【第71回ゴールデン・グローブ賞】受賞結果!『『アメリカン・ハッスル』が最多受賞!『それでも夜は明ける』がドラマ部門作品賞!『ゼロ・グラビティ』監督賞!  - Cinema A La Carte

【第71回ゴールデン・グローブ賞】受賞結果!『『アメリカン・ハッスル』が最多受賞!『それでも夜は明ける』がドラマ部門作品賞!『ゼロ・グラビティ』監督賞! 


【第71回ゴールデン・グローブ賞】受賞結果一覧

◎が受賞作品

[映画部門]

□ドラマ部門

作品賞
◎それでも夜は明ける
キャプテン・フィリップス
ゼロ・グラビティ
あなたを抱きしめる日まで
ラッシュ プライドと友情

主演男優賞
キウェテル・イジョフォー(それでも夜は明ける)
イドリス・エルバ(Mandela: Long Walk to Freedom)
トム・ハンクス(キャプテン・フィリップス)
◎マシュー・マコノヒー(ダラス・バイヤーズクラブ)
ロバート・レッドフォード(オール・イズ・ロスト 最後の手紙)

主演女優賞
◎ケイト・ブランシェット(ブルー・ジャスミン)
サンドラ・ブロック(ゼロ・グラビティ)
ジュディ・デンチ(あなたを抱きしめる日まで)
エマ・トンプソン(ウォルト・ディズニーの約束)
ケイト・ウィンスレット(とらわれて夏)


□ミュージカル・コメディ部門

作品賞
◎アメリカン・ハッスル
her 世界でひとつの彼女
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
ウルフ・オブ・ウォールストリート

主演男優賞
クリスチャン・ベイル(アメリカン・ハッスル)
ブルース・ダーン(ネブラスカ ふたりの心をつなぐ旅)
◎レオナルド・ディカプリオ(ウルフ・オブ・ウォールストリート)
オスカー・アイザック(インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌)
ホアキン・フェニックス(her 世界でひとつの彼女)

主演女優賞
◎エイミー・アダムス(アメリカン・ハッスル)
ジュリー・デルピー(ビフォア・ミッドナイト)
グレタ・ゲルウィグ(Frances Ha)
ジュリア・ルイス=ドレイファス(Enough Said)
メリル・ストリープ(8月の家族たち)


□共通部門

監督賞
◎アルフォンソ・キュアロン(ゼロ・グラビティ)
ポール・グリーングラス(キャプテン・フィリップス)
スティーヴ・マックイーン(それでも夜は明ける)
アレクサンダー・ペイン(ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅)
デヴィッド・O・ラッセル(アメリカン・ハッスル)

助演男優賞
バーカッド・アブディ(キャプテン・フィリップス)
ダニエル・ブリュール(ラッシュ プライドと友情)
ブラッドリー・クーパー(アメリカン・ハッスル)
マイケル・ファスベンダー(それでも夜は明ける)
◎ジャレッド・レト(ダラス・バイヤーズクラブ)

助演女優賞
サリー・ホーキンス(ブルージャスミン)
◎ジェニファー・ローレンス(アメリカン・ハッスル)
ルピタ・ニョンゴ(それでも夜は明ける)
ジュリア・ロバーツ(8月の家族たち)
ジューン・スキッブ(ネブラスカ ふたりの心をつなぐ旅)

脚本賞
それでも夜は明ける
アメリカン・ハッスル
◎her 世界でひとつの彼女
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
あなたを抱きしめる日まで

作曲賞
それでも夜は明ける
◎オール・イズ・ロスト 最後の手紙
やさしい本泥棒
ゼロ・グラビティ
Mandela: Long Walk to Freedom

主題歌賞
「Atlas」(ハンガー・ゲーム2)
「Let It Go」(アナと雪の女王)
◎「Ordinary Love」(マンデラ自由への長い道)
「Please Mr. Kennedy」(インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌)
「Sweeter Than Fiction」(ワン チャンス)

アニメーション映画賞
クルードさんちのはじめての冒険
怪盗グルーのミニオン危機一発
◎アナと雪の女王

外国語映画賞
アデル、ブルーは熱い色(フランス)
◎The Great Beauty(イタリア)
偽りなき者(デンマーク)
The Past(イラン)
風立ちぬ(日本)



[TV部門]

□ドラマ部門

作品賞
◎『ブレイキング・バッド』
『ダウントン・アビー』
『グッド・ワイフ』
『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
『MASTERS OF SEX』

男優賞
◎ブライアン・クランストン(ブレイキング・バッド)
リーヴ・シュレイバー(RAY DONOVAN)
マイケル・シーン(MASTERS OF SEX)
ケヴィン・スペイシー(ハウス・オブ・カード 野望の階段)
ジェームズ・スペイダー(ブラックリスト)

女優賞
ジュリアナ・マルグリース(グッド・ワイフ)
タチアナ・マズラニー(ORPHAN BLACK)
テイラー・シリング(ORANGE IS THE NEW BLACK)
ケリー・ワシントン(スキャンダル 託された秘密)
◎ロビン・ライト(ハウス・オブ・カード 野望の階段)


□コメディ・ミュージカル部門

作品賞
『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』
◎『BROOKLYN NINE-NINE』
『GIRLS』
『モダン・ファミリー』
『PARKS AND RECREATION 』

男優賞
ジェイソン・ベイトマン(ブルース一家は大暴走)
ドン・チードル(HOUSE OF LIES)
マイケル・J・フォックス(THE MICHAEL J. FOX SHOW)
ジム・パーソンズ(ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則)
◎アンディ・サムバーグ(BROOKLYN NINE-NINE)

女優賞
ズーイー・デシャネル(New Girl ~ダサかわ女子と三銃士)
レナ・ダナム(GIRLS)
イーディ・ファルコ(ナース・ジャッキー)
ジュリア・ルイス=ドレイファス(VEEP)
◎エイミー・ポーラー(PARKS ANDRECREATION)



□ミニシリーズ・TV映画部門

作品賞
トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~
AMERICAN HORROR STORY: COVEN
◎恋するリベラーチェ
DANCING ON THE EDGE
WHITE QUEEN

男優賞
イドリス・エルバ(刑事ジョン・ルーサー)
マット・デイモン(恋するリベラーチェ)
◎マイケル・ダグラス(恋するリベラーチェ)
キウェテル・イジョフォー(DANCING ON THE EDGE)
アル・パチーノ(PHIL SPECTOR)

女優賞
◎エリザベス・モス(トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~)
ヘレナ・ボナム=カーター(BURTONAND TAYLOR)
レベッカ・ファーガソン(WHITE QUEEN)
ジェシカ・ラング(AMERICAN HORROR STORY:COVEN)
ヘレン・ミレン(PHIL SPECTOR)


□共通部門

助演男優賞
ジョシュ・チャールズ(グッド・ワイフ)
ロブ・ロウ(恋するリベラーチェ)
アーロン・ポール(ブレイキング・バッド)
コリー・ストール(ハウス・オブ・カード 野望の階段)
◎ジョン・ヴォイト(RAY DONOVAN)

助演女優賞
◎ジャクリーン・ビセット(DANCING ON THE EDGE)
ジャネット・マクティア(WHITE QUEEN)
ヘイデン・パネッティーア(NASHVILLE)
モニカ・ポッター(PARENTHOOD)
ソフィア・ヴァーガラ(モダン・ファミリー)


コメント
いや〜割れましたね(笑)
前哨戦で善戦してた4作品『それでも夜は明ける』『ゼロ・グラビティ』『アメリカン・ハッスル』『her 世界でひとつの彼女』がそれぞれ受賞してるのでとんでもないものがひょっこり出てきた感は無い順当な結果と言えるでしょう。

最多受賞は『アメリカン・ハッスル』で3部門。『それでも夜は明ける』『ゼロ・グラビティ』がドラマ部門で分かれてたのでコメディ・ミュージカル部門で3つサクッと獲っていきましたね。既に鑑賞させて頂きましたが最高に面白いので是非アカデミー賞でも結果を残してほしいです。
⇒『アメリカン・ハッスル』のレビューはこちら

『それでも夜は明ける』は作品賞を受賞しましたが、主演男優賞と監督賞を逃しました。逆に『ゼロ・グラビティ』は監督賞を受賞しましたが、主演女優賞と作品賞を逃しました。結果的にどちらも1部門止まり。『アメリカン・ハッスル』以上に前哨戦で強かった2作品。どうなっていくか非常に興味深いです。
⇒『それでも夜は明ける』のレビューはこちら
⇒『ゼロ・グラビティ』のレビューはこちら

4番手の『her 世界でひとつの彼女』。こちらOSの音声ガイドに恋する男の物語ということでアカデミー賞の老会員には受けない可能性がありますが、ゴールデングローブ賞では強豪を押し退けての脚本賞受賞ですのでアカデミー賞4番手として食い込んでくる可能性もありますね。作品はまだ未鑑賞。楽しみな作品の1つです。

アカデミー賞は同業者の賞、ゴールデングローブ賞は記者の賞、批評家賞は批評家の賞です。つまりアカデミー賞レースと言っても批評家賞とアカデミー賞は投票する層が異なるのです。それゆえに俗にいう"番狂わせ"が良く起きます。今後アカデミー賞を予想する上で最も重要なデータは今回のゴールデングローブ賞ではありません。組合賞と呼ばれる同業者が投票する各賞です。その辺のデータに基づいたアカデミー賞ノミネート予想は近日発表したいと思います。

ゴールデングローブ賞はどこか和気あいあいとした雰囲気があってお祭りとしてはアカデミー賞より好きだったりします。今年もたくさん笑わせて頂きました。受賞したみなさま、おめでとうございます!