「◯◯で美人になる」とか「◯◯で男性は胸キュン」とかそういうコラム記事はアンチテーゼ考えないで鵜呑みにすると痛い目に遭うぞ【A la carte/色々コラム】 - Cinema A La Carte

「◯◯で美人になる」とか「◯◯で男性は胸キュン」とかそういうコラム記事はアンチテーゼ考えないで鵜呑みにすると痛い目に遭うぞ【A la carte/色々コラム】

|

男性社員こぞって胸キュン!「マスク美人」になるちょっとしたコツ

という記事が先日SNSで流れてきたので興味本位で開いてみました。
書いてあることは「ふむふむ、確かに」と割と納得でした。
※つまりこちらの記事を批判する気は一切ありません、と予防線を張っておきます←

具体的には以下の4点をコツとしてピックアップしておりました。
1:ピンクの女性用マスクを選ぶ

2:アイメイクは念入りに

3:アイシャドウは暖色系

4:髪型は清潔感を意識する


でね、こういう記事って色々あるじゃないですか。特に恋愛や美容系で「これであなたも◯◯」とかそういうやつ。記事書いてる側には全く悪気はないですし世の中を良くしたく書いてると思うんです。(多分)

でもですね、
読む側は全員がそれやれば効果あると思ってはいけない!!

必ずアンチテーゼ(真逆)のこと考えなければいけません。

例に上げた記事で考えると以下になります。
1:ピンクの女性用マスクを選ぶ
→ピンク似合わない女子の場合アウト

2:アイメイクは念入りに
→普段軽くしかしてない方はケバく見える、ってかあざとい

3:アイシャドウは暖色系
→2と同じく

4:髪型は清潔感を意識する
→そもそも清楚って全体から醸し出される雰囲気なので"雰囲気ブサイク"の人意味ない

※記事を批判する意図はありません(繰り返し)

読み手側は本当に自分に合うかを常に考えなければいけません。これは本でもそうでしょう。

『幸せになるための5つの◯◯』とかそういう類のものたくさんありますが幸せってそもそも何ですか?即答できます?できないでしょ。できないのに「幸せになりたい!」とかいう抽象的な願望持ってるとこういうのに縋りたくなるわけですよ。

気持ちはわかるんですが、
合う合わないは人それぞれ、それを決めるのは最後は自分であります。

今回例に上げさせて頂いた記事はまだライトな内容なのでみなさん冷静に読めると思いこれにしました。好きな人がいる時に恋愛コラムにすがったり、就活する時に就活マニュアルにすがったり、そういう焦りがある時こそ冷静に合う合わないを考え取捨選択していきましょう。

世の中ね、不公平なんぼですので。美人は何をしても美人だし、ブサイクは何をしてもブサイクです。でも世の中には美人で性格クソな人間もいれば、ブサイクで可愛くて最高に性格いい人間もいます。人に流されないこと。社会の秩序の中で自分らしく生きていきましょう。

『風立ちぬ』でも生きねば!って言ってたでしょ。ということでコラム記事がマニュアル本は100鵜呑みにせず、冷静に参照していきましょう。

おしまい。

--------------------
企業、個人事業主、ブロガー問わず以下のお仕事承ります。
・ブログ/SNSのビジネス運用のご相談/コンサルティング/プロデュース
・グロースハックに関するご相談/コンサルティング/プロデュース
・各種ライター業務

「ブログやSNSをここら辺でしっかりと売り上げに繋がるようにしたい。」

「今流行りのグロースハック、言葉だけ知っててよくわからない。売り上げに繋げたい。」

「文章書く人が足りない。」

こういったニーズに私、柳下修平お答えできます。まずはご縁、ご相談から。気になったらまずはメールをください。=shuhei0919@gmail.com

活動拠点は東京ですが、Skype/LINE/Hangoutを使って遠方のクライアント様のお力添えもさせて頂いております。

メールでのご相談及び初回アポイントはお見積りかかりません。お気軽にご連絡ください。

shuhei0919@gmail.com

--------------------