・ハッスル』で使われてる楽曲でお気に入りなのをまとめておく


1月31日、いよいよ公開の『アメリカン・ハッスル』。既に鑑賞させて頂きSNS等でなりふり構わず大絶賛させて頂いております。色んな角度から記事も書いてるので是非御覧ください。


『アメリカン・ハッスル』感想、最高に面白い!実話ベースのクライム・サスペンス・エンターテイメント・コメディここに見参!"エイミー・アダムスの愛人になりたい…"


『アメリカン・ハッスル』を最大限に楽しむためのちょっとした心構え


『アメリカン・ハッスル』、史実と異なる箇所解説、史実と異なるラストの意図とは?【ストーリー上のネタバレは無し!】


痩せたい?でもこれは真似るな危険!クリスチャン・ベイル式ダイエット!



さて、本日は『アメリカン・ハッスル』で使用されてる楽曲の中でのお気に入りを数曲ご紹介します。



□まずは映画を包括するこの曲!
"Jeep's Blues" / Duke Ellignton




□:続いて最初の◯◯映像の裏でかかる曲
"A Horse with no Name" / America




□続いてサントラ未収録のオープニング・クレジットでかかるこちらの楽曲
"Dirty Work" from STEELY DAN




□続いて事実上の本作テーマ曲
"10538 Overture" / Electric Light Orchestra




□続いてジェニファー・ローレンスが強烈な印象を残すお掃除シーンの曲
"Live and Let Die" / Paul Mccartney




□最後に本編では一瞬しかかからないけど私的一番好きなこの曲!
(かかるのはエイミーとブラッドリーのトイレで◯◯のとこ)
"Don't Leave Me This Way" / Harold Melvin & The Blue Notes 



鑑賞前に気分を盛り上げるために聴くも良し!
鑑賞後に余韻に浸るために聴くも良し!

『アメリカン・ハッスル』、みんなで盛り上げていきましょう!!