三谷喜劇の真骨頂、会議は踊るよ『清須会議』、中谷美紀最強なだけでOK!(笑)【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし] - Cinema A La Carte

三谷喜劇の真骨頂、会議は踊るよ『清須会議』、中谷美紀最強なだけでOK!(笑)【映画紹介/2013年公開作】[ネタバレなし]

『清須会議』鑑賞レビュー


『清須会議』基本情報

監督
=三谷幸喜

キャスト
=役所広司
=大泉洋羽
=小日向文世
=佐藤浩市
=鈴木京香
=妻夫木聡
=伊勢谷友介
=坂東巳之助
=剛力彩芽
=篠井英介
=中村勘九郎
=浅野忠信
=寺島進
=阿南健治
=松山ケンイチ
=でんでん
=市川しんぺー
=浅野和之
=染谷将太
=瀬戸カトリーヌ
=近藤芳正
=中谷美紀
=戸田恵子
=梶原善
=天海祐希
=西田敏行

ストーリー
本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をオールスターキャストで描く。三谷監督作品では初の時代劇。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長がこの世を去り、筆頭家老の柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に推薦する。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れし、秀吉は軍師・黒田官兵衛の策で、信長の弟・三十郎信包を味方に引き入れ、家臣たちの人心を掌握していく。やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの思惑が交錯する。

予告編


"笑う"は減ったが"楽しむ"は相変わらずお見事で満足!

どうしても三谷幸喜監督の映画は『マジック・アワー』で経験したことが忘れられません。公開初日のユナイテッド・シネマ豊洲で超満員の10番スクリーン。佐藤浩市さんの演技にみんな手を叩いて大爆笑。この経験が忘れられません。最高でありました。

なので今回の『清須会議』も人がたくさんいる初日にサクッと見てまいりました!(試写会は都合つかず)


[ Blu-ray/DVD 発売済み ]



結果としては劇場体験としては『マジック・アワー』の経験超えはならず。しかし、ある程度の日本史知識もあり会議と付随事項だけで進む映画をくすくすと笑いながら楽しむことができました。

いくつかレビュー読んでて気になったことがあるんですが、「史実と違う」という否定意見て何なんですかね?
史実そのものを描きたいならドキュメンタリーでやりますって。これは本作に限ったことではないです。

映画は史実を元に作られる娯楽なのです。歴史家気取ってツッコミ入れても面白く無いですよ。昔やってたけど面白くなかった(笑) 映画は楽しみましょう。


さて、話を戻しまして映画の感想を。
要するに狙いギャグ連発ではなく映画を一本の線として楽しむ感じだったな、と思いました。楽しむ映画として申し分無しだなと思いました。

役所広司さんがどすんと中心にいると思いきや、存在感でそれを上回る大泉洋さんが最高に面白かったです。小日向文世さんは『アウトレイジ ビヨンド』でもそうでしたが脇役でいい存在感出しますのう。

そんな感じで、一人ずつ俳優さんの良かったところを語っていきたい映画だな、と思いました。片っ端から書いていったら枚挙に暇がないので、一番気に入った方だけピックアップさせていただきます。

これはもう中谷美紀さんでしょう。最高に面白かったです!
中谷美紀さん無くしてこの映画は語れません。この人はシリアスな演技も良いですがこっちの突き抜けた感の方がやっぱ見てて面白いですよ。ダンスPV出してほしいくらいです(笑)

映画は史実ベースにしたエンターテイメントですが、史実を知らなくても俳優さんたちをご存知ならそういう視点でも楽しめると思います。ただ、史実を知ってる方がより深く楽しめるのは間違いないでしょう。でもエンタメに脚色してるからね。史実ツッコミやめなさいね(笑)

明らかにセット組んでやってます感、CG使ってます感も『マジック・アワー』や『ステキな金縛り』に通じて三谷監督映画らしくて好きです。空が青すぎるという批判を見受けましたが狙ってますって絶対。そう深刻にならないの(笑)

結局喜劇なんですよ、三谷映画って。その喜劇を腕組んで評論なんて私はしたくありません。そういうのは評論家様にお任せしまして一般の私たちは楽しむに越したことないんです!

いいです、映画に難ありって思っても。それは人それぞれ。
しかしこれだけは譲れませんよ。

中谷美紀最高じゃー!!

これだけは同意して頂きたい所存です。
もう一回観に行こっと。おしまい。



written by shuhei